OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

LDプレイヤーって何でしょうか?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.130441
  • 閲覧数181
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 32% (418/1271)

LDプレイヤーって何でしょうか?どなたか知っている方!詳しく教えて下さい!!よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル13

ベストアンサー率 50% (567/1119)

 m-mmiyukiさん きっとお若いですよね。 「LDプレーヤー」という言葉をどこかで聞かれたのでしょう。  LD(レーザーディスク)はパイオニアが 20年以上前に発売を開始した「絵の出るレコード」の事です。(CDが出る数年前で アナログのレコードが全盛の頃のお話です。)

 その名の通り 30cm(アナログレコードと同じ大きさ)の盤に「映像と音声」が記録してあり それをTVで見たりステレオ装置に接続して音を楽しむ物でした。 DVDによく似ています。 (余談ですがビクターが開発販売をしていた「VHD」という物も同時期に有りました。)

 その後 ソニー・松下(パナソニック)・ケンウッド他様々な メーカーが参入していました。 カラオケブームが火付け役となり最盛期には「3・9・8」の商品が出ていました。(定価が¥39.800)  晩年には最高機種¥800.000のLD専用機が出てました・・・懐かしい!

 今でも パイオニアからはLD機1機・DVDとのコンバチ機が2機 発売しています。 ソフトの新譜も時々出ていますよ。 ご安心下さい。 (*^_^*)

 収録時間が最大片面1時間!(両面ディスクが普通ですので両面で2時間 機械はオートターン付ですので ディスクを裏返す手間はありませんが・・・・ 今の映画って2時間ものが少ないですよね! よって 2枚組みになっちゃう! 最後のいい所で ディスクを変えないと・・・)

 化石になってしまうかもしれませんが・・・ でもLDが無ければ今の『DVD』は存在がないかも・・・
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 35% (455/1268)

LDというのは昔有ったビデオ用ディスクの規格です。ちょうどCDを大きくした形で、直径が30cmくらい有りました。古い規格ですので今は市販されていません。LDプレーヤーというのはそのディスクを再生する機械のことです。
LDというのは昔有ったビデオ用ディスクの規格です。ちょうどCDを大きくした形で、直径が30cmくらい有りました。古い規格ですので今は市販されていません。LDプレーヤーというのはそのディスクを再生する機械のことです。


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 62% (6253/9971)

パイオニアなどからプレーヤーがまだ出てますけど・・・ 正式名はレーザーディスク(Laser Disc)です。 DVDが登場する以前は、ビデオディスク規格の代表でした。 ただ、ディスクの直径が大きい(LPレコードと同じ直径30cm)こともあり、DVDが登場してから市場から減りつつあります。 開発はフィリップスで77年に規格化されています。 国内ではパイオニアがプレーヤーを販売しています。 htt ...続きを読む
パイオニアなどからプレーヤーがまだ出てますけど・・・
正式名はレーザーディスク(Laser Disc)です。
DVDが登場する以前は、ビデオディスク規格の代表でした。
ただ、ディスクの直径が大きい(LPレコードと同じ直径30cm)こともあり、DVDが登場してから市場から減りつつあります。
開発はフィリップスで77年に規格化されています。
国内ではパイオニアがプレーヤーを販売しています。
http://www.pioneer.co.jp/dvdld/ld-s9.html
  • 回答No.3

補足ですLDではDVDと異なり、画像データをアナログで記録していましたCDのように光学読み取りなのですが、ピットの大きさ(アナログ量)でデータを記録していました。ちなみにLDとはLaserDisk(レーザーディスク)の略です。また、通常映画などの長時間記録では両面記録で、機種によっては一旦取り出して裏返す必要があったり、自動的サイドが切り替わるものでも、数秒間画面が途切れる欠点があり、長時間録画になるほど ...続きを読む
補足ですLDではDVDと異なり、画像データをアナログで記録していましたCDのように光学読み取りなのですが、ピットの大きさ(アナログ量)でデータを記録していました。ちなみにLDとはLaserDisk(レーザーディスク)の略です。また、通常映画などの長時間記録では両面記録で、機種によっては一旦取り出して裏返す必要があったり、自動的サイドが切り替わるものでも、数秒間画面が途切れる欠点があり、長時間録画になるほど画質が落ちることも事実です。また、メディアが12インチ(LPレコードサイズ、10インチや7インチの物もあるには有ったが)の円盤でかさばることもあり、現在ではあまり見かけることもありません。同種の物にVHDというものもあり、こちらはディスクがケースに収まっていてケースごとプレーヤーセットします。こちらはLDよりもマイナーでカラオケなどに短期間利用されただけであったような気がします。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ