OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

炭化水素の燃焼

  • すぐに回答を!
  • 質問No.145943
  • 閲覧数794
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 50% (1/2)

炭素の数に対して,水素の数の少ない炭化水素(C6H6など)は燃焼の際に、すす黒い煙が出るといいますが、どうしてすすは発生するのでしょう。また水素数(C3H8など)か多いものでは、どうしてすすが発生しないのでしょうか?
教えてください。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 39% (17/43)

 燃焼時の反応というのは、非常に複雑で、酸素ラジカルなどのラジカルが主役です。ラジカルが炭化水素をアタックすると、一般的には水素が引き抜かれ、炭化水素はラジカルとなります。この時、炭素がラジカルを持つことになります。このラジカルは、分子内の水素をラジカルとして放出するか、酸素ラジカルと結合するかして、反応が進行していきます(本当は、もっと色々な反応が起きているのですけどね)。ところがベンゼンのような芳香環 ...続きを読む
 燃焼時の反応というのは、非常に複雑で、酸素ラジカルなどのラジカルが主役です。ラジカルが炭化水素をアタックすると、一般的には水素が引き抜かれ、炭化水素はラジカルとなります。この時、炭素がラジカルを持つことになります。このラジカルは、分子内の水素をラジカルとして放出するか、酸素ラジカルと結合するかして、反応が進行していきます(本当は、もっと色々な反応が起きているのですけどね)。ところがベンゼンのような芳香環が生成すると、共役によりラジカルが比較的安定になるため、他の炭化水素をアタックして、重合する反応が進行します。このため、芳香環が平面状にどんどん成長していきます。こうなるとラジカルが非常に安定となるため、さらに芳香環の成長が進行していき、ほとんどが炭素である「すす」が発生するようになります。
 結局、この芳香環の生成しやすさが「すす」の発生しやすさの目安になるわけです。となると、水素数の多いプロパンは、水素をたくさん引き抜かなかれば、芳香環が発生せず、すすが発生しにくいことになります。
お礼コメント
tomonaga

お礼率 50% (1/2)

大変助かりました。本当にありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。
投稿日時 - 2001-10-05 00:17:34

  • 回答No.2
レベル4

ベストアンサー率 0% (0/0)

そのことに関してはろうそくをヒントに調べてみてはいかがでしょうか?ろうそくなら、小学生にでもわかるような説明もあります。
そのことに関してはろうそくをヒントに調べてみてはいかがでしょうか?ろうそくなら、小学生にでもわかるような説明もあります。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ