OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

ミニローバーとミニクーパーは違うもの?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.109084
  • 閲覧数5863
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 76% (20/26)

ミニローバーとミニクーパーをよく耳にするのですが、
この2つは違うものなのでしょうか?

アニメのシティーハンターで載っていた車がかっこいいなと
思ったのですが、あの車はなんなのでしょうか?

知らなくても困らないことなので、お暇でしたらお答えください。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 21% (114/531)

 元々はオースティン、モーリスという2つのメーカーで販売していたミニ1000を当時F1のコンストラクターでもあったクーパーがチューン・アップしたのがミニ・クーパーです。エンジンは1275ccとなり、キャブレターもツインのSUとなっていました。モンテカルロ・ラリーではクラスが上のライバルを蹴散らし優勝、その影響もあり人気があったモデルです。オースティン、モーリスはローバーに吸収されましたがミニ自体は生産され続けました。ローバー・ミニ・メイフェアあたりがごく普通のモデルで、1275ccの強力版が昔の栄光にあやかってクーパーと呼ばれているようです。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 37% (419/1115)

ミニローバーではなくローバーミニですよね。(^_^) ミニがローバーの傘下に入っているのでそう呼ばれるのだと思いましたが。 従ってミニクーパーはローバーミニと同一車種を指していると思われます。 ただ、ミニには他にメイフェアという車種もありますので一概には言えませんが、一般にミニだけで呼ばれるとクーパーを指すことが多いようです。 シティハンターに関しては残念ながら存じ上げませんので他の方の回答をお待 ...続きを読む
ミニローバーではなくローバーミニですよね。(^_^)
ミニがローバーの傘下に入っているのでそう呼ばれるのだと思いましたが。
従ってミニクーパーはローバーミニと同一車種を指していると思われます。
ただ、ミニには他にメイフェアという車種もありますので一概には言えませんが、一般にミニだけで呼ばれるとクーパーを指すことが多いようです。
シティハンターに関しては残念ながら存じ上げませんので他の方の回答をお待ちしたいと思います。

#もし間違いがあったらご指摘下さい。>皆様
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 22% (44/193)

cherry_moonさんと同じひとがいました。 シティハンター http://www.netlaputa.ne.jp/~arcadia/cocktail.html
cherry_moonさんと同じひとがいました。
シティハンター
http://www.netlaputa.ne.jp/~arcadia/cocktail.html
  • 回答No.4

 ミニの専門家とゆぅワケではありませんが、自動車史の研究も仕事の一つなので、とりあえず専門家と申告させて頂きました。  御質問のミニローバーとは、他の御回答通り、ローバーミニの事でしょう。  このクルマの発祥は、イギリスの2大メーカー、オースチンとモーリスの合併の頃から始まります。  戦後パッとしない英国自動車産業の救世主としてミニはデビューしました。会社は合併してもブランド名は残され、当初 ...続きを読む
 ミニの専門家とゆぅワケではありませんが、自動車史の研究も仕事の一つなので、とりあえず専門家と申告させて頂きました。

 御質問のミニローバーとは、他の御回答通り、ローバーミニの事でしょう。

 このクルマの発祥は、イギリスの2大メーカー、オースチンとモーリスの合併の頃から始まります。
 戦後パッとしない英国自動車産業の救世主としてミニはデビューしました。会社は合併してもブランド名は残され、当初は「オースチン・セブン」「モーリス・ミニ」として売り出されましたが、後に会社名がBMC(ブリティッシュ・モーター・カンパニー)に統一されると「ミニ」とゆぅ、社会現象まで巻き起こした車名だけが残りました(それまで、英語にはMINIとゆぅ正式な単語はありませんでした。ミニ・スカートなど後に登場した「ミニ~」とゆぅ商品名の尽くが、このクルマの名前を由来としています)。
 後にBMCは業績不振からサッチャーの持ち物(=政府管轄)となり、会社名はBLMC(ブリテッシュ・レイランド)に変わりました(この頃に「クーパー」とゆぅグレードは消失します)。
 その後も何度か社名が変わったり、業績が好転したこの会社を政府が独立させたりしましたが、最後に英国内で買収したのがレンジ・ローバーでおなじみのローバーグループでした。ここでミニは「ローバーミニ」を名乗る様になるワケです(その後も更に後紆余曲折あり、現在「ミニ」ブランドはBMWのモノです)。

 さてミニ・クーパーですが、これはミニがデビューした‘50年代末当時、非常に強力なレーシングカーメーカーだったジョン・クーパーの名前から来ています。
 当時彼はBMC系のクルマ(トライアンフ)を改造してツーリングカーレースに出ていましたが、どぅしても勝てない相手~ロータス・エリートがいました。
 ある日親友のアレック・イシゴニス(ミニのチーフ・デザイナ)からミニを見せられ、クーパーはその異次元のハンドリングに「これならロータスに勝てる!」と思い付き、早速クーパーチューンの企画をBMCに持ち込みます。当時のBMCの社主、レオナード・ロードのお気に入りでもあったイシゴニスの進言もあり、トントン拍子で量産化の話が進みます。
 そして登場したのがミニ・クーパーです。これはエンジン、サスペンション、ブレーキを改造したスーパーカーで、当時のミニとは全くの別物でしたが、排気量は当時のレースの区分に合わせ、1100cc未満に収まる様に控えめなモノでした(ベースとなった850ccのA型エンジンでは、排気量UPはこの辺りが限界だった、とゆぅ事情もありました)。
 その後排気量のクラス別けが変わり更に小さい1000cc未満のバージョンなども出ましたが、いずれにしろ排気量区分がない国際ラリーなどに出場するには、エンジンが小さすぎると考えられていました。
 ところが程なくして、ダウントン社のダニエル・リッチモンド社長が、シリンダの間隔を換えて更に排気量UPを果たす作戦を思い付きました。リッチモンドとクーパーはレース仲間で既知だったらしく、クーパーの取り持ちでイシゴニス、クーパー、リッチモンドの3巨頭会談が開かれ、このアイデアが量産車に採用される事となりました。これが史上最強のミニと言われる、1275ccのミニ・クーパーです。このマシンの武勇伝は、Min_2様御回答の通りです。

 故に1275ccのミニは、正確にはミニ・クーパーではなくミニ・ダウントンとなるはずですが・・・・後に標準エンジンの排気量が1.3リットルとなった時、スポーティバージョンとしてクーパーの名前を復活させてしまったワケです。

 ついでに、ちょっと話しがそれますが・・・・ミニの神様にしてチューニングの天才・リッチモンドさんは、この話の後程なくしてお亡くなりになり、奥様が会社を継がれましたが、天才がいなくては長続きしませんでした。
 現在のミニ乗りに於いては、ダウントン・チューンの改造パーツは、フィアット乗りのアバルト・パーツの様な「幻のお宝」となっています。

 しかし・・・・す、すみません・・・・自分で読み返すのも苦痛なほど(?)長くなってしまいました・・・・故に誤字・脱字やニホン語が怪しい箇所は御容赦くださいませ(;^_^A
お礼コメント
cherry_moon

お礼率 76% (20/26)

まとめてお礼を書かせていただきます。

ローバーミニですね。訂正ありがとうございます。
ローバーミニクーパーなのですね。
やっと長年の疑問が解けました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-07-26 08:37:27
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
購入や整備のポイント。車好きだから知ってる豆知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ