OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

投手の牽制のやり方

  • 暇なときにでも
  • 質問No.121526
  • 閲覧数886
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 100% (77/77)

子供の頃から社会人になった今も投手をしています。
今さらながらこんな質問をさせていただきますがご勘弁ください。
ルールブックを見てもよく分からなかったもので・・。ちなみに私は右投手です。

ア.3塁へのけん制について
 ランナー3塁で私はセットポジションをしています。3塁ランナーのリードが
 大きいのが目についた私は、右足をプレートの後ろ(2塁ベース側)に外し、
 左足はそのままに(3塁ベース方向に踏み出さずに)ボールを3塁に送球
 しました。これってプロの投手もやってたので真似しているのですがボーク
 ではないですよね?

イ.ランナー2塁で私はセットポジションをしています。2塁ランナーのリードが
 大きいのが目についた私は、投球動作に入ったと見せかけて左足を上げてクルリ
 と2塁ベースへ体を反転して2塁にボールを送球(もしくは擬投)しました。
 これでボークを取られた事はありませんが、いまいちボークではない自信が
 ありません。何か基準(ルール)とかあるのでしょうか?


こんな事も分からず17年間も投手を続けている私に誰か救いの手をお願いします(笑)。
ちなみにこんな私ですが防御率はリーグトップの1.65です(笑)。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 45% (238/518)

ア.プレートを外しているので、大丈夫です。
イ.プレートに触れたままけん制球を投げる場合は、「左足を直接投げようとする塁の方向に踏み出す」事が必要です。(右投手の場合)
しかし、打者の方を向いていて反対側の二塁に「直接」「踏み出す」事は現実的には不可能ですから、どうしても程度の問題で判断する事になってしまいますので、解釈の違いが出てきます。(例えば、日本ではボークになるケースでもメジャーならならない)
ご質問のケースで考えると、”投球動作に入ったと見せかけ”ている(=直接ので、ボークを取られることもあり得るかと思います。
お礼コメント
kame1417

お礼率 100% (77/77)

DEMERARA151さん、ありがとうございます。
(ア)は大丈夫なんですね。安心しました。
(イ)もボークを取られないように気をつけます。本当に助かりました。
心のつっかえが取れた気分です!
投稿日時 - 2001-08-21 08:32:30
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 17% (9/52)

kame1417さんはじめまして! 僕も20年位の野球暦があり、投手経験もありました。 アもイもボークではないと思いますが、イの場合左足を投げる方向へしっかりと踏み出せば問題ないと思います。 以前、野球のカテゴリの中で回答者の方が、参考URLとして記載していましたので、そのURL控えておきました。  あくまで参考ですが、下記のURLへ行ってみたらいかがでしょう? ...続きを読む
kame1417さんはじめまして!
僕も20年位の野球暦があり、投手経験もありました。
アもイもボークではないと思いますが、イの場合左足を投げる方向へしっかりと踏み出せば問題ないと思います。
以前、野球のカテゴリの中で回答者の方が、参考URLとして記載していましたので、そのURL控えておきました。
 あくまで参考ですが、下記のURLへ行ってみたらいかがでしょう?
お礼コメント
kame1417

お礼率 100% (77/77)

itibannboshiさん、はじめまして!
回答ありがとうございます。また面白いページも教えていただきまして
本当にありがとうございます。さっそく「お気に入り」に登録させていただきました!
投稿日時 - 2001-08-21 08:33:57


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
得意なスポーツについての豆知識や経験談を教えてください!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ