-PR-
解決
済み

アスベスト(石わた)の建材について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.14406
  • 閲覧数363
  • ありがとう数138
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 100% (2/2)

20年程前、自宅を増築しています。
その当時、私は小学生で、発ガン性物質のアスベスト(石わた)を、学校の天井にも使われてて問題になっていた記憶があります。
今になって、自宅のてんじょうにも使われているのではないかと不安になってきました。
アスベスト(石わた)といえば、理科でアルコールランプを用いた実験で使った「石わた金網」を思い出します。
あれの白い部分と同じ様な材質のものが、自宅のてんじょうに張り付けてあります。
これがアスベストなのかどうなのか確認する方法を、誰か知りませんか?
アスベストって、どれほどの発ガンの危険性を持つ物なのか分かりません。そんなに危険なのでしょうか?

知っておられる方、教えて下さいお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 27% (194/717)

アスベストについてですが、学校や、公共施設などに使われている場合、通常、用途としては、耐火性能を確保するために、使われていました。
これは、まず、木造家屋に使用されているケースは
ほとんどありません。
ただ、鉄骨で作られている住宅や、マンションなどは
スラブ(床やヤネ部分)が、鋼板でしかれて、コンクリートが、うたれている場合、鋼板の耐火性能のため
アスベストが、吹き付けられている居ます。
鉄骨建てで、梁や柱をアスベストを吹き付けています。
これは、古い建物のものは、顕微鏡で見ると
アスベストの先が、尖っていて、吸い込むと肺につきささり、抜けないといったことになるのです。
最近のアスベストは、先が丸くなっていて、突き刺さりにくく、なっています。しかし使用しなくていいものであれば、つかわないに、越した事はありません。

>白い部分とおなじようなといっても、同じかどうかもわかりません、天井のどの部分につかわれているのでしょうか?

ただ、一般住宅や事務所の天井に貼り付けてあるものは
ロックウール系の防音材が、あります。表面が白色に塗装してあります。
これは、まず、問題はないのですが

基本的には、メーカーに聞いていただくか
わから無い場合は、都道府県の工業試験場などに、剥ぎ取ったものを、持ち込まれなければ、はっきりと和から名と思います。

天井の防音のほかに、
住宅の天井裏や、外部に面する屋根裏、壁には、グラスウールなどが、薄紙や、アルミに、包まれて、黄色っぽい、ガラスの綿が、貼り付けられています。

これも、問題ないとはされていますが、直接触っていると
痒い感じがして、あまり吸い込むのは、お薦めできません。

これらは、発ガンするというより
ハイに刺さると、喘息になったりするのです
アスベストを扱う職人さんは、胸の病気にさいなまれている方も多く居ます。

アスベストの製造業のニチアス社のホームページを
参考に、御覧ください。
お礼コメント
monde

お礼率 100% (2/2)

詳細まで分かりやすい説明ありがとうございます。
自宅は木造二階建てで、個室と階段の天井に用いられています。
それらは縦横30cmの正方形型のタイルで、それを敷き詰めて釘で打ち付けてあります。
見た感じが石膏っぽく、指でギュッと突く(触る)と(固めた発砲スチロールの様な)弾力があります。
階段に使われているものには、キラキラした点々が見えます。
黄色いグラスウールは天井裏や壁の中に敷き詰められています。
小学生の時これに触ってしまって、痒くて痒くて、着てた服で手を拭いてた覚えがあります(笑)

自宅に使われているものはアスベストとは違うようで安心しました。
本当に有り難う御座いました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 21% (48/221)

アスベストの判断方法について、 syunpeiさんのお答えの通りです。 ただmondeさんの場合、アスベストでは無いと思います。 実際に見ていないので、絶対にとは言えませんが。 20年ほど前ですと、アスベストの危険性も認知され、ほとんど使用されていないはずです(アスベスト除去工事が行われているのは、もっと古い建物ばかりです) 石綿金網のイメージと言うことですが、普通建築に使われる石綿はsyunp ...続きを読む
アスベストの判断方法について、
syunpeiさんのお答えの通りです。
ただmondeさんの場合、アスベストでは無いと思います。
実際に見ていないので、絶対にとは言えませんが。
20年ほど前ですと、アスベストの危険性も認知され、ほとんど使用されていないはずです(アスベスト除去工事が行われているのは、もっと古い建物ばかりです)
石綿金網のイメージと言うことですが、普通建築に使われる石綿はsyunpeiさんのおっしゃる通り、吹付材がほとんどで、あのような平滑な物ではありません。そうですね、立体駐車場の天井・梁に吹き付けられている岩綿(こちらは無害)を白っぽくして、毛羽立たせた感じです。
以上、実際見ていませんので、参考程度に。
お礼コメント
monde

お礼率 100% (2/2)

回答有り難うございます。
20年以前には、もう認知されてて、立体駐車場に吹き付けられてる岩綿を毛羽立たせた感じのものだとしたら、自宅の天井のモノとは異なる様なので安心しました。
自宅の天井には、タイル状のものを釘で打ち付けてあります。

小学生の時の理科の実験で使った、石綿金網の白い部分を触った時の感触と、天井のそれを触った感触が似てたので不安でした。

本当にありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
家選びの決め手、契約時に気をつけたこと。あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ