OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

脳挫傷と植物人間

  • すぐに回答を!
  • 質問No.111894
  • 閲覧数14544
  • ありがとう数88
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 18% (2/11)

はじめまして、ryoいいます。
今現在、私の実弟が脳挫傷で入院しています。
入院してから1ヵ月がすぎ、状態てきには最初のころよりも
かなりいいと見た目で思うのですが、意識は依然として回復しません。
眼を開けたり身体を動かしたり唸ったりはするのですが
それ以外は変化がありません。
病院側では長期戦になるので長い目で見てやって下さい。
と、言われどのようになっているのか、すっかり今の状態は植物人間状態になっているのか、もとに戻る可能性はどのくらいなのか、いろんなことを考えています。
最近ではチューブで流動食的なもをやったり直接口にプリンとかを食べさせたりしています。
来月(8月)からは一般病棟に移ることになりました。
こうゆう難病に詳しい方、もしく専門医の先生方
現在の成り行きや、今後の介護の接し方、など
わからないことが沢山あるのでおしえて下さい
お願い致します。
命が助かることを最優先に思っています。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 36% (3818/10368)

こんにちは。それは大変ですね。 必ずこれで・・・とはいえないし、確率も高いわけじゃないんですが、とにかく刺激を与え続けることで、ある日突然意識が・・・というケースが時々あります。 刺激としては、声をかける、手足をとって動かすというありふれたものから、好きだった音楽を聞かせる、とか、友人、知人にきてもらって話しかけてもらうとか、キスする、添い寝する・・・など人によって色々ですが、とにかく刺激を毎 ...続きを読む
こんにちは。それは大変ですね。

必ずこれで・・・とはいえないし、確率も高いわけじゃないんですが、とにかく刺激を与え続けることで、ある日突然意識が・・・というケースが時々あります。

刺激としては、声をかける、手足をとって動かすというありふれたものから、好きだった音楽を聞かせる、とか、友人、知人にきてもらって話しかけてもらうとか、キスする、添い寝する・・・など人によって色々ですが、とにかく刺激を毎日与え続けて意識が戻ったという例が時々あるのは確かです。それはもう半年とか一年とかそういう時間でも。

考えられる事を、また、長期戦ですから無理のないように続けてください。

多少でも参考になるといいです。お大事に。
  • 回答No.2
レベル7

ベストアンサー率 40% (10/25)

こんにちわ 私の実弟は 脳挫傷、頭蓋骨骨折 入院していました 看護婦さんから 人間の五感で最後まで生き残るのは耳だと教えられて 音も刺激一つだから なんでも良いから音を聞かせるようにしなさいっと言われました その為 私は 弟の部屋を家捜しして 弟の好きな音楽などを病院でなるべく 私が側に居ない時でもかけるようにしました また、携帯を持っていたので テープなどに音をとって それを聞かせたり 何時も使 ...続きを読む
こんにちわ
私の実弟は 脳挫傷、頭蓋骨骨折 入院していました
看護婦さんから 人間の五感で最後まで生き残るのは耳だと教えられて 音も刺激一つだから なんでも良いから音を聞かせるようにしなさいっと言われました
その為 私は 弟の部屋を家捜しして 弟の好きな音楽などを病院でなるべく 私が側に居ない時でもかけるようにしました
また、携帯を持っていたので テープなどに音をとって それを聞かせたり 何時も使っていた 目覚まし音を聞かせたり 私の家では 猫を飼っているので猫の声を録音して聞かせたり ラジオをかけていたりしてました
それと 物をみるようになってからは TVをなるべくつけて見せるようにしました
周りでは 馬鹿にしか思えなかったと思いますが 今の季節や色々な事を 本人が聞いているのかどうかも分からないけど しゃべりまくりました(笑)
意識の無い状態は、普通の人が 眠ったり起きたりの繰り返しをしている状態と同じだとお医者さんにも言われました 
だから 無反応のようでも 音や痛みで体の一部に反応を出す時があります
お医者さんは 意識が戻ってきているとは 言えないって言ってましたが 家族にしか分からない 反応を示す時があると思います
ゆっくり 気長に弟さんの面倒をみてください

実話の一例
同じ所にお爺さんが入院していた 家族が話してくれました
彼女の甥も意識不明だったそうです
どんなに 色々な刺激を与えても 全く反応がなかった
ある日、看護婦さんが 薬品などを入れているバットを持って彼の側に来たとき 引っかかって 薬品の入っているバットを落下させてしまったらしい
大きな音に 意識の無い甥御さんがびっくりして目覚めた
っと話してくれました
何が刺激になるのか 分からないから 色々な事を試しながら色々な刺激を与えて行きなさいっと言ってました

これから 大変だと思いますが 頑張ってください
夏ばてしないように 介護も体力が必要なので 自分の体の健康状態を気をつけながら 頑張ってください
お礼コメント
o-ryo

お礼率 18% (2/11)

初めまして、
いろいろと教えていただき、有難うございます。
世の中にはいろんな人がいるものですね。
経験者の方のアドバイスを聞いていると、とても希望がもてます。
一番苦しんでいるのは、弟ではないかと思うので負けずに
いろんなことを試しながら頑張ります。
有難うございました。
投稿日時 - 2001-07-31 22:05:34
  • 回答No.3
レベル7

ベストアンサー率 9% (1/11)

私も身内の者が事故で、頭蓋低骨折・脳挫傷で意識がありませんでした。 皆さんが回答されている通り、沢山の刺激を与えてあげてください。 私の場合はいつ意識がもどるかわからない、植物状態になる事は覚悟するように といわれました。 子供や友達の声をテープに入れていつも聞かせていました。いつも耳元でかたり かけていました。絶対、意識が戻ると信じて! 1ヶ月が過ぎた頃からやっと時々目を開けるようになったん ...続きを読む
私も身内の者が事故で、頭蓋低骨折・脳挫傷で意識がありませんでした。
皆さんが回答されている通り、沢山の刺激を与えてあげてください。
私の場合はいつ意識がもどるかわからない、植物状態になる事は覚悟するように
といわれました。
子供や友達の声をテープに入れていつも聞かせていました。いつも耳元でかたり
かけていました。絶対、意識が戻ると信じて!
1ヶ月が過ぎた頃からやっと時々目を開けるようになったんです。言葉かけの中
でふと「ジャンケン」と言う言葉に手を出すそぶりが・・・・。
それからですね、沢山の反応を返すようになりました。誰もが諦めかけた回復。
その後リハビリに耐え4年かかり、話す事は勿論、食べる事も歩く事もできるよう
になりました。
担当の先生も信じられない回復だと驚かれていました。

信じてあきらめずにいて下さい。一日も早く回復される事を願っております。
お礼コメント
o-ryo

お礼率 18% (2/11)

いろいろ参考になります。
有難うございました。
何が出来るかわかりませんが、とにかく希望を捨てずに
信じてあせらず取り組んでいきます。
本当に、ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-07-31 22:11:21
  • 回答No.4
レベル1

ベストアンサー率 0% (0/0)

まだ、回答を希望しているかわかりませんが、、、 25年前に実の父が、脳挫傷で意識不明から復帰した例です。 参考になったらと思います。 脳挫傷後、半年ほど意識がなかったのですが、奇跡がおき、意識を取り戻すことができました。 その間ずっと、付き添っていた母は、足指をマッサージしていたそうです。 手足は第二の脳だという言葉をただ、ただ信じて・・・ ある日、突然に子供たちの名前をつぶやいたそうです。 退院し ...続きを読む
まだ、回答を希望しているかわかりませんが、、、

25年前に実の父が、脳挫傷で意識不明から復帰した例です。
参考になったらと思います。
脳挫傷後、半年ほど意識がなかったのですが、奇跡がおき、意識を取り戻すことができました。
その間ずっと、付き添っていた母は、足指をマッサージしていたそうです。
手足は第二の脳だという言葉をただ、ただ信じて・・・

ある日、突然に子供たちの名前をつぶやいたそうです。

退院してからは、自宅リハビリのみで、社会復帰までできるほどに回復はいたしました。
しかし、事故前とは人格もだいぶ変わり、社会人としての総合的な能力は以前より劣っていると思います。
生きていてくれるだけで、本当に有難いことです。


「足指マッサージ」が参考になればと、思いました。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ