OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

to be made

  • 暇なときにでも
  • 質問No.139265
  • 閲覧数1919
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 76% (136/178)

以前から疑問だった不定詞の用法について、質問させてください。

There are also strong arguments to be made that developing countries can benefit by free-riding.

 この文の大意は、
「途上国はフリーライドすることによて利益を得ることが出来る、との強い議論も存在する」

となると思うのですが、この時"to be made "を入れると入れないのでは、どのように意味が違ってくるのでしょうか?
 よく"to be known"というかたちで「知らせておくべきこと(=notice)」と表現されますが、これと似たような用法なのでしょうか?

 出来たら文法の解説もあわせて、お願いいたします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル8

ベストアンサー率 50% (14/28)

to be made を入れなければ, strong arguments は「すでにされている」
to be made を入れると, strong arguments は「これからされる」つまり「今のところまだされていない」ことになります。
to be made = that should be made/that will be made など です。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 37% (32/86)

There are also strong arguments to be made (BY SOMEBODY) that developing countries can benefit by free-riding. 受身の動詞にかかる大して重要ではないDoer(Somebody)が省略されてるだけです。      「途上国はフリーライドすることによて利益を得ることが出来る、との(不特定多数 ...続きを読む
There are also strong arguments to be made (BY SOMEBODY) that developing countries can benefit by free-riding.

受身の動詞にかかる大して重要ではないDoer(Somebody)が省略されてるだけです。     
「途上国はフリーライドすることによて利益を得ることが出来る、との(不特定多数の人によってなされる)強い議論も存在する」


  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 24% (92/378)

この to be made は直前の arguments にかかる不定詞で、 arguments to be made で「なされるべき議論」となります。
この to be made は直前の arguments にかかる不定詞で、
arguments to be made で「なされるべき議論」となります。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
-PR-
-PR-
この言い回しでうまく伝えられた!あなたの知識や経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ