OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

再婚って、、。

  • 暇なときにでも
  • 質問No.144319
  • 閲覧数43
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 95% (142/148)

子供が二人いて男の子で、彼氏がいて、 
3年つきあって、再婚しようかどうか考えてますが 
そんなときに、ぶつかる問題はどのような事でしょうか?経験者または見てきた方いらっしゃいましたら 
こんなことも、、でいいのでおしえてください。 
父親とは会ってます。彼氏とも会ってます。 
私の彼氏と認識?してます。 
親権は父親です。たぶん彼のことは知らないと思います。養育費はここのところもらってません。 
離婚して二年くらいはきちんと払ってました。 
彼氏に生活援助はしてもらってません。 
と、このような状態ですが、よろしくどうぞ
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 28% (16/57)

後は、あなたしだいなのでは? ただ、子供が実夫に会いたい、または暮らしたい、といった時は、そうさせて下さい。 それさえ守れば、あなたの気持ちの思うままでいいのです。 ...続きを読む
後は、あなたしだいなのでは?
ただ、子供が実夫に会いたい、または暮らしたい、といった時は、そうさせて下さい。
それさえ守れば、あなたの気持ちの思うままでいいのです。
お礼コメント
8-4

お礼率 95% (142/148)

その『あなた』が一番の大問題のような気がします。 
ものごとをむずかしくしてるのも『あなた』だとおもいます。  
回答どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-10-03 14:56:23


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 26% (975/3649)

同じケースの友人がぶつかっているのが、再婚相手との子供が産まれた後のことですね。 再婚相手は、自分の連れ後にもとても良くしてくれたし、仲も良かったようなのですが、いざ、実際に自分の血を引いた子供が出来ると、訳隔てなく接しようとするけど(既にその努力が強いられているところが問題)微妙に差がでてきているとか。 友人にしてみればどちらも我が子なのですが・・・やはり心情的にそう言うことが起こりやすのは ...続きを読む
同じケースの友人がぶつかっているのが、再婚相手との子供が産まれた後のことですね。

再婚相手は、自分の連れ後にもとても良くしてくれたし、仲も良かったようなのですが、いざ、実際に自分の血を引いた子供が出来ると、訳隔てなく接しようとするけど(既にその努力が強いられているところが問題)微妙に差がでてきているとか。

友人にしてみればどちらも我が子なのですが・・・やはり心情的にそう言うことが起こりやすのは仕方ないかと思います。

そこをあなたが理解して、上手にやっていかないと、かわいそうなのは子供ですからね。その辺、彼とよくよく、話し合えるような関係であれば問題ないと思いますが・・・。がんばってください。
お礼コメント
8-4

お礼率 95% (142/148)

私にとっては子供だし、子供達にとっても兄弟だし 
彼にとっても子供だし、なのになぜ丸くいかないのでしょうね。ほんと、そうなったときどうなるか、、。 
今のところは信頼してますが。 
解答どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-10-03 14:52:45
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 29% (28/95)

はじめまして。一般人とさせて頂きましたが、子持ちの離婚経験者です。。。 私には、現在彼氏はいませんが、もし自分が再婚する機会が 訪れたら・・・と想定してまず、一番に考えるのが彼氏が、子供に対して どのくらい理解があるのかということでしょうね。 再婚するのは、当人同士でも子供がいる以上、夫となる人にも 子供に対しての責任が生じてきますよね? 8-4さんの彼は、どのように考えていらっしゃるので ...続きを読む
はじめまして。一般人とさせて頂きましたが、子持ちの離婚経験者です。。。
私には、現在彼氏はいませんが、もし自分が再婚する機会が
訪れたら・・・と想定してまず、一番に考えるのが彼氏が、子供に対して
どのくらい理解があるのかということでしょうね。

再婚するのは、当人同士でも子供がいる以上、夫となる人にも
子供に対しての責任が生じてきますよね?
8-4さんの彼は、どのように考えていらっしゃるのでしょうか?
よく話し合われた方がいいと思います。

それから、ひとつ気になったのですが、
現在、お子さんと一緒に生活なさっているのは、8-4さんなんですよね?
親権は父親の方にあるということは、お子さんの戸籍は前のご主人とのものになっていると思うのですが・・・。
再婚すると、8-4さんとご主人になられる方は、同じ戸籍になりますが、
お子さんが入る事は出来ないのでは???確かではないですが、そうなるのでは
ないかと思います。
再婚後に、夫の姓を名乗る場合、お子さんだけ元の姓をそのまま名乗る事に
なってしまうのではないでしょうか?

お子さんがまだ小さいのであれば、これから先のことを考えて
出来れば親権を母親のものにしておいた方がいいと思いますよ。

それから、私の友人にも子連れで再婚した人や、
子連れの方と結婚した人もいます。
どちらも、やはり子供との関係が一番難しいようです。
相手に子供がいるのを理解していても、実際生活するとなると、
やはり子供中心の生活なりがちですし、それが原因で喧嘩になることも
多いようです。普通の家庭でも、そのような事で夫婦がもめる事が多いですよね?
それが、再婚相手となれば尚更だと思います。

どうか、お子さんにとっても、8-4さんにとっても幸せな選択をして下さい。
失礼します。
お礼コメント
8-4

お礼率 95% (142/148)

ご解答、ありがとうございます。 
再婚するとしたら起こる問題として、当然親権のこともどうするかが問題でした。再婚するから親権を返して!というのもひっかかり、また相手が応じてくれるかどうかも疑問です。(うまい話し合いができれば離婚しなかったでしょうね)考えてると憂鬱になってきますが、明るい未来のため、どんな結果になっても 
後悔のないようにがんばります。
投稿日時 - 2001-10-03 14:44:48
  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 29% (28/95)

昨夜も投稿させていただいたiwadonnです。 お礼の投稿をありがとうございました。 ちょっと、キツイ意見になってしまうのですが、 再婚を望んでいらっしゃるのであれば、やはり、 お子さんの親権の問題をまず解決させるのが先だと思います。 一番悩んでいらっしゃる点かと思いますが、 今のままでは、再婚相手の方にも迷惑がかかってしまうのではないでしょうか? 親権を望んでいらっしゃるんですよね ...続きを読む
昨夜も投稿させていただいたiwadonnです。
お礼の投稿をありがとうございました。

ちょっと、キツイ意見になってしまうのですが、
再婚を望んでいらっしゃるのであれば、やはり、
お子さんの親権の問題をまず解決させるのが先だと思います。
一番悩んでいらっしゃる点かと思いますが、
今のままでは、再婚相手の方にも迷惑がかかってしまうのではないでしょうか?

親権を望んでいらっしゃるんですよね?
ずるい手かもしれませんが、前のご主人には再婚のことはまだ知らせない方が
いいかもしれません。意地で渡さないということになりかねませんから。
養育費の支払いを怠っていることを理由に、親権を渡してほしいと伝えてみては
どうでしょうか?
話し合いで円満に解決出来ない場合には、やはり調停の申し立てをするほか
ないと思います。
どんな理由であれ、実際にお子さんを養育しているのは8-4さんですし、
誰からの援助も受けずにお子さんとの生活が出来ているのであれば、
認められる可能性も高いと思います。

まず、どのような形をとることがお子さんにとっての幸せなのか、
8-4さんご自身の幸せとは何なのか、よくお考えになってみてください。
生意気な事を言ってすいません。

>明るい未来のため、どんな結果になっても後悔のないように頑張ります。

そう、母は強しです!!明るい未来のために、頑張って下さい。
お礼コメント
8-4

お礼率 95% (142/148)

度々ありがとうございます。親権も含め、父親方の愛着が強いのもどうのりこえていこうかというところです。離婚当初はこういう状況は考えてなかったので 
今までどうり子供達もあわせてたのでじじばばがどうでてくるか、、。けっこう無茶苦茶なとこがあるんで。いけないいけない愚痴ってしまいました。 
親権のこと、よくなる方法を見つけたいと思います。
投稿日時 - 2001-10-05 12:40:23
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
結婚について悩んでいる人にあなたの体験を伝えてみませんか?
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ