OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

ASLOの値とリウマチ、溶連菌の関連性について教えて下さい

  • 困ってます
  • 質問No.117348
  • 閲覧数1677
  • ありがとう数14
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 72% (32/44)

会社の人間ドックで、「ASLOの値が高い様です。リウマチなどの溶連菌感染が疑われます。」といわれました。
ネットでチェックしたのですが、リウマチと溶連菌感染の関連性がよく分からないのです。溶連菌感染については婦人科系の病気が関連していますし、ASLOの値はなんだか皮膚科に関連してそうですし..。
自分でも不安なのは、朝、起きた時に手足がこわばっているというリウマチの症状?と思われることがあるのです。
しかしこの3つのことの関連性がよくわからないので、どうしたものか、迷っています。
よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 57% (269/468)

溶連菌は血清学的な検査によって、A群からO群まで分類されますが、人に病原性を持つのは、ほとんどがA群溶連菌です。

ASLO値は、単に溶連菌の感染を受けたことを示すだけで、疾患特異性はありません。つまり、この値がいくら高くてもそれだけでリウマチ熱とはいえません。
さらに初期の段階で感受性のある抗生物質を投与されると、この値は上昇しません。

リウマチ熱の診断基準は参考URLの通りです。
大人の発症率は低いですが、感冒様の症状出現後、1-3週で関節痛、倦怠感などをきたせば一応は疑わなければなりません。ただし、不顕性のものあります。
お礼コメント
malta

お礼率 72% (32/44)

丁寧で迅速な解答をありがとうございました。
微熱と倦怠感、関節痛があり、風邪かなあと考えておりました。最近、仕事が忙しく、徹夜続きでからだが弱っているせいかもしれませんが。
一度病院へいってみます。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-08-12 00:54:57
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 57% (269/468)

ASLOというのは、溶連菌の感染の後に血液中に上昇する、菌体外酵素に対する抗体価のことです。 指摘されたリウマチというのは、リウマチ熱のことで、A群溶連菌の感染後におきる全身性の炎症性疾患のことです。 手足がこわばるということで心配されている疾患は、慢性関節リウマチのことだと思います。これは原因不明で、慢性に進行性に経過する多発性の関節炎のことで、様々な関節以外の病変も伴います。 リウマチ熱 ...続きを読む
ASLOというのは、溶連菌の感染の後に血液中に上昇する、菌体外酵素に対する抗体価のことです。
指摘されたリウマチというのは、リウマチ熱のことで、A群溶連菌の感染後におきる全身性の炎症性疾患のことです。

手足がこわばるということで心配されている疾患は、慢性関節リウマチのことだと思います。これは原因不明で、慢性に進行性に経過する多発性の関節炎のことで、様々な関節以外の病変も伴います。

リウマチ熱は、関節の障害もありますが、重要なのは心臓に後遺症を残すことで、後天性の心臓弁膜疾患の原因の大部分を占めています。発症の好発時期は5歳から15歳くらいで20歳を過ぎてから発症する例はまれです。皮膚科との関連というのは、リウマチ熱で出る臨床症状の内、輪状紅斑や皮下の結節のことだと思います。
お礼コメント
malta

お礼率 72% (32/44)

ありがとうございした。
検査結果では、ただ「リウマチ」としか記載されていなかったので、てっきり関節リウマチのことかと思いました。
リウマチ熱というのは、若年の方が発症するもので、私は32才なのですが、あまり気にしなくてもいいのでしょうか。
あと、「A群溶連菌の感染」とはどのようなことをいうのでしょうか。
もしよろしければ教えていただけないでしょうか。
投稿日時 - 2001-08-11 21:08:14
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ