OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

流産の原因って?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.115989
  • 閲覧数296
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 53% (197/366)

最近、私の身近な人で流産する人が多いのですが、どうしてなのでしょう?たまたまそういった人が身近にいるだけなのか、それとも本当に多いのか・・・。あまりにも身近に流産した人がたくさんいるので気になってしまいます。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

染色体というのは身体のすべての細胞核の中にある遺伝子情報を持つもののことです。そして、ヒトでは44個の常染色体と2個の性染色体の、合計46個の染色体があるのです。常染色体の半分と性染色体の半分の計23個の染色体が父親から、残りの23個が母親からの遺伝情報として子供に受け継がれるのですが、染色体が切れてしまった異常や過剰になってしまった異常、染色体の中が一部入れ替わってしまう異常、複数の染色体の中が一部入れ替わってしまう異常といった異常がかなりの頻度で発生します。これらの異常をそれぞれ、モノソミー・トリソミー・逆位・転座といいます。
丁度遺伝子の増殖、染色体のコピーというのは、PCのプログラムや音楽テープのダビングのようなものだと思ってください。どうしてもコピーミスなどが生じてしまうものなのです。
先に妊娠初期の流産の多くは染色体異常と書きましたが、その中の6割以上がトリソミーによるものなのです。
細胞分裂時にどうやら、何等かの理由でコピーミスが起こるのですが、その原因のすべてが解明されているわけではありません。放射線をはじめとする一部の原因が明らかに、或いは、ほぼそうでないかと推測されているというのが現状です。
以上kawakawaでした
お礼コメント
books

お礼率 53% (197/366)

やはり、原因はすべてが解明されるのは難しいですよね・・・。回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-08-28 00:00:42
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

流産は10~15%程度の確率で発生します。ですから、確率の問題としては8~10人に一人は流産するであろうと予想されるのです。そして、その大半は妊娠初期のものであり、実際には妊娠しているのに気付かずに流産してしまう例もよくあるのですヨ。 受精卵(胎児)の遺伝子以上(染色体異常)が原因の場合が多いのですが、母体側に黄体機能不全・子宮の奇形などがあることが原因という場合もあります。 booksさんの周辺に多 ...続きを読む
流産は10~15%程度の確率で発生します。ですから、確率の問題としては8~10人に一人は流産するであろうと予想されるのです。そして、その大半は妊娠初期のものであり、実際には妊娠しているのに気付かずに流産してしまう例もよくあるのですヨ。
受精卵(胎児)の遺伝子以上(染色体異常)が原因の場合が多いのですが、母体側に黄体機能不全・子宮の奇形などがあることが原因という場合もあります。
booksさんの周辺に多いということは確率論の問題ですからネ。
以上kawakawaでした
補足コメント
books

お礼率 53% (197/366)

8~10人に1人・・・。確率高いですね・・・。妊娠していないのに流産してしまうなんて少し恐ろしいです。遺伝子異常、染色体異常・・・聞いたことはありますが、それらには原因があるのですか?
投稿日時 - 2001-08-20 00:42:05
  • 回答No.2

流産とは、妊娠22週未満に赤ちゃんが子宮の中で育たずに、死亡したり体外に出てきてしまうことで、妊娠初期(12週未満)の流産は早期流産といい、流産の大半はこの時期に起こり、特に8~10週に多く発生します。 流産する割合は前妊娠の10~15%と云われています。 流産は最近は増加傾向にありますが、その原因として、環境ホルモンの影響や、女性の喫煙者とカフェイン摂取の増加が影響しているようです。 h ...続きを読む
流産とは、妊娠22週未満に赤ちゃんが子宮の中で育たずに、死亡したり体外に出てきてしまうことで、妊娠初期(12週未満)の流産は早期流産といい、流産の大半はこの時期に起こり、特に8~10週に多く発生します。
流産する割合は前妊娠の10~15%と云われています。

流産は最近は増加傾向にありますが、その原因として、環境ホルモンの影響や、女性の喫煙者とカフェイン摂取の増加が影響しているようです。

http://www.nagara.com/Whats_new/01/January.html
お礼コメント
books

お礼率 53% (197/366)

カフェインは取りすぎるとよくないとは聞いていましたが、そんなにも流産の確率が高くなるなんてびっくりしました。最初の妊娠の時、ほとんど摂取しないように気をつけていてよかったです。回答、ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-08-20 00:48:38
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じような状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ