OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

リンパ節

  • すぐに回答を!
  • 質問No.131473
  • 閲覧数1051
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 18% (4/22)

胆管がんと診断されました。頚部と胸部のリンパ節にも転移が見られました。しかし、頚部は最初悪性のものと診断されたのですが、実際に細胞を取り出して検査したところ悪性のものは見られませんでした。しかし、胸部の腫れはあった為、手術は断念かと思われていました。しかし、先日CT検査をしたところ、胸部の腫れが画像では見えないくらい小さくなってしまいました。なので、肝臓の手術ができるかもしれないとの事でした。医師の話によると何の治療もしていないのに、腫瘍が小さくなる事など考えられないとの事です。おまけに肝臓の腫瘍も少し縮小しているとの事。こんな事ってありえるのでしょうか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 36% (3818/10368)

仮に、その腫れがガンによるものだったとして、>治療もしないのに~ってことは実際にあり得るのです。

ガンの種類、場所などによって、一時的に体積が小さくなる場合があります。これは別に治る方向に向かっている訳ではなく、ガンの成長の過程でそういう現象が起こりえるということです。

また、どういう訳か判らないのですが、本当に何もしないのに治ってしまうケースがごくまれにあります。
しかし、そういう兆しが見えたからといって必ずそれで全部治るなんていえる現状ではないので、小さくなったら治療の好機と捉えるのが現状では一番だと思われます。

という訳で、あり得ない話ではないというのがお答えとなりますね。
お礼コメント
miracle52

お礼率 18% (4/22)

早速のご回答有難うございます。一度発症したガン細胞が何の治療なしに消滅してしまう事なんてないことを医師から告げられ、自分でもそれは充分に理解しておりました。しかし、myeyesonlyさんのご回答に少し勇気づけられました。今後どのような治療方針となるかはわかりませんが、ガンが小さくなっているのは事実なのだから、前向きに治療に取り組んでいきます。有難うございました。
投稿日時 - 2001-09-07 16:37:19
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

症例数は少ないですが、癌の自然治癒例はあります。 >胸部の腫れはあった 肺に転移があるのでしょうか・・・? さらに肝臓にも・・・? 肝転移では知りませんが、肝癌ではある程度大きくなった癌の中心部分が壊死を起こして縮小する例もあるようです。 ご参考まで。 お大事に。
症例数は少ないですが、癌の自然治癒例はあります。
>胸部の腫れはあった
肺に転移があるのでしょうか・・・?
さらに肝臓にも・・・?

肝転移では知りませんが、肝癌ではある程度大きくなった癌の中心部分が壊死を起こして縮小する例もあるようです。

ご参考まで。

お大事に。


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ