OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

数値解法

  • 暇なときにでも
  • 質問No.109103
  • 閲覧数105
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 18% (2/11)

差分法などで一様磁界を与えた時の
媒質内の数値解析を行うとき、

この時の境界条件は

媒質から空気に電流が流れない

⇔ J=σE=0

より

E=0

でいいんですよね?つまり

E=-∇V - ∂B/∂t
=0

∴∇V=-B/∂t
=-jωA  (A:ベクトルポテンシャル)

⇔ V1-V2=-jωA*L (L:V1とV2の間隔)


となりますが。。。

これを境界条件としてあたえ
連立方程式を作ったら、方程式の左辺行列が正則になって
しまい、解けません。


試しに、どこか一つのポテンシャルに

Vn=0

という条件を与えたらたちどころに解けたのですが
かなりの誤差がでてしまいました。

ノイマン境界条件だけで、
解くのは不可能なのでしょうか?

かなり漠然とした質問ですが
どなたかご理解なされたならば
ご指導願いたいと思います。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 40% (54/135)

> 媒質から空気に電流が流れない > ⇔J=σE=0 より E=0 ではなくて σ=1/∞ と考えるのではないでしょうか? ノイマン境界条件は境界条件として微分値をとるので 定数のぶんは不定になりますが、 十分に境界条件があたえられていれば、それを除いて 一意的にきまるのではないでしょうか?
> 媒質から空気に電流が流れない
> ⇔J=σE=0 より E=0
ではなくて σ=1/∞ と考えるのではないでしょうか?
ノイマン境界条件は境界条件として微分値をとるので
定数のぶんは不定になりますが、
十分に境界条件があたえられていれば、それを除いて
一意的にきまるのではないでしょうか?

このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ