OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

「ええーハンコがないとダメなんですよ~」by郵便局のお姉さん

  • 困ってます
  • 質問No.146321
  • 閲覧数1651
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数9
  • コメント数0

お礼率 42% (104/246)

別に郵便局、郵政の批判ではありません。
不在者通知が届いた場合、私は直接、窓口へと伺います。
そのとき必要なのははがきと身分証名と印鑑。

東洋の文化として印鑑は評価していますから印鑑自体には
文句もありません。また、どーして、サインじゃだめだと
言い張る窓口の係員も、まあ、立場上しょうがないかなと思います。

そこで質問です。日本には留学などで日本で生活をしている
外国人がたくさんいます。彼らのよほどの親日家でもない限り
印鑑など所持していません。そんな外国人に対しては郵便局は
どう対応するんでしょうか?

外国人はサインでいいけど日本人は印鑑じゃないとダメっていうのも
極端に言ってしまえば人種差別と思います。

郵便局に限らず公共のものは印鑑が必要ですよね。そういった経験の
ある方是非教えて下さい。
通報する
  • 回答数9
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 私は、日本に住む外国人の、身の回りのお世話をしたことがあります。彼らは、生活するに当たって、日本人同様に銀行口座も開設しますし、日本では必要だからと「印鑑」も「カタカナ」や「当て字」で作りました。特に、親日家でなくとも、自分が生活をするために、必要に迫られて「印鑑」を持っていますし、印鑑登録をした外国人もいます。

 郵便局の書留郵便など、受領印が必要な場合は、印鑑の所持を確認してもっていなければ、サインでもいいです と対応していました。私も、印鑑でなくてもサインでOKの経験がありますよ。その局で、対応が違うのでしょうか?
-PR-
-PR-

その他の回答 (全8件)

  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 48% (2274/4691)

 御質問に対する回答ではないのですが、私の体験したことです。 不在者票で「ええーハンコがないとダメなんですよ~」と言われたようですが よっぽど杓子定規な考え方のおねえさんだったか もしくはnoribou11さんがあやしげだったのか(失礼) 印鑑がないと言えば、「じゃ拇印でいいです」と言われると思います。  身分証明書を持っていなくても渡してくれたことさえあります。 保険証を自転車のかごに入 ...続きを読む
 御質問に対する回答ではないのですが、私の体験したことです。
不在者票で「ええーハンコがないとダメなんですよ~」と言われたようですが
よっぽど杓子定規な考え方のおねえさんだったか
もしくはnoribou11さんがあやしげだったのか(失礼)
印鑑がないと言えば、「じゃ拇印でいいです」と言われると思います。

 身分証明書を持っていなくても渡してくれたことさえあります。
保険証を自転車のかごに入れて郵便局に向かう途中落としたらしく(かばんに入れてあったんですが)
窓口で見当たらず真っ青になり、
どうしても今夜中に受け取らなきゃいけないんです!と訴えましたら
バイトらしき女の子はあっさり渡してくれました。いいのか、これで。。。。
保険証は親切な人に拾われて交番に届いていました。
これは本局での経験ですので、ある程度は許容されているんじゃないでしょうか。
特定局に至っては、顔なじみになったら顔パス状態です。
この前、間違って他人の印鑑を持っていってしまったのですが
何も言わずに渡してくれました。いいのか、これで。。。。

 ハンコ持っていればオールマイティだというふうに考えれば
日本も住みやすいのかな、って感じですね。
  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 33% (159/476)

 基本的にはサインです。ただし貯金などの場合はハンコを作る必要があるでしょうね。  なお、郵便物の受け取り程度なら、今は日本人でもフルネームのサインでも大丈夫です。 ...続きを読む
 基本的にはサインです。ただし貯金などの場合はハンコを作る必要があるでしょうね。

 なお、郵便物の受け取り程度なら、今は日本人でもフルネームのサインでも大丈夫です。
お礼コメント
noribou11

お礼率 42% (104/246)

なんですと!?
私のときはダメだったのに・・・。
窓口によって対応が違うなんて、郵政事業庁が民間だったら
ヤバいですね、これは。
回答ありがとうございます。
投稿日時 - 2001-10-05 16:31:05
  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 29% (842/2899)

以前何かの番組で同様の質問があって、商社マンの方はカタカナで はんこ作ってましたよ。 まあ、その人は幹部クラスの人で、契約などにいるからやむおえず、 といった感じでしたが。 こういうふうにしている方もいらっしゃるみたいですよ。 ...続きを読む
以前何かの番組で同様の質問があって、商社マンの方はカタカナで
はんこ作ってましたよ。
まあ、その人は幹部クラスの人で、契約などにいるからやむおえず、
といった感じでしたが。
こういうふうにしている方もいらっしゃるみたいですよ。
補足コメント
noribou11

お礼率 42% (104/246)

早速の回答ありがとうございます。
質問に不備があったようで、誤解があったかもしれません。
質問は印鑑を所持していない外国人が窓口に来たとき、
郵便局の対応はどうなんでしょうか?というものです。
投稿日時 - 2001-10-05 16:18:37
  • 回答No.5
レベル12

ベストアンサー率 25% (134/534)

郵便サービス案内センター 0120-232886 (詳細は参考URL) 上記へ問合せしてください。 もしも印鑑でなくともサインで受領できるという回答が得られましたら断固抗議してください。 印鑑が無い為に受領できないと言われ、家に戻る時間、再度郵便局へ行く時間とういう大切な時間のロスを郵便局の不手際で強いられた事になります。 その損害に対しどう考えているのか?何故そのような自体が発生したか? ...続きを読む
郵便サービス案内センター 0120-232886 (詳細は参考URL)

上記へ問合せしてください。
もしも印鑑でなくともサインで受領できるという回答が得られましたら断固抗議してください。

印鑑が無い為に受領できないと言われ、家に戻る時間、再度郵便局へ行く時間とういう大切な時間のロスを郵便局の不手際で強いられた事になります。
その損害に対しどう考えているのか?何故そのような自体が発生したか?
明確な回答を求めてください。

もしも印鑑が必要であると言う回答が出たならば、何故郵便局間で違いがあるのか? 法に基づき運営している国家公務員の業務に格差が有って良いのか?
それも徹底的に抗議しましょう。

できることならばこれらの回答が得られるまで締め切らないでいただきたいのが本音です。

経験談で言えば、郵便局の郵便物受領はサインでOK。 あと、住民票の写し交付も本人の場合サインでOK

>東洋の文化として印鑑
明治の時代になって全国民に姓ができ、名前を手書きする必要ができました。
しかしそれまで農民だった人とかは文字を書く事ができず、印鑑をサインの代用にしてもかまわないとなったそうな・・・
しかし、印鑑を使う人が余りにも多いがため、全員一律印鑑を使うようにさせたとか・・・
文盲の証し印鑑。東洋の文化は文盲でしたか・・・情けない国民だ・・・

つまり人種差別ではなく、我々は文盲であった国民だってことを宣伝したいのでしょう・・・

話それますが ○○条約に調印って言うけど・・・
印鑑なんか無いだろ!!署名だろ!^^;
  • 回答No.6
レベル13

ベストアンサー率 23% (256/1092)

不在の荷物を取りにいった時、身分を証明するものはありますか、と言われ、ないと答えたら、誰から来たものだかわかりますか?、と、さっきまで通知の伝票を持っていた僕に抜き打ちテストをしました。それで渡してくれたんですけど。 ある時、郵便局にいたら、同じような境遇の人がいて、その人には「じゃあ、時間を指定していただければ、こちらから送りますけど」と言っていました。 ですから、意外にフレキシブルなんじゃ ...続きを読む
不在の荷物を取りにいった時、身分を証明するものはありますか、と言われ、ないと答えたら、誰から来たものだかわかりますか?、と、さっきまで通知の伝票を持っていた僕に抜き打ちテストをしました。それで渡してくれたんですけど。

ある時、郵便局にいたら、同じような境遇の人がいて、その人には「じゃあ、時間を指定していただければ、こちらから送りますけど」と言っていました。

ですから、意外にフレキシブルなんじゃないかな、と。
  • 回答No.8
レベル13

ベストアンサー率 64% (743/1156)

元郵政職員です。 サインで全く差し支えありませんが,フルネームでの署名が必要です. それは国籍を問わず,同様です. 配達時,窓口交付時、いずれの場合もです. また、必要に応じて抜き打ちテストみたいなものを行ない,本人確認としています。また、証明書の種類と証明書番号を控え、記録しています。
元郵政職員です。

サインで全く差し支えありませんが,フルネームでの署名が必要です.
それは国籍を問わず,同様です.
配達時,窓口交付時、いずれの場合もです.

また、必要に応じて抜き打ちテストみたいなものを行ない,本人確認としています。また、証明書の種類と証明書番号を控え、記録しています。
  • 回答No.7
レベル9

ベストアンサー率 35% (21/60)

証明書があればハンコが無くてもサインで大丈夫です。両方無くて顔もわからないようだと、ごめんなさいですが・・。 外国人に関しては自国の通例としてハンコを持たないというのであれば、サインでかまいません。通帳も作れます。通常印鑑を押すところにサインをしてもらうわけです。もちろん外国人登録証などできっちり確認しますよ。 あ、それからいろいろな取扱について局ごとに対応が違うというのは局状によりますからね・・。客 ...続きを読む
証明書があればハンコが無くてもサインで大丈夫です。両方無くて顔もわからないようだと、ごめんなさいですが・・。
外国人に関しては自国の通例としてハンコを持たないというのであれば、サインでかまいません。通帳も作れます。通常印鑑を押すところにサインをしてもらうわけです。もちろん外国人登録証などできっちり確認しますよ。
あ、それからいろいろな取扱について局ごとに対応が違うというのは局状によりますからね・・。客層とか・・。
100パーセント規則通りに取り扱ってたら、お客さんこなくなると思います。これだけは譲れないというのはありますができるだけお客様の意向に添った形にしてるつもりなんですけどね・・・。「これでは取り扱えない」というときはなぜだめなのか説明しますし、自分ではだめだと思ったら、上司にお願いして上手く説明してもらうようにします。その後ミーティングなどでその対応はどうだったか、これからどうしていくかなど局全体の意向を決めるようにしてます。
こんな回答で納得していただけますでしょうか??
  • 回答No.9
レベル8

ベストアンサー率 22% (5/22)

少し前までは、不在通知と証明書類があれば、サインだけでも書留郵便物は受け取れたと思うのですが、 というのも、この前聞いた話ですが、現金書留、それとカードが入ってると思われる書留郵便物の受け取りは、原則として本人であっても、証明書類、フルネームでのサイン、印鑑が必要ということになったようなんです。 ただ、免許証のように顔写真がのってるものでしたら、印鑑、またはサインのみでもいいみたいなんです。 もちろ ...続きを読む
少し前までは、不在通知と証明書類があれば、サインだけでも書留郵便物は受け取れたと思うのですが、
というのも、この前聞いた話ですが、現金書留、それとカードが入ってると思われる書留郵便物の受け取りは、原則として本人であっても、証明書類、フルネームでのサイン、印鑑が必要ということになったようなんです。
ただ、免許証のように顔写真がのってるものでしたら、印鑑、またはサインのみでもいいみたいなんです。
もちろん、印鑑を押す習慣のない外国人にはサインのみでいいようです。

なんで、こんなに厳しくなってしまったかというと、
不在通知をもって、保険証などの顔写真の載っていない証明書類をもって本人をいつわり、
現金書留やカードを詐取されてしまう事例が頻繁におこるような
世の中になってしまったかららしいのです。

自分の書留郵便物を自分を装った他人に取られたら
真っ先に責任の所在を郵便局に求めるでしょう?
郵便局としても、正規取り扱いがいくら正しいからと言って
証明書を提示してもらうというプライバシーにかかわる業務
をおこなってるのですから、
お客様のことを考えた正規取り扱いをしていただけたらいいなと思います。

はいはいと書留郵便物を渡すような
郵便局はかえって、正規取り扱いをしていないことになるので、
注意してあげるといいとおもいます。
お礼コメント
noribou11

お礼率 42% (104/246)

皆様、回答ありがとうございました。
どうやら、身分が証明できればサインでも可ということですね。
顔写真のある証明書ならともかく保健書あたりだと詐欺をはたらく
ものもいるでしょうから、中途半端はやめていただきたいですね。
投稿日時 - 2001-10-16 15:53:48
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ