OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

人材派遣の派遣料金、勘定科目は?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.133815
  • 閲覧数20296
  • ありがとう数20
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 83% (47/56)

タイトルのとおりなのですが、現在派遣社員を利用しており、派遣会社に支払う料金について、どのような勘定科目で処理すればよいのでしょうか。
皆さんの会社ではどのようにされておられるか、教えてください。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル6

ベストアンサー率 23% (3/13)

lightening です。

国税庁のHPにこんな記載があったので
#加工賃や人材派遣料、警備や清掃などを外部に委託している場合の委託料などは#課税仕入れとなります
外部スタッフ遣う場合を「委託」、例外は「出向」のようです。

参考URLの6451、6475をご覧ください。
なんで警備・清掃が仕入れなんだ??
 
個人的な意見ですが、
 税務署はお金の流れ(支払先、金額、科目)を把握するのが目的ですので、
 多少そぐわなくても税務署員にわかりやすい科目をつけておいたほうが
 いいです。

最寄りの税務署に尋ねるのが手っ取り早いでしょう。
最初からこう書けばよかったですね。
お礼コメント
aad

お礼率 83% (47/56)

度々ありがとうございます。
ご紹介いただきましたHPについて、非常に参考になりました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-09-12 08:59:05
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 52% (128/242)

私の会社では派遣は使っていませんが、派遣を使う場合など、外部に委託する業務に関しては「業務委託費(業務委託料)」を使います。 「人材派遣料(人材派遣費)」という科目名も存在するので、今回たまたま発生したものではなく継続して発生する予定がある場合は、作っても支障はありません。 ...続きを読む
私の会社では派遣は使っていませんが、派遣を使う場合など、外部に委託する業務に関しては「業務委託費(業務委託料)」を使います。
「人材派遣料(人材派遣費)」という科目名も存在するので、今回たまたま発生したものではなく継続して発生する予定がある場合は、作っても支障はありません。
お礼コメント
aad

お礼率 83% (47/56)

早速のご回答、ありがとうございます。
質問なのですが、法律的には「派遣」と「業務委託」は異なるものですが、同じに扱ってよいのでしょうか。
また、「業務委託費」は、原価になるのでしょうか。「人材派遣料」とした場合、大まかには販管費として良いのでしょうか。
投稿日時 - 2001-09-11 19:25:09


  • 回答No.2
レベル6

ベストアンサー率 23% (3/13)

知人の会社(ソフトハウス)では私(フリーランス)に仕事を依頼したときには「外注加工費」という科目にしていました。 ...続きを読む
知人の会社(ソフトハウス)では私(フリーランス)に仕事を依頼したときには「外注加工費」という科目にしていました。
お礼コメント
aad

お礼率 83% (47/56)

早速のご回答、ありがとうございます。
質問なのですが、「外注加工費」の場合は元の契約が「業務委託」または「業務請負」となっているかと思われますが、「派遣」はこれらの契約とは法的に異なるのですが、同じに扱ってよいのでしょうか。
投稿日時 - 2001-09-11 19:27:27
  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 52% (128/242)

>「人材派遣料」とした場合、大まかには販管費として良いのでしょうか。 従業員の給料等と同じで販管費に含まれます。 lighteningさんが書いていらっしゃいますが、課税仕入になります。 余談ですが、販管費で税がかかるかかからないか、は不課税(従業員の給料など)か課税仕入(会議費、接待交際費、新聞図書費等)で分けるので、「仕入」という言葉にはあまりとらわれなくてもいいのでは?・・・と思い ...続きを読む
>「人材派遣料」とした場合、大まかには販管費として良いのでしょうか。

従業員の給料等と同じで販管費に含まれます。
lighteningさんが書いていらっしゃいますが、課税仕入になります。


余談ですが、販管費で税がかかるかかからないか、は不課税(従業員の給料など)か課税仕入(会議費、接待交際費、新聞図書費等)で分けるので、「仕入」という言葉にはあまりとらわれなくてもいいのでは?・・・と思います。
お礼コメント
aad

お礼率 83% (47/56)

度々ありがとうございます。
人材派遣の処理について、理解が深まりました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-09-12 09:03:51
  • 回答No.5

経常的に使うのでしたら、「人材派遣費」という勘定科目を作った方が、はっきりして良いでしょう。 又、経費は「人件費」「販売費」「一般管理費」と分類されますが、人材派遣の費用は人件費の中に入ります。 消費税の計算では、消費税が課税されて請求が来ていれば「課税仕入れ」に該当します。 >質問なのですが、法律的には「派遣」と「業務委託」は異なるものですが、同じに扱ってよいのでしょうか。 ...続きを読む
経常的に使うのでしたら、「人材派遣費」という勘定科目を作った方が、はっきりして良いでしょう。

又、経費は「人件費」「販売費」「一般管理費」と分類されますが、人材派遣の費用は人件費の中に入ります。

消費税の計算では、消費税が課税されて請求が来ていれば「課税仕入れ」に該当します。

>質問なのですが、法律的には「派遣」と「業務委託」は異なるものですが、同じに扱ってよいのでしょうか。

法的なことは関係なく、その実態によって処理します。
お礼コメント
aad

お礼率 83% (47/56)

ご回答ありがとうございます。
人材派遣料金の処理について、実態に則して考えるとのこと、参考になりました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-09-12 09:07:36
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ