OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

旅行で余った外国紙幣はどうしたら?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.140457
  • 閲覧数546
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 48% (200/416)

この夏、香港・イギリス・フランスに行って来ました。
どこのお金も余ってしまって、また日本円に換金したいのですが
(1)来年からユーロに変わってしまうフランに関しては、早く換金しておいた方がお得なのでしょうか?
(2)イギリスはおそらく来年の3月にまた行くのですが、一応日本円に変えておいた方が良いのでしょうか?(ポンドに関しては現金のほかにT/Cもあります)
(3)どのお金もできるだけ良いレートで日本円にしたいのですが、良い方法をご存知でしたら教えて下さい。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 38% (192/498)

>(1)来年からユーロに変わってしまうフランに関しては、早く換金しておいた方がお得なのでしょうか?
そうですね、なるべくなら早く換金なさった方がいいと思います。特に円高傾向ですから、遅くなればなるほど、価値は低下すると思います。

>(2)イギリスはおそらく来年の3月にまた行くのですが、一応日本円に変えておいた方が良いのでしょうか?(ポンドに関しては現金のほかにT/Cもあります)
どうせまた行くのであれば、そのまま持っていた方がいいのではないですか?
確かにこの先円高になるので、価値的には少なくなってしまいますが、手数料によって目減りするよりはマシでしょうね。

>(3)どのお金もできるだけ良いレートで日本円にしたいのですが、良い方法をご存知でしたら教えて下さい
日本国内での交換レートは決まっていますから、「できるだけ良いレートで日本円にしたい」というのは、どこでやろうとあまり変わらないということです。
外国のお金は、日本に戻ってくる前に使い切るということが大切かと思いますよ。
お礼コメント
thoma

お礼率 48% (200/416)

回答ありがとうございました。
一つ一つ丁寧に回答して頂いてわかりやすかったです!
今円高の傾向にあるなんて知りませんでした。
早速換金しに行ってきますね。
投稿日時 - 2001-09-27 02:04:36
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 38% (496/1279)

次回もイギリスにいく予定がおありなのでしたら、ポンドもフランもそのまま持って行かれたら良いと思います。 一度日本円に換え戻すと、手数料(というよりTTBとTTSの差額)で損をします。 来年3月でもポンドは大丈夫です。T/Cも問題なく使えますので安心してください。 フランは、旅行で使うならイギリスへ行った際にユーロに換えるか、日本円にして使うなら明日にでも銀行で両替すれば良いと思います。 レート ...続きを読む
次回もイギリスにいく予定がおありなのでしたら、ポンドもフランもそのまま持って行かれたら良いと思います。
一度日本円に換え戻すと、手数料(というよりTTBとTTSの差額)で損をします。
来年3月でもポンドは大丈夫です。T/Cも問題なく使えますので安心してください。
フランは、旅行で使うならイギリスへ行った際にユーロに換えるか、日本円にして使うなら明日にでも銀行で両替すれば良いと思います。

レートについては、数万円単位なら微妙に損をしますが、それ以下は何十円の世界ですので、許容範囲として目を瞑るしかないと思います。
お礼コメント
thoma

お礼率 48% (200/416)

回答ありがとうございました。
来年の3月でもポンドは全く問題ないんですね。
レートも数十円しか違わないなら時間ができ次第、早速交換に行ってこようと思います!
投稿日時 - 2001-09-27 02:02:24


  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

また行かれるのであれば、そのままお持ちになればよいでしょう。 私も頻繁に行くところの紙幣は数万円分は常に持っていますヨ。 人民元、バーツ、ルピー、ウォン、ドン、オーストラリアドル、オーストリアシリング、ドイツマルク、ベルギーフラン‥色々と置いています。両替の手間が省けますしネ。 いずれにしても両替を繰り返せば銀行が手数料を儲けるだけですし。 フランスフランもイギリスポンドもそのまま持っていかれれば ...続きを読む
また行かれるのであれば、そのままお持ちになればよいでしょう。
私も頻繁に行くところの紙幣は数万円分は常に持っていますヨ。
人民元、バーツ、ルピー、ウォン、ドン、オーストラリアドル、オーストリアシリング、ドイツマルク、ベルギーフラン‥色々と置いています。両替の手間が省けますしネ。
いずれにしても両替を繰り返せば銀行が手数料を儲けるだけですし。
フランスフランもイギリスポンドもそのまま持っていかれればよいでしょうネ。
以上kawakawaでした
お礼コメント
thoma

お礼率 48% (200/416)

回答ありがとうございます。
来年おそらく行くであろうイギリスについてはそのまま持っていることにします。
それにしてもいろいろな国に行かれているんですね!羨ましいです^-^
投稿日時 - 2001-09-27 02:06:49
  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 46% (75/163)

フランスフランのユーロ移項に関してお答えします。 2002年1月1日から2月17日までは、フランとユーロの併用です。ただし現金のみ。 2002年6月30日までは、フランスフラン硬貨と紙幣を市中の銀行、郵便局、フランス銀行でユーロに両替する事ができる。 その後は、フラン硬貨は2005年2月17日まで、フラン紙幣は2012年2月17日までユーロに両替する事ができる。 以上の事から、もし2002 ...続きを読む
フランスフランのユーロ移項に関してお答えします。

2002年1月1日から2月17日までは、フランとユーロの併用です。ただし現金のみ。
2002年6月30日までは、フランスフラン硬貨と紙幣を市中の銀行、郵便局、フランス銀行でユーロに両替する事ができる。
その後は、フラン硬貨は2005年2月17日まで、フラン紙幣は2012年2月17日までユーロに両替する事ができる。

以上の事から、もし2002年6月30日までに、再度渡仏する予定があるなら、フランスフランをそのまま持っていても、フランス国内で簡単にユーロと交換できます。
フランス銀行というのは、日本では日銀に相当するもので、大都市部にはありますが数も少なく、せっかくの旅行の滞在期間の間に、フランス銀行を捜して両替に行くのも、手間がかかるとおもいます。

「できるだけ良いレートで」とおっしゃいますが、交換の度に手数料を取られている訳で、多少の金額ならば、いくらレートが良くても、手数料に打ち消されてしまいますので、できるだけ再度の両替は避けるべきです。
お礼コメント
thoma

お礼率 48% (200/416)

回答ありがとうございます。
フランスフランとユーロの事がよく分かりました!
再度の両替は手数料で結局損をしてしまう事も。ためになりました!
投稿日時 - 2001-09-27 02:08:53
  • 回答No.5
レベル9

ベストアンサー率 33% (36/106)

私も「持ってる」に賛成です。 また行くことがわかってるのならなおさらです。 空港からホテルまでの現地通貨があると便利ですよ。 私は帰国の際、余った現地通貨は空港内のデューティーフリーで使ってしまうのですが、空港からホテルの交通費だけは必ず次に行くときのために残すようにしています。 あと、友達でその国に行くこがいたら、適当なレートか、お餞別であげたりしちゃいます。お互いコミッションがかか ...続きを読む
私も「持ってる」に賛成です。

また行くことがわかってるのならなおさらです。
空港からホテルまでの現地通貨があると便利ですよ。

私は帰国の際、余った現地通貨は空港内のデューティーフリーで使ってしまうのですが、空港からホテルの交通費だけは必ず次に行くときのために残すようにしています。

あと、友達でその国に行くこがいたら、適当なレートか、お餞別であげたりしちゃいます。お互いコミッションがかからなくてよいですよ。
お礼コメント
thoma

お礼率 48% (200/416)

回答ありがとうございます。
なるほど、友達にあげるという手もありますね。イギリスやフランスなら行く子も多そうですし。空港のデューティフリーは買い物する暇が残念ながらなかったんです。(初めての旅行という事もあってなかなかスムーズに事が運ばなかったんです;-;)
投稿日時 - 2001-09-27 02:14:40
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
ここは行って良かった!これは食べるべき!旅の経験を共有しよう!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ