OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

日本は、いつ侵略戦争をしたのでしょうか?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.118084
  • 閲覧数422
  • ありがとう数38
  • 気になる数0
  • 回答数23
  • コメント数0

お礼率 100% (23/23)

 小泉首相の靖国参拝にからんでのいくつかの質問の回答に、過去の歴史、
日本の侵略の歴史と言っている人たちがいますが、具体的にはどの歴史的
事柄を指しているのでしょうか?
 日本・朝鮮戦争はなかったし、日本・フィリピン戦争も日本・インドネ
シア戦争もなかったと思うのですが、満州族による朝鮮支配や、アメリカ
オランダによるフィリピン・インドネシア支配は正当なのでしょうか?
 靖国参拝を非難している中共北京政府が今現在行っている、チベット・
新疆の支配は、侵略ではないのでしょうか?
通報する
  • 回答数23
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.22
レベル11

ベストアンサー率 29% (74/253)

No.15の返答についてのコメントです。

>今の社会、今の日本に問題が無いとは言いませんが、少なくとも飢えに苦しみ、
>暴力におびえ、世界のどの国へ行っても、屈辱的な扱いをされることは無いと
>思います。
>あなたの評価や批判は、父祖達の努力や苦しみを考えてのものですか?

はい、そうです。
個人的なことを言えば、父方の祖父は太平洋戦争末期に徴兵されました。
あまり詳しくは知らないのですが、硫黄島に出撃する途中で終戦を迎えたと、
祖母や母から聞いています。
我が家の家系は頭が薄くなりにくいのに、祖父だけは南方でマラリアに罹った
ためにハゲになってしまいました。

母方の祖父は、太平洋戦争以前に従軍し、満州に何年かいたと聞いています。
幸いなことに、どちらも戦死せずに無事復員しています。


ところで、type2さんも多かれ少なかれ感じているようですが、私も義務過程で
歴史教育を受けましたが、内容については多くの疑問を感じていました。
特に、明治以降何かと日本が悪く書かれていることについては、あまりいい気分
はしなかったことを覚えています。

その後高校の課程で世界史を習ったのですが、そこで始めて歴史の面白さに
目覚め、さらに司馬遼太郎全集にハマり、徐々に自分なりの歴史観を構築して
いきました。


自分で歴史を学ぶなかで、特に日本について思いをめぐらすときに太平洋戦争は
避けて通れない事柄です。
学生の頃に昭和天皇が崩御したのですが、その時にどのテレビ局でも特集を組ん
でいたのですが、そこで始めて昭和史というのを通して知ることができ、今まで
学んできた歴史とずいぶん違っていたことに驚いたものです。


最近、思うところがあってまた戦前・戦中の歴史を調べています。
太平洋戦争についてはいろんな見方がありますが、なぜ日本中が焦土となるまで
ボロクソに負けたのか、戦争終結のシナリオさえ描けないままで勝つ見込みの
無い戦争に突入したかの理由を探そうとしていました。

そこで知ったのは、己の功績をあげることばかり考えていた陸軍の参謀の幼稚さ、
彼らに引きずられるままに暴走した軍部と、それを制止できなかったい政府の
情けなさです。

軍人全てが幼稚だとは言いません。個別に見ていけば立派な人も多くいます。
しかし、陸軍参謀の動向を調べれば調べるほどアホらしさを感じるようになって
しまいました。
日露戦争当時、政府と軍が一丸となり、巧みな連携プレイをとって大敵ロシアに
立ち向かっていったことを知っているだけに、なおさらそう感じています。

私が太平洋戦争の肯定論者に成りきれないのは、過程よりも結果を重視するから
です。どれだけ立派に戦おうとも、戦争に負け、国土が荒廃した結果を見ると、
やはりどこかに間違いがあったのではないかと思わざるをえません。


「日本の国運四十年周期説」というのを聞いたことがありますか。
学問的には立証されていないと思いますが、明治維新以降40年単位で国が興隆・
衰退しているという説です。

大雑把に言えば、明治維新後、日露戦争勝利までの約40年間日本の国運は興隆
します。
その後国運が衰退し、やがて敗戦を迎えます。(この間も約40年)
その後廃墟の状態から復興が始まり、経済が発展して外貨準備高世界一になる
1980年代半ばまでが約40年です。

上記の説によると現在は衰退期にあり、あと何十年かするとまた国が破綻を
迎えるという推測ができます。ここ10年程の政治・経済の混乱ぶりを見ると、
日本が衰退期にあるという考えを打ち消すことができません。

しかし、人間は学ぶことができますから、歴史を上手に学べば過去の誤ちを回避
することができるのではないか、ひょっとすれば衰退してく運命を覆せるのでは
ないか、そういう風に私は考えています。


進んで死者に鞭打つ気持ちはありません。知覧から出撃した特攻隊員や、戦後
シベリアで強制労働をしてきた方たちのことを思うと、本当に胸が痛みます。
しかし、未来を築くため、同じ歴史を繰り返さないために、過去の歴史をどう
評価するかというのは重要なことではないでしょうか。

過去の歴史を変えることはできませんが(歴史解釈の変更はできるけれど)、
未来はこれから創造できるものと信じています。

type2さんも国を愛するがゆえの発言かと思いますが、私も思いは似たような
ものです。ただし、観点が少し違うだけではないかと思います。


最近、田原総一郎氏の「日本の戦争」を読んでいます。
田原氏はすこ~し左翼的な方のように思っていたので今まで敬遠してきたので
すが、この本は読み応えがあります。明治時代については多少違和感を感じて
いますが、昭和初期の記述については、実に読み応えがありました。
ご参考まで。
お礼コメント
type2

お礼率 100% (23/23)

ご回答ありがとうございます。(これは8月19日に書き込んでいます。)

>日本が焦土となるまでボロクソに負けたのか・・・
ある意味では、そこまで徹底してやったから戦後の日本があるのだと思います。

>四十年周期説・・・
>日本が衰退期にある・・・
>衰退していく運命を覆せる・・・
日露戦争により、欧米(白人)による世界の植民地化の歴史が止まったとする解釈があります。大東亜戦争により、植民地解放の歴史が始まったとする解釈があります。
大東亜戦争のような悲劇を繰り返したくない、過去の過ちを回避したいと考えるならば、日本の歴史だけでなく、世界の歴史も同じように見る必要があるのではないでしょうか?

>田原総一郎氏の「日本の戦争」を・・・
田原総一郎さんの「日本の戦争」は、確かSAPIOとういう雑誌の連載を一冊にまとめたものだったと思います。雑誌連載の頃は、これまでの田原総一郎さん自身の考えに疑問を持って、歴史の見直しを行っているということを感じられましたが、本に纏めたときにかなり変更されたようです。機会があれば、SAIPO連載時のものも読んでみると面白いと思います。

日下公人さんや小室直樹さんの本も読んでみると、大東亜戦争に対する見方が広がると思います。
投稿日時 - 2001-08-19 15:21:00
-PR-
-PR-

その他の回答 (全22件)

  • 回答No.7
レベル11

ベストアンサー率 29% (74/253)

またまた追加のコメントです。 >民兵やゲリラとして戦った人たちというのは、なぜ日本と戦い、なぜそれまで >殖民地支配を行ってきた欧米諸国とは戦わなかったのでしょうか? 裏を返せば、欧米の真似をして植民地政策を取ってきた日本に対する抵抗は かなりありました。背後で欧米諸国の軍事援助があったようですが。 中国では、植民地支配をしてきた日本に対して、粘り強い抵抗がありましたし、 はっきり ...続きを読む
またまた追加のコメントです。

>民兵やゲリラとして戦った人たちというのは、なぜ日本と戦い、なぜそれまで
>殖民地支配を行ってきた欧米諸国とは戦わなかったのでしょうか?

裏を返せば、欧米の真似をして植民地政策を取ってきた日本に対する抵抗は
かなりありました。背後で欧米諸国の軍事援助があったようですが。

中国では、植民地支配をしてきた日本に対して、粘り強い抵抗がありましたし、
はっきりとは知りませんが、韓国人も国外(当時の朝鮮の外)で抵抗していた
ようです。

毛沢東率いる共産党軍は、ほとんどゲリラでしたね。
お礼コメント
type2

お礼率 100% (23/23)

ご回答ありがとうございます。

>欧米の真似をして植民地政策を取ってきた日本・・・
日本が、欧米の真似をした植民地政策を採用したという事実を知りません。
欧米の植民地政策とは、植民地における先住民(もしくは非白人)からの行政・裁判・軍事能力の剥奪(もしくは白人との差別的二重化)によって、殖民地における経済的利益を支配国によって独占するための政策をさしているのだと思います。
日本が、どこでそのような政策をとったのでしょうか?
具体的に教えていただけますか?

>中国では、植民地支配をしてきた日本・・・
日本において植民地といえるのは、もとのドイツ領であり第一次世界大戦後に委任統治領となった南洋諸島だけだと思います。
戦争遂行のために占領した地域は、殖民地とは言えないのではないですか?
また、台湾・朝鮮は日本国の一部として扱われており植民地ではありません。当地の先住民も日本人と同様の権利を与えられていました。

大陸における日本の植民地というものについて、具体的に教えていただけますか?
投稿日時 - 2001-08-15 11:50:42
  • 回答No.8
レベル12

ベストアンサー率 23% (124/534)

侵略でなければ。なぜ軍隊を送って急襲する必要があるのでしょうか。インドネシア、香港、シンガポ-ル、タイ(親日ですよ。それでも戦闘があったのです)ビルマペトナム などに。朝鮮は西郷さんの征韓論がありますが、これは実現しませんでしたか、江華島事件があります。日本も植民地を解放するという名目で援助しましたが、なぜか、現地の人には嫌われることが多かったのです。日本語の強制、現地の風習を踏みにじることが多かったので ...続きを読む
侵略でなければ。なぜ軍隊を送って急襲する必要があるのでしょうか。インドネシア、香港、シンガポ-ル、タイ(親日ですよ。それでも戦闘があったのです)ビルマペトナム などに。朝鮮は西郷さんの征韓論がありますが、これは実現しませんでしたか、江華島事件があります。日本も植民地を解放するという名目で援助しましたが、なぜか、現地の人には嫌われることが多かったのです。日本語の強制、現地の風習を踏みにじることが多かったのでしょうか。いまでも日本の軍隊に殺された人びとは忘れてはいません。なぜインドネシアが独立できたのかは、日本が戦争に負けて、日本の兵隊が日本に帰るとの日本の軍隊に殺されるかもしれないと思い、日本人にですよ、帰らずにインドネシアでインドネシアの人とオランダと戦ったのです。植民地にひとびとも日本の援助なしでも戦っていたのです。なぜ植民地にした国は長いのに.3年くらいの占領で、なぜ日本人が憎まれているのか、私にはよほど日本人は憎まれることをしたのかと思えてなりません.type2さんはそれらの人がいることをアジアでいった時に聞いて見てください.日本の軍票をご存知ですか.
これも強制的に交換させたのです.戦争に負けて、支払われなかったと思います.
いろんな国からの資料を読んで見てください.それどぞれの国の立場でかかれているので.日本人が読むと腹の立つことも覚えることもありますが、これは日本人として見るからで、たの国ではこんな見かたをしているのかと言う事もわかります.冷静に考えて見ることも必要です. ウイグル、チベットなどは、その民族の人々がどう捉えるかでしょう.ダイラマからすれば、侵略でしょう.他の国に了解もなく軍隊を送るのは侵略と思います. 「略とは、侵(おか)し、奪う(略奪)という行為を含んでいると思うのですが、日本は日本の占領地域の何を侵し、何を奪ったのでしょうか? 」ですが、なにも奪わなくても、勝手に軍隊を送ること侵略ではないでしょうか. 
お礼コメント
type2

お礼率 100% (23/23)

ご回答ありがとうございます。

>侵略でなければ。なぜ軍隊を送って・・
戦争は普通軍隊を送って行うもので、軍隊を送ったからというだけで、「侵略」戦争とは言わないのではないですか?

>インドネシア、香港、シンガポール・・などに
そこにオランダ軍、イギリス軍がいたからではないでしょうか?
あくまで、日本は英米を主力とする連合軍と戦っており、なぜ連合国との戦争が「侵略」戦争となるのでしょうか?

>日本人は嫌われることが多かった・・・
台湾をはじめとして日本人を愛してくれた人たちもたくさんいたのではないでしょうか。また、日本の軍隊に殺された遺族の方々は、日本を忘れないでしょう。戦争とはそういうものですから、しかしそれは「侵略」戦争とは関係ないのではないでしょうか?

<>
たくさんの書き込みありがとうございます。searchingboyさんはいろいろな国の資料をお読みになったみたいですが、日本人として、日本の立場で書かれた本をお読みになったことはありますか?
東南アジアの諸地域は、オランダ、イギリスなどの植民地でした。日本は国家の存続のために必要な石油や天然ゴムなどの購入を断られたために、戦争を行いました。奪うためではなく、生きるためにはじめた戦争です。
了解もなく軍隊を送るのが「侵略」だということですが、生きるために戦う「自衛」の戦争もあるのではないですか?
了解も無く軍隊を送ることが「侵略」であり、日本が軍隊を送ったこと自体が「侵略」戦争だというならば、それは世間一般の常識からかけ離れた定義だと思います。

せっかくの日本の「侵略」戦争に対するご回答ですが、searchingboyさんのご回答は、私には納得できません。
投稿日時 - 2001-08-14 20:25:56
  • 回答No.9

前の方々の意見に補足させていただきます。日本の侵略戦争は、今までの歴史で類を見ない程悲惨な侵略方法を取っていました。特に韓国人に対しては言語を奪い、思想を奪い、名前まで奪いました。反日を唱える者がいれば、わざわざ我が子の前で虐殺したり、江戸時代に日本で行われたような拷問を繰り返しました。また中国人には、代表的なのが満州の731部隊による人体実験、また南京での大虐殺(おそらく事実でしょう、全員殺されたので今 ...続きを読む
前の方々の意見に補足させていただきます。日本の侵略戦争は、今までの歴史で類を見ない程悲惨な侵略方法を取っていました。特に韓国人に対しては言語を奪い、思想を奪い、名前まで奪いました。反日を唱える者がいれば、わざわざ我が子の前で虐殺したり、江戸時代に日本で行われたような拷問を繰り返しました。また中国人には、代表的なのが満州の731部隊による人体実験、また南京での大虐殺(おそらく事実でしょう、全員殺されたので今だ真実が闇に埋もれていますが)を行ったりしました。そして従軍慰安婦(これもおそらく事実でしょう、完全にこの問題は解決していませんが)をアジア中から呼び集めたりしました。侵略は侵略でも潔くないというか、卑劣なやり方なため、批難されているのだと思ってやみません。広島の原爆記念館では、今でも日本人の被爆者の慰霊碑は公園の中で、韓国人の被爆者の慰霊碑は公園の外にひっそりとあります。一例にすぎませんが、このような人種差別が存在する限り、日本は批難され続け
ると思います。
お礼コメント
type2

お礼率 100% (23/23)

ご回答ありがとうございました。

プロパガンダという言葉をご存知ですか?
「政治宣伝」と言われるもので、その活動には、他の国またはイデオロギーの異なる集団を貶めるための情報操作、情報活動が含まれています。

「南京」、「慰安婦」、「731」ですか、もしあなたが日本人であり、日本の書店に行くことが可能であれば(できるだけ大きいところが良いですね)、書店の近現代史のコーナーを見てください。これらについて否定・肯定の本がたくさん並んでいます。

「南京」に関する以下の本を読み比べてみてください。

  南京への道 :(著者)本多勝一、(出版社)朝日新聞社
 「南京虐殺」の徹底検証 :(著者)東中野修道、(出版社)展転社

“南京への道”が書店の近現代史のコーナーになければ、朝日文庫のシリーズとして、文庫本コーナーに移されているかもしれません。
“南京への道”は具体的ですが実証的でなく、“「南京虐殺」の徹底検証”は総合的かつ実証的です。
“南京への道”は、日本兵が行ったとされる行動について、細部まで細かく(具体的に)読むに耐えないほど記述しています。しかし、記述の根拠は、共産北京政府から派遣された随行員や、その随行員から紹介された人物の主張のみです。複数の資料による検証や、立場のことなる人たちの証言や批判を元に、その主張が事実かどうかの検討(実証)をまったく行っていません。
“「南京虐殺」の徹底検証”は、各種資料や当時の人々の証言を幅広く(総合的に)集め、事実の認定とその認定の根拠を明確に記述しています。

もし、この2冊を読み比べてみて、それでも「南京」での日本軍の行動が、CARPKAIJIさんの回答のように非難されるべきものであると考えるならば、その理由を教えてください。

CARPKAIJIさんの回答の「南京」以外の記述についても、反日プロパガンダとして広められている情報のみをもとに、一方的に書かれているように思えます。

CARPKAIJIさんの言われる、日本の「侵略」戦争は、事実認定から誤っているのではないでしょうか?
投稿日時 - 2001-08-15 13:01:32
  • 回答No.10
レベル11

ベストアンサー率 29% (74/253)

No.9のCARPKAIJIさんへ、一部反論させてください。 >また南京での大虐殺(おそらく事実でしょう、全員殺されたので >今だ真実が闇に埋もれていますが)を行ったりしました。 全員殺されたというのはどこから聞いた話ですか? 手元に資料がないので記憶ベースの発言ですが、全ては殺していないと 思いました。 個人的に調べた範囲では、南京大虐殺があったのはおそらく事実でしょう。 事件 ...続きを読む
No.9のCARPKAIJIさんへ、一部反論させてください。

>また南京での大虐殺(おそらく事実でしょう、全員殺されたので
>今だ真実が闇に埋もれていますが)を行ったりしました。

全員殺されたというのはどこから聞いた話ですか?
手元に資料がないので記憶ベースの発言ですが、全ては殺していないと
思いました。

個人的に調べた範囲では、南京大虐殺があったのはおそらく事実でしょう。
事件後の日本軍高官や政府関係者の発言を調べる限り、事件があったことを
否定できません。

ただし、よく聞く「30万人」という数字には疑問を持っています。
当時の南京には、そんなに人がいなかったからです。
但し、数字の大小はともかくとして、虐殺のあったことは事実でしょう。

その他の記述については、否定はしません。歴史的事実は事実です。

ただし、表現の仕方については疑問を持ちます。
例えば
「今までの歴史で類を見ない程悲惨な侵略方法を取っていました。」
というのは、何と比較してそのようなことを言っているのでしょうか。

私個人としては、type2さんの国に誇りを持ちたい意図は十分理解しますが、
歴史的な事実を歪曲してまではそうしたいとは思いません。
自虐史観には反対の立場ですが、なるべく歴史の事実を見据えながら、中庸
の姿勢で理解したいと思っています。
お礼コメント
type2

お礼率 100% (23/23)

ご回答ありがとうございます。

>事件後の日本軍高官や政府関係者の発言を調べる限り・・・
日本軍による南京占領は、一般人および文化遺産への被害の極小化(安全区の指定と安全区への徹底した攻撃回避、孫文の墳墓での戦闘抑止など)、厳正な軍規、可能な限りの治安維持活動による犯罪の抑制など、他の都市攻囲戦とは比較にならないほどの良識的な戦闘だったと思います。
cse_riさんが調べた、事件があったことを否定できないという、日本軍高官や政府関係者の証言について教えていただけませんか?

>その他の記述については、否定しません。・・・
その他の記述においても一般的に否定されている内容が多いのですが、cse_riさんがそれらの記述を否定しないという理由を教えていただけませんか?

>歴史的な事実を歪曲してまで・・・
日本の歴史は、素直に学べば十分に誇りのもてるものだと考えています。
日本が「侵略」戦争をしたとか、cse_riさんが“否定しない歴史的事実”とおっしゃているようなことが、歴史を歪曲しているものではないのでしょうか?
投稿日時 - 2001-08-15 14:34:51
  • 回答No.6
レベル11

ベストアンサー率 29% (74/253)

追加のコメントです。 >民兵やゲリラとして戦った人たちというのは、なぜ日本と戦い、 >なぜそれまで殖民地支配を行ってきた欧米諸国とは戦わなかったのでしょうか? 実例を挙げましょうか。 インドネシアでは、太平洋戦争終了後に、宗主国のオランダに対しての 独立戦争が勃発しました。 歴史の偶然と言っていいかもしれませんが、日本がインドネシアを占領 していた時に、行政組織を整備したことと、 ...続きを読む
追加のコメントです。

>民兵やゲリラとして戦った人たちというのは、なぜ日本と戦い、
>なぜそれまで殖民地支配を行ってきた欧米諸国とは戦わなかったのでしょうか?

実例を挙げましょうか。
インドネシアでは、太平洋戦争終了後に、宗主国のオランダに対しての
独立戦争が勃発しました。

歴史の偶然と言っていいかもしれませんが、日本がインドネシアを占領
していた時に、行政組織を整備したことと、現地の人達に軍事訓練をした
こと、終戦時の参謀が日本軍の武器を連合軍に引き渡さず独断で現地の
独立軍に与えたこと、裏はとってませんがかなりの数の日本人が義勇軍と
して参加したことにより、始めて勝利し、独立を勝ち取りました。

それ以前は、とてもじゃないが宗主国に対して独立戦争を挑むほどの力が
なかったんです。

結果論だけで言えば、太平洋戦争により東南アジアの諸国が独立できたと
いう言い方もできます。しかし、それは予期せぬ結果であり、これをどう
評価するかは、現地の国々にゆだねるべき事柄ではないかと思います。
お礼コメント
type2

お礼率 100% (23/23)

ご回答ありがとうございます。

>行政組織を整備し・・・軍事訓練をした・・・
つまり、日本は永続的にインドネシアを占領するつもりは無く、やがて独立させる予定だったということだと思うのですが、どのように評価すると日本がインドネシアを「侵略」したとなるのでしょうか?

>かなりの数の日本人が義勇軍として参加し・・・
インドネシアで戦っていた日本人も、インドネシアの独立を願ったいたから義勇軍として参加したのではないですか?

このことをみても、日本や日本人に「侵略」の意思はなかったと思うのですが、cse_riさんは、なぜ日本が「侵略」したと考えるのでしょうか?
投稿日時 - 2001-08-14 19:16:20
  • 回答No.5
レベル11

ベストアンサー率 29% (74/253)

No.1の方へのコメントについての、コメントです。 >:たとえば当時のシンガポールはイギリス領なので、myeyesonlyさんは、 >日本がイギリスを侵略したと考えているのですか? 日本軍が東南アジアに軍隊を進めた時、名目は「植民地解放」と言って ましたが、戦略的には「鉱物資源を押さえる」ことでしたから、 建前と本音のどちらを取るかで解釈が変わってくると思います。 シンガポールに ...続きを読む
No.1の方へのコメントについての、コメントです。

>:たとえば当時のシンガポールはイギリス領なので、myeyesonlyさんは、
>日本がイギリスを侵略したと考えているのですか?

日本軍が東南アジアに軍隊を進めた時、名目は「植民地解放」と言って
ましたが、戦略的には「鉱物資源を押さえる」ことでしたから、
建前と本音のどちらを取るかで解釈が変わってくると思います。

シンガポールについてですが、残念ながら「侵略」になってしまうかと思います。
理由は簡単で、現地の人から受け入れられなかったからですね。
シンガポール上級相のリー・クアンユーさんの自伝を読んだことがありますが、
日本軍がシンガポールを占領した時に、華人に対する虐殺を伴う、
大弾圧があったそうです。
少なくとも、諸手を上げての歓迎とはいかなかったみたいですね。


>:連合国のなかにフィリピンやマレーシア政府が含まれているとは
> 知りませんでした。
> ところで、当時のフィリピンやマレーシア政府の代表はどなたですか?
> その代表はどのようにして選ばれたのですか?

東南アジアの幾つかの国に対して、日本は戦後賠償金を払っているのは事実です。


>侵略とは、侵(おか)し、奪う(略奪)という行為を含んでいると思うの
>ですが、日本は日本の占領地域の何を侵し、何を奪ったのでしょうか?

これも国によります。
インドネシアやビルマのように、実質的に植民地解放をした国もありますし、
(けれどもインドネシアについては、石油などの資源が欲しかったので、
 当時の日本政府は独立を認めなかった)
フィリピンのように米軍との激戦地になり、その過程で多くの現地の人たち
の命を奪ってしまった国もあります。

中国では、戦争の過程で多くの人的・物的被害を中国と中国人に与えました。
戦後、中華民国の蒋介石氏が一方的に賠償放棄をしたので知る人は少ないかも
しれませんが、太平洋戦争で最も多くの被害を被ったのは中国であることも
事実です。
("三光作戦"って知ってます?私の口から言いたくないので、自分で調べて下さい)
お礼コメント
type2

お礼率 100% (23/23)

ご回答ありがとうございました。ただいくつかについて・・・

>シンガポールですが・・・「侵略」になってしまう・・・
シンガポールは、マレー半島にあるマレー人の土地だったはずですが、いつから華僑が現地人になったのでしょうか?
マレー人にとっては、華僑もイギリス人と同じ侵略者なのだと思うのですが、cse_riさんは、華僑に対する戦闘により、日本が「侵略」戦争をしたと考えているのですか?
華人に対する虐殺というのは、南京と同じようなでっちあげだと思うのですが、何か虐殺につての具体的な事実をご存知ですか?
抗日ゲリラの処刑については知っていますが、当時ゲリラ行為はハーグ陸戦協定によって禁止されており、ゲリラ活動を行ったものはその場で処刑してよいことになっていたはずです。

>日本は戦後賠償金を払っている・・・
日本政府が、日本の侵略行為に対して賠償金を支払ったという事実は無いと思います。もしそのような事実があるのならば、具体的に教えてください。

>インドネシアに・・・独立を認めなかった・・・
>フィリピンのように米軍との激戦地になり、・・・
cse_riさんは、独立を認めなかったことや米軍との戦闘において犠牲者がでたことを日本の「侵略」であるとして、日本が侵略戦争を行ったと考えているのでしょうか。
何の理由も無く独立を認めず、さまざまな物資を対価も支払わずに取得したとすれば「侵略」といえるかもしれませんが、当時のインドネシアには独立の主体となるような人物も集団もなく、対価を支払う相手もいませんでした。いたとすれば誰なのか教えていただけませんか。
ご存知のように、インドネシア独立の中枢となったのは、日本軍により教育を受けた方々だったと思います。
フィリピンに米軍がいたから戦闘になり、フィリピン人も巻き込まれたと思うのですが、日本の戦闘行為により被害がでただけで、それを日本の「侵略」とは言わないのではないでしょうか?

>蒋介石氏が賠償を放棄した・・・
第一次世界大戦後のドイツへの過度の賠償が、第2次世界大戦を引き起こしたという認識が英米にはあり、アメリカ・イギリスその他の国も賠償を要求したことはありません。蒋介石氏が賠償を請求できなかったというのが事実です。そのかわりに、蒋介石氏および国民党は、大陸および台湾にあった莫大な日本資産をすべて自分達のものとしています。

>中国では・・・三光作戦って・・・
日本軍は常に現地住民への被害が最小となるように戦闘しており、日本軍によって戦闘相手であった国民党軍や共産党軍以外に、大きな犠牲が出たという話は知りません。
具体的には、どのような被害がでたのでしょうか?
三光作戦は、あまりにバカバカしい内容なので、当の共産北京政府でさえも言わなくなってきたのに、驚きました。とっくに否定されていたと思っていたのですが、日本のどの軍事行動が三光作戦だったと考えているのでしょうか、教えていただけませんか?
投稿日時 - 2001-08-14 18:51:57
  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 36% (3818/10368)

こんにちは。私もそれらしい?回答をした一人だと思いますので。 まず侵略とは何でしょう。私は、他の国の領土を勝手に取りあげて自国の領土にする事、もしくは植民地などにして自国民よりひどい扱いを強要する事だと思います。そうすると、日韓併合、満州への進出(日本軍が工作して行った満州国立国も)、日中戦争、フィリピン、マレーシアなど南方?諸国の一部や全部の占領・・・こういったものは侵略だと思うのですけど。実際第 ...続きを読む
こんにちは。私もそれらしい?回答をした一人だと思いますので。

まず侵略とは何でしょう。私は、他の国の領土を勝手に取りあげて自国の領土にする事、もしくは植民地などにして自国民よりひどい扱いを強要する事だと思います。そうすると、日韓併合、満州への進出(日本軍が工作して行った満州国立国も)、日中戦争、フィリピン、マレーシアなど南方?諸国の一部や全部の占領・・・こういったものは侵略だと思うのですけど。実際第2次大戦の戦争当事国でもありますし。
日本とフィリピン、インドネシア、朝鮮などは戦わなかったわけではありません。2国間だけの独立した戦争にはなってないけど、それらの国は連合国軍と一緒に民兵として、あるいはゲリラとして戦っていました。

#人によっては軍隊を送ることがすでに侵略だという人もいるでしょう。

もちろん他の国による支配もありました。それはそれで非難されるべきでしょう。しかしそれによって当時の日本の行為が免罪されたり情状酌量になるものではないと思いますけど。個別に考えるべき事で、それぞれの国が反省すべきことでしょうし、それぞれについて非難があって当然と思います。
お礼コメント
type2

お礼率 100% (23/23)

 ご回答ありがとうございました。ただいくつかについて・・・

 >他の国の領土を勝手に取り上げて・・・
  :たとえば当時のシンガポールはイギリス領なので、myeyesonlyさんは、日本がイギリスを侵略したと考えているのですか?

 >フィリピン、マレーシアなど・・戦争当事国でもありますし。
  :連合国のなかにフィリピンやマレーシア政府が含まれているとは知りませんでした。
   ところで、当時のフィリピンやマレーシア政府の代表はどなたですか? その代表はどのようにして選ばれたのですか?

 侵略とは、侵(おか)し、奪う(略奪)という行為を含んでいると思うのですが、日本は日本の占領地域の何を侵し、何を奪ったのでしょうか?
 占領と侵略は違うと思うのですが、いかがですか?
 民兵やゲリラとして戦った人たちというのは、なぜ日本と戦い、なぜそれまで殖民地支配を行ってきた欧米諸国とは戦わなかったのでしょうか?
投稿日時 - 2001-08-13 16:38:24
  • 回答No.2
レベル6

ベストアンサー率 21% (3/14)

あまり知識が無いのでたいした回答はできませんが、私はこのように考えます。 >具体的にはどの歴史的 事柄を指しているのでしょうか? 満州への進出、日中戦争、仏印進駐などをさしていると思われます。 >アメリカ オランダによるフィリピン・インドネシア支配は正当なのでしょうか? 支配よりも、植民地化した国に対する扱いのほうが問題視されているのではないのですか?支配地における虐殺や従軍慰安婦な ...続きを読む
あまり知識が無いのでたいした回答はできませんが、私はこのように考えます。

>具体的にはどの歴史的 事柄を指しているのでしょうか?
満州への進出、日中戦争、仏印進駐などをさしていると思われます。
>アメリカ オランダによるフィリピン・インドネシア支配は正当なのでしょうか?
支配よりも、植民地化した国に対する扱いのほうが問題視されているのではないのですか?支配地における虐殺や従軍慰安婦などです。
お礼コメント
type2

お礼率 100% (23/23)

ご回答ありがとうございます。ただいくつかについて・・・

占領と侵略は違うものではないでしょうか?

>満州への進出
満州で日本が行ったことは、ソ連および袁世凱をはじめとする軍閥からの満州地域の防衛、道路・鉄道の敷設、行政の整備、近代工業の育成などで、満州人から何かを奪ったということは無いはずです。

>日中戦争
日中戦争とは、おそらく盧溝橋事件から始まる、蒋介石率いる国民党との一連の軍事衝突のことを指しているのだと思いますが、国民党は宋一族などで作られている江南財閥の支援を受けた一軍閥に過ぎないのではないですか?
日中戦争というと、あたかも中国という国、中国政府という政府が存在していたかのような印象を受けますが、国民党が中国政府であるという根拠は何でしょうか?

>支配地における虐殺や・・・
虐殺の事例を具体的に教えてもらいたいのですが、もし日本軍の南京占領に関することを指しているのであれば、そのような事実はありません。
慰安婦にしてもそうですが、強制連行された「従軍」慰安婦などは存在せず、いたのは日本軍の周辺で営業していた娼家と娼婦ではないですか?

日本が植民地化した国々から何を日本が奪ったのですか?
日本が行ったどのような扱いが「侵略」行為として非難されねばならないのでしょうか?
投稿日時 - 2001-08-13 19:13:33
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 19% (16/84)

あまり知識がないのですが・・・ 日本は戦争に負けたからいろいろ言われるのではないでしょうか。 ...続きを読む
あまり知識がないのですが・・・
日本は戦争に負けたからいろいろ言われるのではないでしょうか。
お礼コメント
type2

お礼率 100% (23/23)

ご回答ありがとうございます。
戦争に負けたからというのは、まさにそのとおりだと思います。ただ、同じ日本人が、お国のために働いていただいた我われの父祖を、いわれもなく貶めているとすれば、それは見過ごすべきではないのではないでしょうか?
日本は、諸外国で本当にひどいことをしたのでしょうか?
日本は、本当に侵略戦争をしたのでしょうか?
投稿日時 - 2001-08-13 19:25:01
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 36% (3818/10368)

こんにちは。ご質問のようなので。m(__)m >日本がイギリスを侵略したと考えているのですか? 地理的に言うならイギリスではありません。マレーシアなど南洋諸国です。 行政府でいうなら仰るとおりでしょう。 >連合国のなかにフィリピンやマレーシア政府 それらの政府ができたのは、大戦後の事です。「当事国」という表現は該当する行政府が確立していないので言葉として間違っており取り消します。 ...続きを読む
こんにちは。ご質問のようなので。m(__)m

>日本がイギリスを侵略したと考えているのですか?

地理的に言うならイギリスではありません。マレーシアなど南洋諸国です。
行政府でいうなら仰るとおりでしょう。

>連合国のなかにフィリピンやマレーシア政府

それらの政府ができたのは、大戦後の事です。「当事国」という表現は該当する行政府が確立していないので言葉として間違っており取り消します。
本来表現したかった意味は、「その地域で実際に戦闘が行われその地域に住む人が擬性になった」という事です。

>日本は日本の占領地域の何を侵し~

日本が占領する前までは、イギリスやポルトガル、オランダ等が占領してました。日本の領土ではなかった所です。また、日本がそこに行って植民地にした目的は資源です。これは当時の日本政府が戦争目的として宣伝した大東亜共栄圏という構想にも出て来ます。

>占領と侵略は違うと思うのですが、いかがですか?

順番が違うかもしれません。

>殖民地支配を行ってきた欧米諸国とは戦わなかったのでしょうか?

戦わなかったという現実を知りません。植民地支配に対する抵抗はどこでもあったのではないでしょうか?日本が大々的に攻めてきたから当面の的として手を結ぶということはよくあることではないでしょうか。
お礼コメント
type2

お礼率 100% (23/23)

ご回答ありがとうございました。ただいくつかについて・・・

揚げ足取りのようにはしたくないので、はじめに伺いたいのですが、myeyesonlyさんが「侵略戦争」という言葉を使うときに、「侵略者」は犯罪行為を行ったものだという非難が含まれていませんか?
日本は、過去において犯罪行為を他国に対して行ったという意味で、「侵略戦争」という言葉を使われていませんか?

日本が過去「侵略」行為を行い、被侵略地域の人々を苦しめた、被侵略地域の人々に対して犯罪的な行為を行ったと考えているのならば、何を根拠にそう考えるのかということを教えてください。

日本が資源確保のために、イギリスその他の植民地を占領した。
これは犯罪行為ですか?
もし、東南アジア諸国が独立しており、その資源を購入できたならば、日本は戦争する必要はありませんでした。近代国家として存続するためには、石油をはじめとする天然資源は必須のものです。近代国家として存続できなければ、欧米の軍事力に対抗する力を失えば、日本も植民地となるしかなかったのですが、myeyesonlyさんは、日本も植民地になるべきだったと考えているのでしょうか?

東南アジア諸国における戦争で現地の方々に犠牲が出たことは、戦争中の不幸な出来事だとは思いますが、それは「侵略」ではないのではないでしょうか?

民兵やゲリラについてですが、具体的にどの地域のどのような人々のことでしょうか?

もし、シンガポールにおける華僑の反日活動のことであれば、華僑はシンガポール独立のためには戦っていません。イギリス植民地における自分達の権益のために戦っただけです。
投稿日時 - 2001-08-13 20:16:48
22件中 1~10件目を表示
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ