-PR-
yu-u-ha

関西方面から中国、米子道より、米子市、松江市周辺へ車で向かう予定です。
雪の状態が全くわからないのですが、高速道路は走れますか?スノータイヤの準備がないので無理なら電車にしようと思っているのですが、沢山の荷物を運ぶ予定があるので車で行きたいのです。
市街地、高速共に雪は積もっている時期か、それとも安心できる時期なのか教えて欲しいです。
ちょっとしたことでも良いので宜しくお願いします。
  • 回答数2
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全2件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2005-01-09 20:56:02
    • 回答No.1
    こんにちは。

    ちょっとしたことでも…ということなので、あまり期待しないでくださいね。

    3月下旬なら、市街地は多分ノーマルでも大丈夫だと思います。
    3月の中旬に、最後の降り納め!という感じでドカンと降ることがあるのですが、下旬ならもう大丈夫ではないでしょうか。

    特に今年は暖冬で、いつもなら積もっていていい時期に全然ですから。

    ただ、関西からだと途中山越えがあります。蒜山だったかな?
    そこがちょっと注意が必要ですね。
    出られる前に高速の情報を確認された方がいいと思いますよ。
    そこに雪がなければ、市街地はまず大丈夫です。
    お礼コメント
    ありがとうございます。
    そう、市街地は大丈夫かなぁと思っているのですが、山越えが不安で。
    通れたとしても普通のタイヤで通れるレベルかどうか全く分からないのです。
    なので電車にすべきかどうか直前にならないと分からないのかなぁと思い悩んでます。
    投稿日時 - 2005-01-10 23:43:10
    • ありがとう数0
    -PR-
    -PR-

    その他の回答 (全1件)

    • 2005-02-06 18:54:54
    • 回答No.2
     こんにちは。あまり参考にならなかったらごめんなさい。  去年3月上旬ですが、出雲から広島へ試験のために国道54号線にて山越えをしたのですが、帰りに夜だったのですが、路面がガリガリの圧雪が少し解けたその上を大型が通りボコボコのタイヤの跡が凍りつき、スタッドレスを履いていたのですが怖い怖いで帰ってきました。  しかしそれ以降は荒れることも無かったようでした。3月下旬なら多分心配は無いと思いますが ...続きを読む
     こんにちは。あまり参考にならなかったらごめんなさい。

     去年3月上旬ですが、出雲から広島へ試験のために国道54号線にて山越えをしたのですが、帰りに夜だったのですが、路面がガリガリの圧雪が少し解けたその上を大型が通りボコボコのタイヤの跡が凍りつき、スタッドレスを履いていたのですが怖い怖いで帰ってきました。

     しかしそれ以降は荒れることも無かったようでした。3月下旬なら多分心配は無いと思いますが、念のため日中に移動をされることをお勧めします。

     時期が近くなったら路面状況などが見れるサイトでこまめにチェックされて、あと携帯サイトでも路面状況が見れるのがあるみたいなので移動当日も確認しながら移動されると良いと思います。
    お礼コメント
    そろそろ質問を閉じようと思っていたので、アドバイスいただけて嬉しかったです。
    3月は上旬と中旬、下旬で微妙に状況が違うと思ったので経験談が聞けてとても参考になりました。
    車で行ける確率が高くなったと分かっただけでも、計画が立てれるので助かりました。
    どうもありがとうございます。

    ポイントは先着順とさせてもらいました。
    投稿日時 - 2005-02-07 00:04:55
    • ありがとう数0
    • 回答数2
    • 気になる数0
    • ありがとう数1
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    ここは行って良かった!これは食べるべき!旅の経験を共有しよう!
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    自宅でもできるシンプルケアを教えます!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ