OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

『悪童日記』のラストの解釈について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.129586
  • 閲覧数1372
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 87% (225/258)

本など芸術の分野で解釈についてを聞くなんてナンセンスで申し訳ないと思うのですが・・・
『悪童日記』(アゴタ・クリストフ著)のラストの解釈について教えてください。
なぜ、双子は一人ずつ別れて別々の道を行ったのでしょうか?
あの終わり方にはどういう(深い)意味があるのでしょうか?
何を言わんとしているのでしょうか?

それについては「続編のような作品で説いてある」みたいな事も書いてあってまだそれを読んではいないのですが、この『悪童日記』だけにおいての解釈の例やみなさんのご意見・感想などをぜひ教えてください。
どうにもわかりません・・・。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル5

ベストアンサー率 50% (2/4)

続編を読むと、何となく頷ける部分が出てくるかもしれません。 「ふたりの証拠」「第三の嘘」までぜひお読み下さい。 ちなみに、「悪童日記」の原題は直訳すると「一つの大きな帳面」です。 「1」「2」「3」と言う対応は、作者があらかじめ三部構成を 考えていたのではないか、と思わせます。 ...続きを読む
続編を読むと、何となく頷ける部分が出てくるかもしれません。

「ふたりの証拠」「第三の嘘」までぜひお読み下さい。
ちなみに、「悪童日記」の原題は直訳すると「一つの大きな帳面」です。
「1」「2」「3」と言う対応は、作者があらかじめ三部構成を
考えていたのではないか、と思わせます。
お礼コメント
Hime2001

お礼率 87% (225/258)

sketchさん
さっそくのご回答ありがとうございました。
アドヴァイス通り続編いっきに読みました。
投稿日時 - 2001-11-16 15:43:21
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ