OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

積み上げグラフと集合グラフの組み合わせは可能でしょうか?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.122554
  • 閲覧数1620
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 64% (56/87)

Excel2000 + Windows95 の環境で、グラフ作成に関しての質問です。

A B C D E
------------------
1| aa 10 5 4 3
2| bb 10 3 2 1

というような表がある場合に、B+CとD+Eの値を比較するためのグラフを作成し
たいと思っています。
そこで、B+C,D+Eに関しては「積み上げ縦棒グラフ」の形でそれぞれを一本の
グラフにして、且つB+CとD+Eを比較する為のこの2本のグラフを「集合縦棒グ
ラフ」の形で一つの要素として扱いたいのです。
このような積み上げグラフと集合グラフの組み合わせは可能でしょうか。

現在は下記のような表から積み上げた手棒グラフを作成し、X軸のメモリとラ
ベルの間隔を2にして擬似的に表現していますが、要素ごとに2本のグラフがくっ
ついていないのが不満です。

A B C D E
------------------
1| aa 10 5
2| aa 4 3
3| bb 10 3
4| bb 2 1

ご教授よろしくお願いいたします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 52% (322/612)

こんにちは! 勘違いかもしれませんが! 結果のイメージは  □    □  □  □□ □  ■■ ■□  ■■ ■■ --------------   aa  bb こんな感じでしょうか? だとしたら [元表]   A  B  C  D  E ---------------------- 1| aa 10  5  4  3 2| bb 10  ...続きを読む
こんにちは!

勘違いかもしれませんが!
結果のイメージは

 □  
 □  □
 □□ □
 ■■ ■□
 ■■ ■■
--------------
  aa  bb

こんな感じでしょうか?

だとしたら
[元表]
  A  B  C  D  E
----------------------
1| aa 10  5  4  3
2| bb 10  3  2  1

[別表]
  A  B  C  D  E
----------------------
11| aa 式1 式2 式1 式2
12| bb 式1 式2 式1 式2

・元表のデータ範囲をコピー
 別表のB11を選択
 編集 形式を選択して貼り付け リンク貼り付け
 これで全てに 式2(相対参照式)が入力されます
・式1 セルB11に =B1+C1 これを必要個所BとC列に複写
・別表のデータで通常の棒グラフを「列」で作成
・1項目につき4本の棒グラフができるので
 2番目の棒グラフをダブルクリック 軸 2軸
 4番目も同様
・2軸の目盛り数上でダブルクリック
 目盛 最大値を主軸と同じにする
 表示形式 ユーザー定義 ;;;(非表示となります)

こんな感じでしょうか!
お礼コメント
tomo-yuki

お礼率 64% (56/87)

ご回答ありがとうございます。

グラフの軸を2軸にして目盛りの最大値を主軸と同じにすると、グラフが
重なるというのは知りませんでした。

 ○  ○
 □□ □
 ■□ ■□
 ■■ ■■
--------------
  aa  bb

というように、一本のグラフに重ねたい要素の数が異なる場合はダミーの
グラフを作って重ねてから、枠と色を消せば良いわけですね。
(グラフを引用、編集させていただきました)

3D効果のある棒グラフでは実現できないようなのが残念ですが、おかげさまで
思い通りのグラフを作成できました。
どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-08-23 14:25:29

このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このやり方知ってる!同じこと困ったことある。経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ