OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

医学部に進むためには?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.149107
  • 閲覧数190
  • ありがとう数14
  • 気になる数0
  • 回答数10
  • コメント数0

お礼率 8% (6/70)

はじめまして。僕は中3の男子です。僕は将来医者になりたいのですが、偏差値64ぐらいの公立高校で国公立の大学の医学部にすすめるでしょうか?また高校に入ったらどんな勉強法を行ったらよいでしょうか?あと医者になるためにはやっぱり高校生活を犠牲にしなければいけないのでしょうか・・・・・?
通報する
  • 回答数10
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全10件)

  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 58% (151/256)

地方の人間で、受験したのもずいぶん前ですのであまりお役に立てないかもしれませんが書き込ませていただきます。 偏差値64という高校の評価法が無かったのでよくわかりませんが毎年東京大学に10人前後合格しているような学校でしたらまじめに勉強していれば国立の医学部のどこかには入れると思います。 そうでない場合自分がいかにがんばれるかにかかっているでしょう。学校が受験するわけでなく自分が受験するわけですから。し ...続きを読む
地方の人間で、受験したのもずいぶん前ですのであまりお役に立てないかもしれませんが書き込ませていただきます。
偏差値64という高校の評価法が無かったのでよくわかりませんが毎年東京大学に10人前後合格しているような学校でしたらまじめに勉強していれば国立の医学部のどこかには入れると思います。
そうでない場合自分がいかにがんばれるかにかかっているでしょう。学校が受験するわけでなく自分が受験するわけですから。しかし環境は大切です。よくことわざに鶏口となるとも牛後となるなかれなんてありますが受験に関しては全く逆だと思います。僕の経験上進学校と呼ばれる高校にいた人は浪人しようが何しようが国立の医学部くらいにはみんな入っています。
これは友達がみんなこの程度の大学や学部にいってしまうので自分も自然とそういったペースに乗っていると言うことがおおきいとおもいました。
周りにそういう人が少ない場合ペースメーカーとなる者がないので独力である程度ペースを維持していかなければ成りません。これはかなりの精神力がいります。すべてを捧げる必要など全くないですがある程度のペースで勉強を継続するのは結構きついものです。
しかし忘れて成らないのは受験の勉強より医学部で学ぶ内容や国家試験の勉強、医師になってからの勉強の方がずっと量が多く大変なのです。
医師になればわかると思いますがなんで大学受験のときにあれほど量が多くて大変だと思っていたのだろう???と受験が懐かしい気分になります。
中学3年生ならまだまだこれから幾らでものびていけます。今の気持ちを忘れないようにがんばってください。


  • 回答No.3
レベル7

ベストアンサー率 25% (3/12)

ありゃSCHOOLのコーナーでも見かけたような・・・。  >偏差値64ぐらいの公立高校で国公立の大学の医学部にすすめるでしょうか?  僕は田舎三流進学校ですが、一応国公立医学部狙ってますよ。で、僕は中学校時代の自分の偏差値なんて知りません。適当にやってたから。また、中学校時代の偏差値が高校まで保存されるとも思えません。中学校の時は校内トップクラスのエリート君やエリートちゃんが、高校に入って落ち ...続きを読む
ありゃSCHOOLのコーナーでも見かけたような・・・。

 >偏差値64ぐらいの公立高校で国公立の大学の医学部にすすめるでしょうか?

 僕は田舎三流進学校ですが、一応国公立医学部狙ってますよ。で、僕は中学校時代の自分の偏差値なんて知りません。適当にやってたから。また、中学校時代の偏差値が高校まで保存されるとも思えません。中学校の時は校内トップクラスのエリート君やエリートちゃんが、高校に入って落ち行く様をいくつも見ています。

 >高校に入ったらどんな勉強法を行ったらよいでしょうか?

 僕ははっきり言って、まともな勉強方法してないと思います。授業なんて聞いてるののほうが少ないし、定期試験の総合得点順位はクラスでブービー賞だったし、通知票の平均成績も10段階評価で5くらいです。でも、模試では学年理系順位1桁をはずしたことはないです。
 僕はどの勉強法が正しいとかってないと思います。個人個人で自分に合う勉強法があるから。授業をしっかり聞いて、板書をシコシコ写して、定期試験でいい点とって、分厚い参考書を1からやるのが自分に合うって人もいると思います。
 アドバイスするとすれば、3年になってから追いつこうとしても間に合わない教科は1年からやっておくこと。個人的には英語と数学だけだと思ってますが。あと。早く自分に合った勉強法を探すこと。
 また、理科ですが、恐らく「化学必修の物理生物で選択」という高校が多いと思います。僕は生物選択ですが、物理もかじってます。“生物か物理か”と問われれば、僕は生物をすすめます。まぁ、いろいろな人の意見を参考に。

 >あと医者になるためにはやっぱり高校生活を犠牲にしなければいけないのでしょうか・・・・・?

 さぁて・・・悲しいことを質問してくれるねぇ・・・。そんなことないよ・・・。
 僕はさっき言った通り、自分に合う勉強法を見つけたので、それを通してます。これでも府立医大や鳥取大くらいならB判定出るんですから、そこまで意識する必要もないかと思います。
 また、勉強に足を取られると、“医学部進学”以上に大事な事を失う恐れがあります。学園祭でバンドできるのは今だけ。フォークダンスで可愛いあの子の手を握れるのは今だけ。クラスの仲間と馬鹿話に花を咲かせられるのも今だけ。可愛いあの子と甘酸っぱい経験できるのも今だけ・・・。数え切れないですよ、“今だけ”って。
 医学部受験なんて、僕に言わせればいつだってできるんです。浪人したっていいんじゃないですか?今しかできないことをやらずに大学受験意識してたって、見えるモンも見えなくなります。
  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 31% (416/1338)

偏差値64なら地方の国立大学医学部は何とか大丈夫でしょう。 勉強法については、いま高校では総合理科以外の理科は2教科しか履修しないですよね。 現在の医学部では物理、化学、生物の3教科をしっかり履修していないと落ちこぼれるそうです。また、英語、数学も必要だそうです。 あなたの進学する高校にそのような理科に関するカリキュラムがあるかを確認してください。 もし無ければ、担任に相談するなり家庭教師をつけると ...続きを読む
偏差値64なら地方の国立大学医学部は何とか大丈夫でしょう。
勉強法については、いま高校では総合理科以外の理科は2教科しか履修しないですよね。
現在の医学部では物理、化学、生物の3教科をしっかり履修していないと落ちこぼれるそうです。また、英語、数学も必要だそうです。
あなたの進学する高校にそのような理科に関するカリキュラムがあるかを確認してください。 もし無ければ、担任に相談するなり家庭教師をつけるとかして補充の補習してください。高校生活においては、その偏差値を保てるならば特に犠牲にする必要は無いでしょう。とりあえず学年トップ10くらいは目指してください。
  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 20% (17/84)

参考意見 あたり前の意見になりますが、勉強量は本人の実力ですね... 目標にしている大学にもよりますが... 目標は、高い所に設定するべきですね! この辺りならと妥協すると、良くないかもしれません。 個人的に勉強しても合格できる人もいるでしょうし、私の○○は、毎日、寝ておきたら勉強してましたよ!高校生活は、犠牲にしていましたね!参加しているのは、冠婚葬祭ぐらいでした...あくまで、個人差 ...続きを読む
参考意見
あたり前の意見になりますが、勉強量は本人の実力ですね...
目標にしている大学にもよりますが...

目標は、高い所に設定するべきですね!
この辺りならと妥協すると、良くないかもしれません。

個人的に勉強しても合格できる人もいるでしょうし、私の○○は、毎日、寝ておきたら勉強してましたよ!高校生活は、犠牲にしていましたね!参加しているのは、冠婚葬祭ぐらいでした...あくまで、個人差はあると思いますが...国公立の医学部なら、それぐらいしている人は、多いみたいですよ!
もちろん、予備校にも行っていました!

がんばって下さいね!あまり、参考意見にならなくてすいません...
  • 回答No.5
レベル11

ベストアンサー率 37% (165/438)

 その高校を出ると大学進学が保証されますか?(そんなことあるわけない。)  TRICERAさん、その高校に行って1学期の通知票をもらいショックを受けるでしょう。今は恐らくクラスでもトップクラス。でも、高校でそのトップが続けられるとは限りません。きっと、そのギャップに悩むと思いますよ。  もし、勉強だけが目標だったら、きっと高校生活は灰色でしょう。  私の高校のクラスでは、部活や課外活動で活動した ...続きを読む
 その高校を出ると大学進学が保証されますか?(そんなことあるわけない。)
 TRICERAさん、その高校に行って1学期の通知票をもらいショックを受けるでしょう。今は恐らくクラスでもトップクラス。でも、高校でそのトップが続けられるとは限りません。きっと、そのギャップに悩むと思いますよ。
 もし、勉強だけが目標だったら、きっと高校生活は灰色でしょう。

 私の高校のクラスでは、部活や課外活動で活動した人ほど有名な大学に現役で合格しました。確かに、勉強一筋の人もいて、それなりに大学へは合格していましたが・・・
 もし、TRICERAさんが高校生活を犠牲にまでして医学部に行きたいという人なら、お願いだから医者にだけはならないでください。確かに医者は頭が良くなければならないですが、知識よりも人間性の方が大切です。社会性を学ぶのも高校の役割の一つです。昔から、文武両道という言葉があるように、高校時代に打ち込めるものを見つけて、色々な世界を見てもらいたいと思います。もし、それが 出来ないような人ならば、イクラ勉強が出来ても、そもそも医者(だけとは限りませんが)になる力はないと考えてもらいたいものです。

 勉強は、受験科目だけが大切な訳ではありませんが、特に英語をしっかり学んだ方が良いです。大学に行っても英語は必須というより、英語なしにはまともな研究もおぼつきません。英語の場合には、後悔しても、なかなか追いつき取り戻すことは出来ません。あと、よく言われることですが、受験科目に生物がないからといって生物の基礎がまったく出来ていない人が入学するそうですが、入学後に大変困るそうです。

 充実した高校生活を迎えられること願います。
  • 回答No.6
レベル11

ベストアンサー率 44% (151/337)

偏差値64がどの程度のものかピンとこないのですが・・・。大体#4の方がおっしゃっている通りだと思います。周囲のレベルは高いに越したことはありませんから、偏差値**などといわずに受験出来る範囲の最高レベルの高校を目指してください。(それともそれが64の高校なのかな?) 勉強法についてですが、英語、数学には近道はありません。短期間で成績を上げるのは不可能です。私も受験したのは大分昔でもう参考書も指導要領 ...続きを読む
偏差値64がどの程度のものかピンとこないのですが・・・。大体#4の方がおっしゃっている通りだと思います。周囲のレベルは高いに越したことはありませんから、偏差値**などといわずに受験出来る範囲の最高レベルの高校を目指してください。(それともそれが64の高校なのかな?)

勉強法についてですが、英語、数学には近道はありません。短期間で成績を上げるのは不可能です。私も受験したのは大分昔でもう参考書も指導要領も変わっているでしょうから具体的な参考書名は挙げませんが、英語では定評のある英文法問題集を2冊、和訳・英作文を各一冊、3年間で仕上げるようにします。大事なのは繰り返すことで、前回やった時の記憶がすぐ蘇るように、問題の部分以外にいろいろ書き込みをしておくことです。数学については上を見ればきりがありませんが、あまり難しすぎる問題をしない方がいいです。自分の頭で考えることと、程々で答えを見て解法を覚えることとのバランスが大事です。「大学への数学」や「Z会」には深入りしない方がいいです(時間を食いすぎるため)。どちらかというと数学より英語に力を入れた方がいいです。これは英語の方が運に左右されず確実な得点源になることと、大学入学後や医者になってから、英語力が本当に必要なことと両方です。理科については私は物理・化学で受けましたが、このごろは生物重視の風潮なので、生物必修の大学もあるかもしれません。生物についてはわかりませんが、前2者については定評ある問題集を各一冊。それ以上は時間的に難しいと思います。

生活面についてですが、いくら時間があっても、ものすごい長時間の勉強というのは実質上不可能です。私は高一で運動部を辞めてしまったのですが、これはあとから考えれば失敗でした。暇な時間が増えた分生活がだれてしまい、勉強の効率が落ちました(机に向かっていても気が散るんですよね)。ですから部活は出来る限り続けた方がいいと思います。志望は浪人覚悟で旧帝大を受けるか、現役重視で易しいところを受けるかは難しいところです。依然として学閥は強いですが、何浪もしていいところを狙うのはお勧めしません。浪人生活に疲れてしまって入学後の勉強に身が入りません。どこを受けるにしても高1・2の間は学力をつけるしかないです。

医者の将来は先行き不透明ですが、はっきりした目的意識を持って入ってこられるぶんには大丈夫でしょう。頑張ってください。
  • 回答No.9
レベル5

ベストアンサー率 0% (0/3)

うちの高校にも医学部目指してる人結構いるけど、みんな普通に部活に燃えたり遊びにいったりしてるよ。 あと、国立の医学部の推薦受ける人とかも存在。(これで受かっちゃえば楽よね)
うちの高校にも医学部目指してる人結構いるけど、みんな普通に部活に燃えたり遊びにいったりしてるよ。
あと、国立の医学部の推薦受ける人とかも存在。(これで受かっちゃえば楽よね)
  • 回答No.8
レベル11

ベストアンサー率 32% (84/255)

昔に比べればずいぶん医学部も易しくなりました。 若い医者が赴任してきて、英語の論文を読ませても、単語力も弱いです。 だいたいこどもの数が減ってきてますから門は少し広めかな。 それで、医者をめざすのは悪くありませんが、もうちょっとじっくりと取り組んでからにしませんか。 私は医者になっても、大工仕事も農作業もすることがあります。昔は運動も一生懸命でした。県大会で優勝してテニスの全国大会も行きました。高 ...続きを読む
昔に比べればずいぶん医学部も易しくなりました。
若い医者が赴任してきて、英語の論文を読ませても、単語力も弱いです。
だいたいこどもの数が減ってきてますから門は少し広めかな。
それで、医者をめざすのは悪くありませんが、もうちょっとじっくりと取り組んでからにしませんか。
私は医者になっても、大工仕事も農作業もすることがあります。昔は運動も一生懸命でした。県大会で優勝してテニスの全国大会も行きました。高校生活を犠牲にしてまで医者になってもあまり歓迎できませんね。
いろいろなことを経験して、心豊かな人間になって、そして良いお医者さんになっていただけると、うれしいです。
  • 回答No.7

いや…犠牲にしなくても(笑) 部活を掛け持ちし、一年生の前期から生徒会活動にはまっていても受かる時は受かりますし、受からなければ浪人すればいいわけですから。 高校時代は一回しかないですが、大学時代は物理的に複数回可能ですしね(中には社会人やってから来る人もいますしね)。高校生活は大切にしましょう。 医学部養成コースなんてのはないですよ(笑)。家庭教師をしていたとき(大学時代)よく聞かれましたが勉 ...続きを読む
いや…犠牲にしなくても(笑)

部活を掛け持ちし、一年生の前期から生徒会活動にはまっていても受かる時は受かりますし、受からなければ浪人すればいいわけですから。
高校時代は一回しかないですが、大学時代は物理的に複数回可能ですしね(中には社会人やってから来る人もいますしね)。高校生活は大切にしましょう。
医学部養成コースなんてのはないですよ(笑)。家庭教師をしていたとき(大学時代)よく聞かれましたが勉強法はどこを受けるのでも同じです。知っていて損な科目は存在しません。倫理ですら(「…すら」と言ってしまっていいんだろうか?)社会に出たらきっと役にたつでしょう。文系だろうが理系だろうがね…小手先で考えず、ごく普通に自分の能力にあわせて、能力が足りなければ努力で、それできっとなんとかなります。それでもダメならさっきも言いましたが『浪人』があります。

ところで、今(中3)から将来決めちゃっていいん?
医学部は「職業訓練校」みたいなものだから(私の持論)入ったらなかなか後戻りできないからね。
私は目いっぱい高校を楽しみました。針路を決めたのは高3の冬(センター後)です。そこまで引きずれとは言いませんがもう少しゆっくりと考えてもいいんじゃないですか?
  • 回答No.10
レベル6

ベストアンサー率 80% (4/5)

偏差値64ぐらいの公立高校でも国公立大学医学部への進学は可能ですよ。 国公立大学の医学部も色々沢山ありますので、 国公立大学医学部の偏差値表を参考にしてみて下さい。 http://igakubu.manaboyo.com/value/value1/ 国公立大学医学部受験を希望する場合は、私立大学に比べてどれだけ高得点をとれるかがポイントになってきますので、もし偏差値64の高校に合格し、学校の授 ...続きを読む
偏差値64ぐらいの公立高校でも国公立大学医学部への進学は可能ですよ。
国公立大学の医学部も色々沢山ありますので、
国公立大学医学部の偏差値表を参考にしてみて下さい。
http://igakubu.manaboyo.com/value/value1/

国公立大学医学部受験を希望する場合は、私立大学に比べてどれだけ高得点をとれるかがポイントになってきますので、もし偏差値64の高校に合格し、学校の授業にしっかりついていけるようであれば、予備校に通い、国公立大学でも上位大学の医学部受験を目指してもよいかと思います。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ