OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

食品に血液が混じったら・・・。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.116120
  • 閲覧数4156
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 44% (4/9)

ファーストフードのお店でバイトをしています。
シェイクのもとを補充するときに、
あやまって指を切ってしまいました。
後から気がついたので、入れながら切ったのかどうか
さだかではありませんが、
もし血液がその中に混じってしまった場合、
食中毒とかになるおそれはあるのでしょうか?
回答よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 36% (3818/10368)

こんにちは。
kurikurimaron さんが仰るように、出来立て?の健康な人の血液ならすぐ飲めば感染の心配はないです。しかし数分たつだけで皮膚にいる細菌(常在菌といって健康な人も必ずいます。主に表皮ぶどう球菌、黄色ぶどう球菌、たまに緑膿菌、連鎖球菌など)が大量に繁殖します。体外に出た血液はその位バイ菌にとっておいしい食料なのです。ですからその状態になった血液は食中毒の可能性を持ちます。

ですから健康な人で今切ったばかりの傷口から吹き出した血液で「すぐに食せば」大丈夫ですが、今言ったように血液はバイ菌にとっておいしい栄養なのでバイ菌の繁殖もその分早くなります。

それから止血の為に絆創膏を巻いたりして水仕事をするのは厳禁です。血液が付いて濡れた傷口や絆創膏は、ばい菌の養殖場みたいなものです。ですから傷を作ったり絆創膏を巻いたら食物に触れてはいけません・・・たしかどっかの食中毒予防マニュアルにあったと思うんだけど。

一応ばい菌を増やして調べる人なので専門家にしておきます。(^^ゞ
お礼コメント
yukko1

お礼率 44% (4/9)

ありがとうございました。
専門家さんの回答が聞けてよかったです。
投稿日時 - 2001-08-09 11:34:48
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 19% (15/78)

食中毒になるおそれは大ですね。 ブドウ球菌だったかな?? 三大食中毒の中の一つです。 (サルモネラ菌、腸炎ビブリオ、ブドウ球菌だったと思います。) ファーストフードのお店ということは、そのまま食べるので危険大です。 調理無しで食べるものに関しては特に注意した方がいいですよ。
食中毒になるおそれは大ですね。
ブドウ球菌だったかな??
三大食中毒の中の一つです。
(サルモネラ菌、腸炎ビブリオ、ブドウ球菌だったと思います。)
ファーストフードのお店ということは、そのまま食べるので危険大です。
調理無しで食べるものに関しては特に注意した方がいいですよ。
  • 回答No.2
レベル7

ベストアンサー率 46% (6/13)

なにしろ素人なので詳しいことは言えませんが、自信のある回答を致します。(^^; まず、傷ができたてで、食品の中に入ったのが「血液そのもの」なら、食中毒の心配はありません。 というのは、血液自体はとてもキレイなもので、敗血症でもない限り菌は生息していないからです。肝炎ウィルス等のウィルスがある場合がありますが、経口では感染しないです。 一方、外傷部には化膿菌やらいろいろ繁殖しますので、傷のある人が調理 ...続きを読む
なにしろ素人なので詳しいことは言えませんが、自信のある回答を致します。(^^;
まず、傷ができたてで、食品の中に入ったのが「血液そのもの」なら、食中毒の心配はありません。
というのは、血液自体はとてもキレイなもので、敗血症でもない限り菌は生息していないからです。肝炎ウィルス等のウィルスがある場合がありますが、経口では感染しないです。
一方、外傷部には化膿菌やらいろいろ繁殖しますので、傷のある人が調理をしたりすると場合によっては危険な場合があります。だから手に傷がある人は本当は調理してはいけないのです。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ