OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

解雇と言われましたが

  • すぐに回答を!
  • 質問No.134356
  • 閲覧数101
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

10年勤めて来た会社でしたが、最近嫌がらせや暴言を言われ我慢ができず、口論のすえ、会社をとびだしてしまいました。終業時間1時間位前の事です。次の日退職届を出すと、「おまえは業務放棄をしたんだから昨日づけで解雇だ」と言われ、退職届を受け取ってもらえませんでした。確かに飛び出した私も悪いのですが、この事は、解雇と言われても仕方がないことでしょうか。また、30日前に解雇を言い渡さなかった場合、その分の給料を請求できると聞きますが、この場合可能でしょうか。退職金などはもらえるのでしょうか。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 50% (32/63)

はじめまして。10年も勤められた会社をこんな辞め方をなさるのはさぞ無念でしょう。
 さて、さっそく本題ですが、確かに就労時間中に会社を飛び出してしまったasiveさんの行為は業務放棄と言われても仕方ありません。しかし、その経緯が問題になると思います。というのも、これは会社側の嫌がらせや暴言といった原因があってのことですから、単なるasiveさんの怠業による業務放棄とは訳が違います。
 まず、会社側はリストラ対象として、社員がわざと問題を起こすように企んだということはありませんか?会社側の近時の運営状況などから、もしも他の社員にもそのような事実があるか、或いはそのような事実を証言する社員などがいれば、明らかな不当解雇として会社側に法的責任を追求することができると思います。それが難しければ、最寄の労働基準監督署でご相談することをお勧めします。労働基準監督署では監督官が事情を聞いて不当解雇と認められる可能性のある場合は30日間の賃金請求や退職金の満額請求、それに応じない場合は会社側に対する行政処分などといった様々な手段で労働者を保護することができます。労働者は会社に比べて法律で厚く保護されています。怠業や職務上の重大な過失がない限り、そう簡単に解雇はできません。今回のasiveさんの受けた解雇処分が不当だと思うのであれば、このような会社側の非情な行為に屈することなく、然るべき所で毅然とした姿勢を以って闘うべきです。是非頑張って下さい。
お礼コメント
noname#17161

回答ありがとうございます。自分にも非のあることなので、今一つ会社に対して強気になれず、このまま泣き寝入りするしかないかとあきらめていました。仰るとおり、労基署に相談に行ってみようとおもいます。
投稿日時 - 2001-09-12 22:49:53
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 24% (702/2850)

もと人事担当者です。 1.可能です。 2.退職金もらえます。 理由:解雇は、会社側にそれなりの理由が必要となります。たとえ職場放棄でも、それがはじめてであれば、会社側に理由ありとはされません。それ以前に、注意したことを文書で残していることが必要です。 労働基準監督署へ苦情を伝えてください。時間はかかりますが、1ヵ月と退職金(会社の規定によります、会社都合退職。退職金規定がない会社は、退職金の支払い ...続きを読む
もと人事担当者です。
1.可能です。
2.退職金もらえます。
理由:解雇は、会社側にそれなりの理由が必要となります。たとえ職場放棄でも、それがはじめてであれば、会社側に理由ありとはされません。それ以前に、注意したことを文書で残していることが必要です。
労働基準監督署へ苦情を伝えてください。時間はかかりますが、1ヵ月と退職金(会社の規定によります、会社都合退職。退職金規定がない会社は、退職金の支払い義務はありません)がもらえます。
職安へ出す「離職票」に今は、会社と退職者の理由が一致しないといけなくなりました。
内容証明郵便で、1ヵ月分の給与と退職金の要求は、だしましょう。


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ