-PR-
解決
済み

インサイダー取引を助長するCM?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.14843
  • 閲覧数39
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 59% (51/86)

最近みたMicrosoftのCMで、
アラブの石油王(?)とビジネスマンとの
提携話を聞いていたウェイトレスが、
モバイルPCでオンライン証券にアクセスして
その場でその会社の株を買っている
というのがあるのですが、
この行為って、インサイダー取引に引っかからないのですか?

CMでは、公表前の情報なのか、公表後の情報なのかは分からないのですが

一般に公開前の情報に基づいて株を売買した場合に
取引の当事者、関係者ではない第三者であっても
インサイダーになるのでしょうか。
教えてください。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

問題は、これらの人が証券取引法上の「情報受領者」になるかどうかですが、その立法趣旨は、上場株式の発行者である会社の役員やその会社と関係を有する者が、その職務などに関わって、会社の業務などに関する重要事実を知った場合に、その重要事実の公表以前に当該会社の上場株式を売買することを禁止し、もって証券取引市場の公正性及び健全性に対する一般投資家の信頼を確保することと言われているので、刑事罰が課せられることから、罪刑法定主義が適用されるため、否定的に解せざるを得ないと思います。
 したがって、道義上は問題があっても、伝達という行為を介せずに単に偶発的に情報を手に入れたまったくの第三者であれば、あたらないと思います。当然、反対意見はあろうかと思います。
 参考
http://www.lex.ritsumei.ac.jp/96-3/kin.htm
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 46% (65/141)

私もインサイダー取引の対象にはならないと思います。 彼女が情報を得た場所は、自身の職場ですが公の場所と思っても言いと思います。 電車の中での他人の話題,銭湯、などと同じ考え方になると思います。 又、この提携が買い情報か,売り情報かは、判断が分かれます。 必ずしも彼女が利益を得ることが出来る情報なのか、情報の真実性と共に曖昧にしてあることが、スポンサーの狙いでしょう。 情報の信憑性も確 ...続きを読む
私もインサイダー取引の対象にはならないと思います。

彼女が情報を得た場所は、自身の職場ですが公の場所と思っても言いと思います。
電車の中での他人の話題,銭湯、などと同じ考え方になると思います。
又、この提携が買い情報か,売り情報かは、判断が分かれます。

必ずしも彼女が利益を得ることが出来る情報なのか、情報の真実性と共に曖昧にしてあることが、スポンサーの狙いでしょう。

情報の信憑性も確かめずに手を出せば「大火傷しますよと」言ってるようにも取れませんか?


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ