OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

ヤマハFZR1000について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.118211
  • 閲覧数628
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 0% (0/1)

ヤマハFZR1000の購入を考えていますが、モデルチェンジに詳しくなくて、どの年式にするか決めかねています。90年式以降のモデルチェンジに詳しい方、変更点など教えてやってください。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル1

ベストアンサー率 0% (0/0)

ヤマハのSS系のフラッグシップスポーツとして、欧米地区輸出用に開発された。 エンジンはFZ750に搭載されたユニット(通称:ジェネシス)をベースにボアアップ。ヘッドはDOHC5バルブを採用。 エンジン形式は3GM型 1002cc、 水冷直列4気筒DOHC5バルブ。 最高出力 145ps/10000rpm、最大トルク 10.9kg-m/8500rpm 車体重量は乾燥重量で208kg FZR400のア ...続きを読む
ヤマハのSS系のフラッグシップスポーツとして、欧米地区輸出用に開発された。

エンジンはFZ750に搭載されたユニット(通称:ジェネシス)をベースにボアアップ。ヘッドはDOHC5バルブを採用。

エンジン形式は3GM型 1002cc、 水冷直列4気筒DOHC5バルブ。
最高出力 145ps/10000rpm、最大トルク 10.9kg-m/8500rpm
車体重量は乾燥重量で208kg

FZR400のアルミデルタボックスフレームや、冷気を外気から導入するFAI(フレッシュ・エアー・インテーク)を採用。

1987年に発表されたが、販売の中心となる欧州ではタンデム走行でのツーリング等の需要のために、250や400同様の分割式のシートではなく、タンデムしやすい形状に変更されている。(オプションでシングルシートカバーも用意されていた。)

1989年にはシリーズ初のフルモデルチェンジを行い、FZR750R(OW01)のデザインを基本とする事で250から1000まで統一されたデザインで登場した。メカニズムには排気デバイスであるEXUPが搭載され、エンジンもボアアップされた。

1991年にはフロントフェイズの変更を行い、2眼のフェイスからプロジェクター方式にライトの変更や正立フォークが倒立フォークになった他、フレーム形状も少し変更されるとともに、145→135psへとダウン。
その後、93年まではカラーリングチェンジがメインとなる。

1994年にはフロントフェイズの大幅な改良が行われ、ライトが猫目タイプに変更された(YZF750SPのデザインを踏襲)他、6ポットキャリパーの採用の改良がなされるが、翌年(1995年)のモデルを最後にYZF1000R にフルモデルチェンジを行い生産終了となる。


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
購入や整備のポイント。車好きだから知ってる豆知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ