OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

酸化還元適定(逆適定)の場合の計算方法

  • すぐに回答を!
  • 質問No.144118
  • 閲覧数264
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 93% (15/16)

5[Bi5+]solid + 2(Mn)2+ + 8(H2O)→2(MnO4)- +5(Bi)3+ + 16(H)+
という反応後
(MnO4)- + 8H+ +5Fe2+ → Mn2+ + 5Fe3+ + 4H2O
という反応をさせて残った鉄をまた逆適定をしてBi5+の量を計算する。

なんですけど、よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 44% (89/202)

通常の滴定操作での終点で成り立つ式
NV=N’V’(=酸化剤及び還元剤のグラム当量「以下単に量と表記します」)
N,N’:溶液の規定度
V,V’:加えた容積
は、御存知とは思いますが、逆滴定においてはちょっと応用して
ΣNV=ΣN’V’
となるだけです。後は、どの試薬が酸化剤及び還元剤かを考えればいいわけです。
よって、御質問の場合は、
(最初に存在したBi5+の量)+(残存したFe2+の滴定に要した酸化剤の量)=(過剰に加えたFe2+の量)
(注意点)
1.ここで「量」と表記したものはすべてグラム当量であり、目的のBi5+のmol数あるいはグラム数を得るためには、換算が必要です。
2.Mn2+に関しては一旦MnO4-に酸化されていますが、最終的にMn2+に還元される為、考える必要はありません。(おそらく、ここで混乱されたものと思います。)
お礼コメント
happtomo

お礼率 93% (15/16)

解りやすい解答ありがとうございました。
最初に解いたとき、モル濃度で計算したため、解答に自信がありませんでした。
でも、規定度をもちいた計算でおこなうと、すぐに簡単にでてきました。
本当に有難うございました。
投稿日時 - 2001-10-02 16:35:42
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 50% (1133/2260)

 何をお知りになりたいのかよく分かりませんので,考え方だけアドバイス致します。  「逆滴定」の結果から,残った鉄の量がわかりますので,加えた鉄の量から引けば反応した鉄の量が求まります。  この鉄の量から,MnO4- と Fe2+ との反応の量的関係を考えると MnO4- の量がわかります。  最後に,Bi5+ と Mn2+ が反応して MnO4- と Bi3+ ができる反応の量的関係から ...続きを読む
 何をお知りになりたいのかよく分かりませんので,考え方だけアドバイス致します。

 「逆滴定」の結果から,残った鉄の量がわかりますので,加えた鉄の量から引けば反応した鉄の量が求まります。

 この鉄の量から,MnO4- と Fe2+ との反応の量的関係を考えると MnO4- の量がわかります。

 最後に,Bi5+ と Mn2+ が反応して MnO4- と Bi3+ ができる反応の量的関係から Bi5+ 量が求まります。

 いかがでしょうか。詳しくは「分析化学」の教科書をご覧下さい。
お礼コメント
happtomo

お礼率 93% (15/16)

有難うございました。
なんとか解決しそうです。
投稿日時 - 2001-10-02 16:37:33

このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ