OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

トヨタのカンバン方式って?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.118954
  • 閲覧数847
  • ありがとう数61
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 42% (73/171)

よく、トヨタのカンバン方式というのを耳にしますが、カンバン方式とは一体どのようなものなのでしょうか?
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 16% (68/404)

「カンバン方式とは、部品を必要なときに、必要な量だけ調達し、最小限の在庫で効率的に生産する方式」という事です。
確か部品納入業者が部品を納める場所に部品の名前を書いた看板がある事からカンバン方式と呼ばれるんじゃなかったでしょうか?
余分な在庫を持たないので、トヨタは楽なんですけど、部品が必要なときすぐ部品を納めなければいけない下請け会社はたまったもんじゃないですよね。部品をすぐ納められるようにトヨタの工場の周りは部品を積んだ下請け会社のトラックがいっぱいだったようです。
でも、在庫をもたないので、日本坂トンネル事故の時は部品の納入が遅れて、工場もストップしちゃったんですよね。
で、その下請け会社に損害賠償を請求したりしたんじゃなかったでしたっけ?
ひどい話ですよね。
お礼コメント
tachyon

お礼率 42% (73/171)

お早い回答ありがとうございます。URLも教えていただき、感謝です。
投稿日時 - 2001-08-17 20:57:10
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 45% (47/103)

トヨタのかんばん方式は、既に生産管理の分野では王道ともいうべき理論となってまして、関係書籍もごまんと出ております(Amazon.co.jpなどで「かんばん方式」「トヨタ式生産方式」などでひいてみてください。山ほど出ます(^_^))。 と、これだけではあんまりなので、 下のサイトを見てみてください。 ...続きを読む
トヨタのかんばん方式は、既に生産管理の分野では王道ともいうべき理論となってまして、関係書籍もごまんと出ております(Amazon.co.jpなどで「かんばん方式」「トヨタ式生産方式」などでひいてみてください。山ほど出ます(^_^))。

と、これだけではあんまりなので、
下のサイトを見てみてください。
お礼コメント
tachyon

お礼率 42% (73/171)

とてもいいURLを教えてくださいました。ありがとうございます。
投稿日時 - 2001-08-17 20:58:03


  • 回答No.3
レベル6

ベストアンサー率 40% (2/5)

正確にはJIT(Just In Time)方式といいます。 通称「かんばん方式」です。 「必要なものを、必要な時に、必要なだけ届ける」ことにより、余計な材料や人材を省くことをいいます。 これは、「管理会計」の手法のひとつです。 管理会計とは、自分たちの会社を発展させるために、無駄を省くことを目的として、いろいろな数字を集計して会社経営者の意思決定や業績管理のための資料などを提供し、それを分析す ...続きを読む
正確にはJIT(Just In Time)方式といいます。
通称「かんばん方式」です。
「必要なものを、必要な時に、必要なだけ届ける」ことにより、余計な材料や人材を省くことをいいます。

これは、「管理会計」の手法のひとつです。
管理会計とは、自分たちの会社を発展させるために、無駄を省くことを目的として、いろいろな数字を集計して会社経営者の意思決定や業績管理のための資料などを提供し、それを分析することによって無駄を省くことを目的としています。
管理会計をおこなうためには、様々な手法があります。この「かんばん方式」は「管理会計」という、会社を発展させるための手法のひとつだと思ってください。
お礼コメント
tachyon

お礼率 42% (73/171)

回答ありがとうございます。ポイントをあげることができなくて、ごめんなさい。
投稿日時 - 2001-08-17 20:59:16
  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 34% (97/285)

かんばん方式の理論はnobor3さんのとおりだと思います。 実際には、自動車の生産ラインを想像してください。 ある工程で部品Aが必要だとします。 部品Aは一列にストックして、前から順番に使っていきます。 このストックの列にたとえば在庫100個ごとに『部品A-100個』と書いた『かんばん』と呼ばれる札を挟んでおきます。 使う人はこの『かんばん』が出てきたら部品Aの製造部門へ渡します。それをもと ...続きを読む
かんばん方式の理論はnobor3さんのとおりだと思います。

実際には、自動車の生産ラインを想像してください。
ある工程で部品Aが必要だとします。
部品Aは一列にストックして、前から順番に使っていきます。
このストックの列にたとえば在庫100個ごとに『部品A-100個』と書いた『かんばん』と呼ばれる札を挟んでおきます。
使う人はこの『かんばん』が出てきたら部品Aの製造部門へ渡します。それをもとに部品Aを製造します。
『100個使ったから100個製造』でJustInTimeです。

この簡単な理論を適用していくと、在庫管理、発注管理、発注予測が不要となり、高価なコンピュータを導入しなくても一連の在庫管理システムが構築できます。

上記の例では100個ごとにカンバンを挟みましたが、これの応用で、ストックの後ろから100個に1枚だけカンバンを挟むと『在庫が100個を下回ったら発注』になります。
お礼コメント
tachyon

お礼率 42% (73/171)

回答ありがとうございます。ポイントは二人しかあげることが出来ないんですね…。ごめんなさい。
投稿日時 - 2001-08-17 20:56:18
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ