OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

子供の唾液感染(虫歯)

  • 暇なときにでも
  • 質問No.122914
  • 閲覧数600
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

噂で聞いたのですが小さい時に
親から口移しでたべものをもらったりして
唾液が親から子供にいくことによって
虫歯の菌も移ると 聞きました。
子供は三才までに口の中の菌の数が決まるので
それまでは口移しはやめたほうがいいというのです。
子供を持つ親ですので気になりました。
その真相をご存知な方
また 小さい時は親や 子供同士の唾液は
混じらない?方がよいのでしょうか?
それに関わる病気などがもしあるのでしたら
教えていただきたいです
よろしくお願い致します。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 23% (24/104)

こんにちは。 虫歯のできやすい人だけではないと思いますが、人の唾液には、非常に感染力の高いミュータンス菌でしたかがあって、食べ物の口移しで容易に感染するということを聞いたことがあります。 うちも苦労してます。 ほっぺにしかチューしてませんよ(笑)
こんにちは。
虫歯のできやすい人だけではないと思いますが、人の唾液には、非常に感染力の高いミュータンス菌でしたかがあって、食べ物の口移しで容易に感染するということを聞いたことがあります。
うちも苦労してます。
ほっぺにしかチューしてませんよ(笑)
  • 回答No.2

本来人間の歯には、食べ物のカスを酸化させる細菌(ミュータンス菌)が存在するため虫歯になるのです。 でも生まれたばかりの赤ちゃんには、その細菌はいませんが、母親等が食べ物を噛んであげたり、キスしたりして唾液感染するのです。 赤ちゃんの歯は生まれて約2年で完成しますから、生まれてから2年間ほど、唾液感染の起こらない生活を送らせることができれば、細菌に感染しない歯が出来て、その子は一生虫歯にならないので ...続きを読む
本来人間の歯には、食べ物のカスを酸化させる細菌(ミュータンス菌)が存在するため虫歯になるのです。
でも生まれたばかりの赤ちゃんには、その細菌はいませんが、母親等が食べ物を噛んであげたり、キスしたりして唾液感染するのです。

赤ちゃんの歯は生まれて約2年で完成しますから、生まれてから2年間ほど、唾液感染の起こらない生活を送らせることができれば、細菌に感染しない歯が出来て、その子は一生虫歯にならないのです。

このように、唾液感染をしなければ虫歯の元の細菌は感染しないのですが、2年間もキスや、食べ物を噛んであげないいまま過ごす赤ん坊はかわいそうだと思います。
そのうえ、遊んでる時も、よその子供が口にしたおもちゃを口にしても駄目なわけですが、24時間監視体制で、見張るなどというのは、ほとんど不可能でしょう。
  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 31% (13/41)

こんにちわ。 私自身、虫歯が多くて苦労しているので 子供にはこんな思いはさせたくないとこんな本を購入しました。 0歳からの虫歯予防、母子感染などについて載っています。 参考にしてみてください。 タイトル:「虫歯のない子に育てる本(子どものいい歯はお母さんがつくる)」 発行:PHP研究所 価格:1,200円(税別)  
こんにちわ。
私自身、虫歯が多くて苦労しているので
子供にはこんな思いはさせたくないとこんな本を購入しました。
0歳からの虫歯予防、母子感染などについて載っています。
参考にしてみてください。

タイトル:「虫歯のない子に育てる本(子どものいい歯はお母さんがつくる)」
発行:PHP研究所
価格:1,200円(税別)
 
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ