-PR-
解決
済み

te ni ase

  • すぐに回答を!
  • 質問No.11783
  • 閲覧数330
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 66% (4/6)

watashiwa itumo te ni asewo kakundesu.
dakara itumo beto2....
kintyou shitari kimotiga takabutteri atukatteri
suruto demasu.
hidoitokiniwa pota2 otitekitari....
koredewa akusyumo tewotunagukotomo dekimasen.
tinamini hifuwa warito yowaihoudesu.
douyattara tomarunodesyouka?
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 44% (527/1181)

◆Naka◆
reddishさん、こんにちは。
いつもローマ字でのご参加、ご苦労様です。

さて多汗症とのことですが、reddishさんの汗は主に手のひらに限られるのでしょうか?
もし全身から発汗が多い場合は、糖尿病や貧血等の疾病を疑う必要も出てきます。
手のひら、足の裏などの特定の場所からの発汗であれば、一般的に心配はいらないと思います。

汗止め作用のある「塩化アルミニウム液」を塗り、パウダーをはたいておけば大丈夫でしょう。
わきの下のときは、抗生物質入りのクリームを塗ることが多いです。
また自律神経不安定の可能性もありますので、その場合は精神安定剤の内服も効果があるでしょう。(一度診察してもらってください)

手のひら、足の裏に発汗が多い人は「汗疱(かんぽう)」になることがあります。汗疱は汗腺体から出た汗の量が多いために、角層部において染み出してくるために起こる病気で、赤くなったり水疱が出来たりします。
また入浴時に皮がむけやすくなったりします。皮がむけたときは、サルチル酸ワゼリンを塗っておくとよろしいでしょう。

大変参考になりそうなページがありましたので、ごらんになってみてください。(下記参考URL)
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

手掌多汗症ですネ。 中枢神経性であることは分かっていますが、治療法は外科的手法が一番よく行われていると認識しています。開胸手術をしますが、手掌多汗症は治っても、代償性発汗といって、主として下半身の発汗が増すという現象が起きることも珍しくありません。 手術をしない場合、いくつかの方法があります。 一つは心療科での治療。多汗症は精神的なケアによって、少しは改善することがあります。 内服薬。Pro-Ba ...続きを読む
手掌多汗症ですネ。
中枢神経性であることは分かっていますが、治療法は外科的手法が一番よく行われていると認識しています。開胸手術をしますが、手掌多汗症は治っても、代償性発汗といって、主として下半身の発汗が増すという現象が起きることも珍しくありません。
手術をしない場合、いくつかの方法があります。
一つは心療科での治療。多汗症は精神的なケアによって、少しは改善することがあります。
内服薬。Pro-Banthine(propantheline bromide製剤)は神経ブロックをするので、発汗を止めます。
外用薬。Aluminium Chloride Hexahydrate製剤(Driclor, Drysol, Certalin-Dri, Odaban)などの外用で発汗を抑えます。
多汗症を専門にしている皮膚科などでの診断をお勧めします。
以上kawakawaでした
お礼コメント
reddish

お礼率 66% (4/6)

adovaisu arigatougozaimasu.
sassoku isyani ittemiyouto omotteimasu.
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.3

大変ですね。  (手掌)多汗症の患者さんは、日常生活に支障を来すことが多く、外来にも多数の患者さんが来院されます。  この疾患はやはり多くは精神発汗が多く、小児から青年期でもテストが受けられない事や、質問に書かれているように他人と握手ができないとか言うことが難点です。  治療はすでに数人が書かれていますが、軽症の場合は塩化アルミニウム液の外用塗布です。これは、市販の止汗剤の元となるものですが、エタノ ...続きを読む
大変ですね。
 (手掌)多汗症の患者さんは、日常生活に支障を来すことが多く、外来にも多数の患者さんが来院されます。
 この疾患はやはり多くは精神発汗が多く、小児から青年期でもテストが受けられない事や、質問に書かれているように他人と握手ができないとか言うことが難点です。
 治療はすでに数人が書かれていますが、軽症の場合は塩化アルミニウム液の外用塗布です。これは、市販の止汗剤の元となるものですが、エタノールで乾燥させますのですこし刺激が出る方がいることと、しばらくするとすぐに発汗がおきんるのが難点です。
 次いでグランダキシンの経口投与です。しかし、これはすこしフラツキが出る方もいて主治医と相談してください。
 最終的にはやはり手術にて神経根の破壊です。現在は多くが胸腔鏡下の手術となり入院も数日ですみます。合併症として代償性発汗や種々言われておりますが、私の患者さん達で受けられた方ではいまだ聞いておりません。ただし、これは熟練の専門医で施行されますので、通常は皮膚専門医の治療を受けていただき、患者さんの意見と主治医も手術を勧められた場合に、施行している胸腔外科(胸部外科)もしくは麻酔科に紹介となります。費用も保険が効くみたいですが、20万前後は必要みたいです。
 とりあえず、皮膚専門医を受診して相談してみてください。
お礼コメント
reddish

お礼率 66% (4/6)

arigatou gozaimashita totemo sankouni narimashita.
byouki toka omottenakattanode odorokimashitaga
byouin ni ittemiyouto omoimasu.
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
このQ&Aで解決しましたか?
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ