OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

pKaの変化について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.144557
  • 閲覧数620
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 28% (16/56)

緩衝能とpKaについておたずねします。
こはく酸ナトリウムのpKaは4.5くらいなのですがNiの入った液中では
ニッケルの濃度に応じてpKaが変化します。ニッケル濃度が増加するほどこはく酸
のpKaは下がっていきます。これは、どのような理由からであり、またどういった
理論でこうなるのでしょうか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 50% (1133/2260)

 pKa はどうやって測定されていますか。pKa の測定法によっては次の様な事も考えられます。

 ご存知のように,Ka = [コハク酸アニオン][H+]/[コハク酸] です。ここで,コハク酸が Ni と錯体を形成していくと,[コハク酸] が小さくなります。その結果,Ka は大きくなり,pKa は小さくなります。いかがでしょうか。

 ところで,本当に pKa でよろしいのでしょうか?pH ではないですね?
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 34% (88/257)

こはく酸とニッケルイオンが錯形成しているためでしょう。 酸塩基の定義の一つにルイスの定義があります。錯体の酸塩基には この定義が一番考えやすいと思います。 酸 :電子対受容体 塩基:電子対供与体 という定義です。さて、こはく酸のカルボキシル基に注目します。 この酸素は水素がついた状態でも非共有電子対が残っていますので この電子を使ってニッケルイオンと配位結合を生じます。 つ ...続きを読む
こはく酸とニッケルイオンが錯形成しているためでしょう。

酸塩基の定義の一つにルイスの定義があります。錯体の酸塩基には
この定義が一番考えやすいと思います。

酸 :電子対受容体
塩基:電子対供与体

という定義です。さて、こはく酸のカルボキシル基に注目します。
この酸素は水素がついた状態でも非共有電子対が残っていますので
この電子を使ってニッケルイオンと配位結合を生じます。

つまり、カルボキシル基中の酸素は塩基として働きます。
こうなるとフリーのこはく酸に比べてカルボキシル基中の酸素-水素
の結合は切れやすくなります。つまり酸性度が上がるわけです。


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ