• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

宇宙飛行士…

少し前何かの番組で、宇宙飛行士の会話で「ラジャー」は死語、今は「ウィルコー」と言う…と話していたのを微かに記憶しています。 これは“I will copy you”みたいな表現の略だったでしょうか?また、一般の方も使うものなのでしょうか?(ラジャーは日本人にはけっこうポピュラーですが)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1069
  • ありがとう数35

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

RogerとWilcoは意味が違います。 Rogerは単なる返答です。「はい」みたいなものです。 Wilcoは既に出ているようにWill Comply「指示に従います」という意味です。 場面的な使い分けとしては、助言等に対する返答は"Roger"、指示に対する返答は"Wilco"です。 仮に指示に対する返答に"Roger"と答えた場合は、指示に従うとも従わないとも答えていない、曖昧さが残ることになるので、指示に従うとの意思を明確に伝えるには"Wilco"と答えるべきという考え方が浸透したことから、相対的に"Wilco"が増えてきたのだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 宇宙飛行士について

    以前テレビで聞いた話なのですが、教えてください。日本人の宇宙飛行士がアメリカNASAのロケットで、宇宙に行く時は、日本のお金、いわゆる税金がたくさん支払われると聞きました…真実を教えてください。

  • 宇宙飛行士

    米国で打ち上げられるスペースシャトルに日本人が度々宇宙飛行士 (唯の乗員?)として乗り組み、一躍有名人となりますが、莫大な 費用のかかる事に、無料で乗せてくれるはずは無く、費用を払っているはずだと思います。 どのくらいの費用を毎回支払っているのでしょうか? この支払いの所轄官庁は何処なのでしょうか? お分かりになる方教えてください。

  • 日本人最年少宇宙飛行士?

    日本人最年少宇宙飛行士ってどなたで、何歳のときのとこでしょうか? よろしくお願いします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • zamm
  • ベストアンサー率50% (16/32)

これらの単語は歴史的な意味があります。 アマチュア無線などでも一時使われていましたが、元々電信でのQ符号・略号で相手のメッセージを受け取った確認(received)のrをモールス信号で送っていた事からrが使われ、それが音声通信になりrのコード(Aはalpha、Bはbeta、Cはcharlie、等)はRogerと決まっていた為、Rogerが「メッセージを受け取りました。了解」と言う風に自然に使われるようになりました。 従い、Rogerは厳密にいうと、受信メッセージが無事届きましたよ、との意味になります。 一方、Wilcoは I will comply (従います)の意味なので、全く別の意味であります。 但し、その後、Rogerがより「聞こえました」から「了解しました」の意味に変わり、Wilcoに似るような使われ方が一般化しました。よって、良くないとされているのは、Roger wilcoと一緒にする事です。状況によりどちらかにするようにマニュアルが書かれています。 でも、実際にはちょっと間をおく言い方が使われます。 Roger. Wilco. (了解。 そのようにします。) さて、copyの使い方ですが、これこそ「ちゃんと聞こえて意味が分かった」と言う意味でI copyとかI copy thatと使います。 以上を理解されると、下記のような宇宙飛行士のやりとりが理解できるかと思います。 http://www.v-j-enterprises.com/astro2.html この中では、 We copy that. Roger. Wilco. が全て使われています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

みなさんありがとうございました。 大変よく理解できました。

  • 回答No.4

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 残念ながら私は宇宙飛行士に知り合いがいないので確認は取れませんが、弟子にパイ ロットがいます。 wilcoはwill complyの略した物として使われ、無線のメッセージ を受け取り理解もでき必要とあればそのメッセージに従い行動をします、と言う意味 で使われています。 それに対しrogerは受け取る事ができ言っている事の理解もできました、といういか にも無線技術が低かった頃の聞き取りにくい時代の言い方と感じます。 ですから古 い映画なんかにはこれが良く使われていたわけです。 この表現は理解できました、 と言う無線用語として使われる場合と、同意するよ、と言う意味で口語会話で使われ るときもあります。 OK!の代わりに使われると言う事ですね。 こちらで10 codeと言われる物が警察などの無線で使われるわけですが、すべての10 codeが一様にアメリカ全域で使われているわけですないんですね。 その管轄地域で しか使われない10 codeもあるわけですが、10-4(ten fourと発音されます)は一般人 にも分かるくらい全ての所轄で使われrogerと同じ意味で使われます。  なお、CB Generationと言われる昔からのトラックの運ちゃんたちもこのCBをお互い の唯一の無線交流をしていたわけで、携帯と違い、トランシーバーと同じく一度に片 方しかしゃべる事ができませんので、この10 codeの事は知っているわけです。 未 だにこのCBを使っている運ちゃんもいますので、ハイウエーでの犯人追跡にもこのCB を使って警察と交信ができ逃亡中の被疑者を数台のトラックで囲ってしまう事ができ るわけです。10-20?で現在位置を聞くことができるわけです。 (余談でした) これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してくださ い。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • 135k11
  • ベストアンサー率30% (22/72)

アメリカのエアラインパイロットもWilcoを使います。 ”Will comply”の略です。「あなたからのメッセージをすべて受け取り、全て理解し、それに従います。」という意味です。 航空無線などの用語だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

のはらしんのすけも「ブ・ラジャー」っと言っているほどポピュラーです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 宇宙飛行士は1回こっきりの乗務?

    先頃、2年後のスペースシャトルに乗務する日本人女性飛行士の記者会見がありました。疑問なのは、宇宙飛行士の多くは1回こっきり もしくは2,3回しかシャトルに搭乗しないように思えます。 宇宙飛行士になるには超人的な訓練を重ねると聞いています。多額のお金をかけて飛行士を育てるのに、1回や2,3回の乗務でお払い箱にするのではもったいないのではないかとも思えます。 一方、ソビエトでは10回以上も宇宙滞在した飛行士がいるとも聞きますし、宇宙に長く滞在するとカルシスム不足になって、骨がすかすかになるから宇宙飛行士が長く続けられないとも聞いたことがあります。 宇宙飛行士の使用期限について、教えてください。

  • 「宇宙飛行士の枕」ってどこで購入できますか?

    先週、トーク番組の「徹子の部屋」で浅丘るり子さんがゲストでした。浅丘さんが使用しているのは「宇宙飛行士の枕」だそうです。寝心地がよく、ポイントなのは、起床した時に、顔に枕の痕がつかないそうです。私の母がたまたまこの番組を見ていて、その枕を探しているのですが、見つかりません。宇宙飛行士といえば、アメリカのNASAで開発されたものだと思うのですが、どなたかご存知の方、よろしくお願いします。

  • 宇宙飛行士の報酬、どこの誰が、どんな仕組で、金額は

    若田光一宇宙飛行士が、船長として乗船したロシアの宇宙船「ソユーズ」が打ち上げられた、との報道を見聞きしましたが、そこで、教えてください。 日本人の宇宙飛行士、毛利衛から始まって、幾数人かおりますが、最後(重複除き)は古川聡のようですが、これら日本人宇宙飛行士、この職業、どこ(何たる組織)に所属し、どこ(何たる組織)から金銭を得て=どこ(何たる組織)が宇宙飛行士に対して金を支払っているのですか? その金額は、どのくらいですか? それは、給料?契約金?報酬?…?。 またこれ、月給制?、年間支払?、地球に帰還した上での都度都度の結果報酬?…? その労働根拠は、社員としての採用?、労働契約?、業務委託契約?、……? そして、契約書の締結は成されているのでしょうか、それとも…? 一体全体、どのような仕組・システムでもって、どこから、宇宙飛行士に、労働対価が支払われているのでしょうか? その仕組というか実態がさっぱり解りません。 そして、その金額=宇宙飛行士が取得する、いかほどの金額なのですか? まぁ、単純に分り易く言えば、要するに、宇宙飛行士という職業の人は、どこから、なんぼ程の金を、どのようなタイミングで、どんな根拠でもって、受け取っているのですか? 単純な疑問で、且つ誰でも感ずる疑問だと思いますので、教えてくださいませんか。

  • 日本人初の宇宙飛行士 秋山豊寛さんの評価は・・・

    お世話になります。  日本人の宇宙飛行士もいまや珍しくなくなり、毎年、日本人飛行士の誰かが宇宙へ飛ぶ時代になりました。  日本人で初めて宇宙飛行をしたのはTBS記者だった秋山豊寛氏です。ソ連(当時)のソユーズロケットに搭乗して宇宙ステーション”ミール”に乗り換えて、一週間ほど地球周回軌道を回ってから帰還しました。  彼は日本人初の宇宙飛行士にもかかわらず、日本人宇宙飛行士の歴史を語るとき、あまりマスコミに取り上げられることが少ないような気がします。たとえば日本人宇宙飛行士の打ち上げスケジュールが決定したニュースなどにおいて、先輩飛行士からの激励コメントや先輩飛行士のエピソードがニュースで流れる場合、毛利飛行士や向井飛行士、若田飛行士などはよく取り上げられますが、秋山飛行士が取り上げられることはめったに無い様に思えます。いや、まったく無い様に思えます。  まあTBS以外の放送局は 「ライバル局の記者のことをわざわざ取り上げる必要もない」 ということでオンエアでは使わないのだと思いますが、マスコミと関係ないところ、純粋に宇宙研究をしている人たちから見て、秋山宇宙飛行士の業績というのは無意味なものなのでしょうか? いただいた回答には必ずお礼コメントを差し上げます。 よろしくお願いします。

  • 宇宙飛行士に日本人が抜擢されている現状

    1,アメリカの宇宙船やロシアの宇宙船に乗り込む宇宙飛行士には日本人が多く抜擢されているよう ですが、アメリカ、ロシア以外の他国の飛行士の状況はどうなんでしょうか? 2,宇宙飛行士になる訓練の費用はどこから出ているのでしょうか? 3,乗り込むに要する費用は個人負担ではないと思いますがどこからその費用は出ているのでしょう  か? 4,たとえば国際宇宙センター等にかなりの金額を出しているとすればその金額は?

  • 宇宙飛行士の体験談を、まとめた本ないですか?

    宇宙から帰還した宇宙飛行士の記者会見を見ていると非常に面白いです。 宇宙空間と地球上の違い、地球に戻ってからの宇宙・宇宙へ行く前との感覚、筋力の違い。 地球に戻った直ぐは自力で立てない、平衡感覚が失われる、骨密度の低下、筋力の低下、宇宙ステーション内での実験、宇宙ステーション外へ出るのに宇宙服(?)を着るのに気圧調整に長時間かかる、等々。 学問・知識がなくても話を聞いていると面白いです。 こういった、あまり専門的・難し過ぎない、簡単な宇宙飛行士の体験談を、まとめた本ないですか? 日本人宇宙飛行士の人が本を出してるので、それを読めばとも思いますが、予算的に辛いです。

  • 宇宙飛行士の条件

    以前テレビで斉藤茂太(モタ)という精神科医が、NASAかどこかが規定したん でしょう、宇宙飛行士になる条件というのが一般の生活でもたいへん有用で 示唆に富むとか言ってました。持ち歩く手帳にメモしてるそうです。どなた かこの条件をご存知ではないでしょうか?よろしくお願いします。

  • 公務中の宇宙飛行士映像をCMに使う行為

    日本人として誇りに想い尊敬しているDr古川宇宙飛行士の偉業にけちを付けたくはありませんが、 宇宙船内活動という公務中の彼を使ったソフトバンクのCMに疑問を持っています。 宇宙飛行には多大な国費が注ぎ込まれているその宇宙船内の映像を背景に古川氏までが登場して「ウルトラマン・・・」と言わしめているCMが公共電波で流されることが何故許されているのか、教えてください。 ただ吠えてるか、餌を食べているだけの犬を相変わらず「喋る犬」としている程度の低い悪趣味なCMを早く終わらせて欲しい、と言うのが本音ですが・・・。

  • 日本人の宇宙飛行

    前から氣になっている事が有ります。 日本人宇宙飛行士が宇宙へ飛び立つ度に、日本のメディアは絶賛します。「~さんは2度目です。スゴイ・・・」などと。 その度に、小生は、イジワルく考えます。 その費用は、どれ位だろう ?どうなっているんだろう ? 2ツ考えられます。 ■1.日本人宇宙飛行士といえども、NASAの社員であるから、それに伴う費用は、日本国として一切出金しなくてよい。 ■2.いやそうではなく、日本国として出金している、或いは、請求されている。その概算額は ? 一体どちらでしょうか ? もし、後者なら、小生の個人的な考えとして・・・ ooo 今、国家財政がこんな時期に、参加する必要が無いのでは ? ooo 体験・経験が重要という意見も有るでしょう。 しかしながら、日本が本格的に宇宙事業に突入するには、もう少し時間を要すると思います。 その時、今経験している日本の宇宙飛行士は、高齢もしくはリタイアで、自身の体験・経験を活かせないのではと考えるからです。 いづれにしても、費用について把握しておく事は無駄ではないと思うので、是非教えて下さい。 メディアは、こういう事を報道してくれないので・・・

  • 日本人宇宙飛行士がスペースシャトルに乗るニュースが良く報道されますが、

    日本人宇宙飛行士がスペースシャトルに乗るニュースが良く報道されますが、アメリカにどれくらいのお金を支払うのですか?普通に考えるとアメリカのプロジェクトなのでアメリカ人宇宙飛行士が乗るのが至極当然だと思います。お金を提供してくれるからアメリカ人以外の人を乗せると思いますが、実際どうでしょうか?