-PR-
締切り
済み

航空行政(特に関西の)について。

  • 暇なときにでも
  • 質問No.11932
  • 閲覧数54
  • ありがとう数27
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 50% (6/12)

航空行政、特に関西の航空事情についてお聞きします。どなたかその方面で働いていらっしゃる方、航空業界にお詳しい方、お分かりのことで構いません。よろしくお願います。
現在の日本の航空は、関空のアジアのハブを目指すこと、そのための2期工事、成田の平行滑走路の建設等が行われていますが、疑問な点もいくつもあります。
たとえば関空は現在でも海外キャリアの撤退が進んでいるのに、滑走路を新たに作る必要があるかのかということです。恐らく完成すれば、更なる着陸料の高騰でキャリア離れに拍車がかかると思うのですが。関西で言えば、伊丹空港の存続で、今でも国内線では関空へ行く人は少ないと言います。(距離的には関空が近い堺市でも伊丹に行く方が、安く時間も変わらない(つまりアクセスが悪いらしい)といわれます。)このままでは旅客の関空離れは進むのではという危惧さえあります。
また、関空ができる以前、伊丹に国際線がある時代は、伊丹発成田行が非常に役立っていたと言われます。今、この便は存続していますが、関空発成田行はできていません。恐らくは、国際線空港同士を結ぶ必要がないということからだとは思いますが、関空の沈下ぶりからも必要があるのではないか、と思えます。
最も根本には、国際・国内の空港区分に問題があるのではないか、と思うのですが、どうでしょうか。
私は関西在住なので、関西のことが主になってしまうのですが、これらのことに詳しい方、あるいはこれら以外でも航空・空港にお詳しい方、何かご存知の方、お教えいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 46% (65/141)

簡単に知っている範囲内です。 (専門家でも航空関係者でも無いです) まず、関空の計画は,伊丹の拡張工事計画から始まっています。詰まり運輸省及び大阪府その他、民間経済団体等が 当初伊丹を拡張工事してハブを建設する計画を立てたのですが,地元の猛反対で中止になりました。 伊丹周辺の地元市町間で,航空機の騒音問題が発生していたのです。 拡張より伊丹空港の廃港要求が伊丹市等で決定されてしまいました。 ...続きを読む
簡単に知っている範囲内です。
(専門家でも航空関係者でも無いです)

まず、関空の計画は,伊丹の拡張工事計画から始まっています。詰まり運輸省及び大阪府その他、民間経済団体等が
当初伊丹を拡張工事してハブを建設する計画を立てたのですが,地元の猛反対で中止になりました。
伊丹周辺の地元市町間で,航空機の騒音問題が発生していたのです。
拡張より伊丹空港の廃港要求が伊丹市等で決定されてしまいました。
成田が今でも完成しきって無い様に、そのまま進めると成田の二の舞になる事が予想されたのです。

成田が地元と当時の政府野党の反対で完成が十年遅れた事はご存知ですか?
十年の遅れは,人件費,物価の値上がり、営業損失など
当初予算を大幅に上回り大きな政治問題になりました。

やむを得ず大阪湾岸の町で他に3ヶ所候補地が計画され地元の協力が得られた泉南の人工島に決定したのです。
この間に5、6年以上は使用したと思います
そして伊丹の廃港が決定しました。

関空が完成し各空港会社は伊丹から引っ越して関空で活動を始めましたが、伊丹の商店街始め民間企業は,大変な経済の地盤沈下を生じ、伊丹市の経済活動に広大な影響が出てしまったのです。
伊丹市は,廃港案を取り下げてもらいに大阪府や運輸省
に陳情することになり、存続を願い出たのです。

飛行スケジュールの変更は国際便との連絡の無い一部国内便のみと言うことになりました。
伊丹と関空と両方に旅客カウンターや整備施設を作るのは
航空会社にとっても二重の負担になるからです。
又航空会社は伊丹の嫌われ者でもあったのです。

ここで貴方の疑問に帰ります。
伊丹に成田行きがあったのは,関空が無い時の話しです。
伊丹が便数を増便する余裕が無くなり将来を考えたとき
関西にも成田並みの空港が必要であると高度成長時代ですから考えられて関空が出来たのですから、関空の活性化を図る計画を立てるのが筋だと思います。

関空から航空会社の撤退が起きるのは関空の空港使用料が高いからです。
その分、旅客運賃も上がり、旅客減少,空港会社の撤退、と言う図式になっています。
関空の空港使用料は世界で一番高く二番は成田だそうです
高い理由は,運輸省が空港の工事費用の負担を空港に返還させるようにしているからです。

空港は公共財ですから税金の使い方としてこのシステムが
正しいのかを考えるべきではないでしょうか。

ちなみに農水省は,端から採算の取れない農道空港を全国に八箇所も建設しています。

関空は現時点で最新の設備を備えた空港です。
関西だけでなく西日本全体をフォローし、東日本は成田を活性化させるようにするのが自然だと思います。
地盤沈下を認めるので無く沈下の原因を取り除くのが先決と思います。
高い代金を取って沈下させ、広大な設備を無駄にするのと出来るだけ安くして大勢の人や企業に利用して貰うのと
どちらが効率的でしょうか・・・・・・

長くなりましたがお解り頂けたでしょうか?
お礼コメント
ace

お礼率 50% (6/12)

たいへん詳しい説明を頂き、ありがとうございます。わたしは、まだ大阪に来て4年弱なので、関空ができる以前の大阪の空の状況はあまり存じておりませんでした。現在の関空は、やはり日本の空港の中では最先端で、非常に優秀です。それなのにあまり活用されないのは、やはり税金の使い方に疑問がありますね。先日の報道で、二期工事の見直し等の議論が持ち上がったり、宮沢蔵相の発言等、関空が見直されるのはいいことですが、今の関空をもっとよくしていこう、ということを国、自治体、運輸省、そして国内航空会社が考えていく時期だと思います。
大変参考になりました。ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ