OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

自生の稲

  • 暇なときにでも
  • 質問No.140105
  • 閲覧数399
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 49% (89/181)

稲の原産地(中国奥地や中央アジアなどといわれてますが)には、
われわれが食卓で口にするご飯(コシヒカリやササニシキ)の素となった稲
が自生しているのでしょうか?
(まあ、我々の食べている米も卑弥呼の時代のものとは違うと思いますが)

教えて下さい。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 33% (48/142)

かの地には古い品種や野生種も自生しているはずです。

詳しくは岩波新書 藤原宏志著 「稲作の起源を探る」 を参考になさって下さい。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 21% (13/61)

近々出版される本(予定では9月28日)に下記の本があります。 自生地が開発され、野生イネが絶滅しようとしていることなど 書いてあるようです。 私も仕事でこのような本を探していました。この本のような、 野生イネについて詳しく書いた本は珍しいと思います。 ポピュラー・サイエンス237 野生イネへの旅 東京農業大学 嘱託教授 農博 森島啓子 著 四六判/202頁/本体価格1500円+税 ...続きを読む
近々出版される本(予定では9月28日)に下記の本があります。
自生地が開発され、野生イネが絶滅しようとしていることなど
書いてあるようです。
私も仕事でこのような本を探していました。この本のような、
野生イネについて詳しく書いた本は珍しいと思います。

ポピュラー・サイエンス237
野生イネへの旅
東京農業大学 嘱託教授 農博 森島啓子 著
四六判/202頁/本体価格1500円+税/2001年9月
ISBN4-7853-8737-8


  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 15% (594/3954)

私の読んだ「稲のきた道」(佐藤洋一郎著) 2のご回答と同じシリーズみたいですね。 「われわれが食卓で口にするご飯(コシヒカリやササニシキ)の素となった稲 」というのは、いわゆる「ジャポニカ種」の野生種でしょうか。 アメリカの企業は、血眼になってDNAを集めているらしいです。遺伝子は21世紀の重要産業になるらしい。 ...続きを読む
私の読んだ「稲のきた道」(佐藤洋一郎著)
2のご回答と同じシリーズみたいですね。

「われわれが食卓で口にするご飯(コシヒカリやササニシキ)の素となった稲 」というのは、いわゆる「ジャポニカ種」の野生種でしょうか。

アメリカの企業は、血眼になってDNAを集めているらしいです。遺伝子は21世紀の重要産業になるらしい。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ