OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

化学合成エンジンオイルについて

  • 困ってます
  • 質問No.120703
  • 閲覧数2903
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 92% (53/57)

 某ホームセンターで売られている国内メーカの無名エンジンオイルに、化学合成系(VHVIベースオイル)の記載があるにも関わらず価格が非常に安い(\1580/4L)ものを見つけました。

 興味がわいたので、試しに使ってみようと自分なりに調べたところ、エンジンオイルのなかで化学合成油といわれるものには、PAO(ポリアルファオレフィン)・VHVI(Very High Viscosity Index:たぶん高度水素化精製の意味?)・エステルの3種類があることまで分かったのですが、じゃそれがどう違うの?となると今ひとつ明確に分かりません。

 これらのことについて詳しい知識をお持ちのかたがいらっしゃいましたら、以下の質問を分かりやすくお教えください。

1.これら3種類のエンジンオイルベースとしての特性/特徴はそれぞれどういうものなのでしょうか?
2.端的にエンジンオイルベースとして、どの成分・配合のものが優れているのでしょうか?
3.鉱物油ベースのものと比較すると、どの成分のものであれ化学合成系ベースのほうが優れていると考えてもいいのでしょうか?

 以上、ややマニアックかも知れませんが、よろしく御願いします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 15% (53/352)

なんだかAgipのオイル(BEATIX)に似ていますね。
http://www.japan-oil.co.jp/html/oil/agip_s20.htm

VHVI、Agipではハイドロクラッキングと言っているみたいです。

コレらの特徴が簡単に説明しているトコロです。
http://www.japan-oil.co.jp/html/what/tokutyo.htm

経験談です。
Agip RIDiX と BEATIX をTodayに使ったことがあるのですが、
差が分かりませんでした。燃費も変化なし。
ただ、それまで使っていた BP Mini NA よりも遥かに良い結果でした。
http://www.bp-oil.co.jp/PRODUCT/mini.html
お礼コメント
hekebon

お礼率 92% (53/57)

 どうもRESを有り難うございます。

 ご紹介下さったURLをもとにあれこれ探ったところ、PAOとエステルの特性が簡潔に記されていて、おおよそ理解できました。
 これを読んで、最近カストロールが力を入れているMagnatecというオイルも、おそらくはエステルを含んでいるらしいことが推測できます。

 その一方、アジップではVHVIをハイドロクラッキング油と呼んで、鉱物油を合成油レベルまで改質したものとして、鉱物油のカテゴリーに入れているんですね。

 てことはVHVIはやっぱり鉱物油の一種?、それとも合成油?
 ンンンンン、分からなくなってしまってます。(^_^;)
投稿日時 - 2001-08-20 09:48:41
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 39% (19/48)

あまり回答にはなっていませんが,Castrol RS よりも 某貝殻マーク石油の普通のオイルの方が確実に燃費がいいです。(実測データによる) たぶん合成油はやわらかすぎて低回転ではエンジンにからみにくいのだと思います。 大枚はたいてRSを入れたのに残念。意味なし。 合成油はサーキット走行などRevオーバーぎりぎりまで回しても絶対に油膜切れを起こしてはいけないような時に有効なようです。 ちなみにシン ...続きを読む
あまり回答にはなっていませんが,Castrol RS よりも 某貝殻マーク石油の普通のオイルの方が確実に燃費がいいです。(実測データによる)
たぶん合成油はやわらかすぎて低回転ではエンジンにからみにくいのだと思います。
大枚はたいてRSを入れたのに残念。意味なし。
合成油はサーキット走行などRevオーバーぎりぎりまで回しても絶対に油膜切れを起こしてはいけないような時に有効なようです。
ちなみにシントロンぐらいになると,サーキット走行後、マフラーからほとんど透明なオイルがたれてきます。
エンジンを通過しても酸化,蒸発,燃焼しないオイル?
他のオイルではこの現象は見られません。
合成油は耐熱,耐酸化,性能は格段に良いようです。
お礼コメント
hekebon

お礼率 92% (53/57)

 RES有り難うございます。

 燃費的側面から見るとややこしくなっちゃうんですよね。
 でも合成油の10W-50と鉱物油の10W-30だと、そういう結果も納得出来なくはないです。

>合成油は耐熱,耐酸化,性能は格段に良いようです。

 つまるところ、合成油と呼ばれるものはこの2点では無条件に鉱物油より優れている=エンジン内部への堆積物が生成されにくい=エンジンにとって良い、と単純に考えてしまっていいんでしょうか。
 
投稿日時 - 2001-08-20 09:23:22


  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 15% (53/352)

今更ですが、VHVIのコトがチットだけ載っています。 ワックスを原料としたOIL?Agipのハイドロクラッキングよりも 遥かに100%合成油に近いそうです。 カー用品店で手にとってOIL缶の側面を見てくださいな。 ...続きを読む
今更ですが、VHVIのコトがチットだけ載っています。
ワックスを原料としたOIL?Agipのハイドロクラッキングよりも
遥かに100%合成油に近いそうです。
カー用品店で手にとってOIL缶の側面を見てくださいな。
お礼コメント
hekebon

お礼率 92% (53/57)

 elfの缶をみてきました。
 ハイドロクラッキングとはベースが違っていてほとんど合成油と呼んでいいみたいですね。
 でもなんだかよくわからない・・・。
 結局SJ・SLクラスの表示=ドーナツマークのついたオイルならどんなものでも一定の規格を満たしているのだから、きちんとオイル管理していれば車にとっては大差ない??の??でしょうか??
投稿日時 - 2001-09-04 19:37:55
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
購入や整備のポイント。車好きだから知ってる豆知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ