OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

パソコン検定を受けようと思っているのですが…

  • 困ってます
  • 質問No.108350
  • 閲覧数88
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

パソコンを使用するアルバイトがしたいと思い、
今後のためにもパソコン検定を受けようと思っているのですが、
以下の点で今迷っています。
どちらについてでもいいので何かアドバイスがあれば教えてください。
ちなみにパソコンを使用するというのはデータ入力や
文章製作などの一般事務範囲です。

1.パソコン検定3級の勉強法(本の選び方など)
2.他にPC関係のバイトをする範囲で有効な資格
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 53% (43/80)

パソコン検定の本は、市販されているものだとあまり大差ないです。
出版社さんには失礼ですが。
1冊決めて、みっちりやる(同じ本を2~3回読む)ことをお勧めします。
実際の試験問題では、中立の立場を示すためか、聞きなれない用語がたくさん出てきます。表計算の「包」(セル)とか「計算機網間」(インターネット)とか・・・。わたしは試験時間中、笑いをこらえるのに必死でした。
受験費用もあまり高くないですし、4級とセットで受験されるのもいいですね。セット受験でも1日で済みます。

PC関係でのアルバイトなら、勤め先にもよりますが、WordやExcelを使えることを雇い主に示せる資格のほうがいいですね。パソコン検定やシスアドは実務については抽象的過ぎてできるのかどうかの判断材料にはしにくいです。
メジャーどころだと、MicrosoftさんのMOUS検定なんかだと具体的なソフトが扱えることが伝わりやすくていいですよ。
もっともこれは結構難しい(細かい)らしいですが。
ご参考までにMOUSのページです。
お礼コメント
noname#15820

「包」「計算機網間」ですか…。これじゃいきなり受けても訳がわかりませんね(笑)
検定のほうはパソコン検定とマウスを平行して勉強してみることにしました。
アドバイスありがとうございました!
投稿日時 - 2001-07-25 08:21:12
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル7

ベストアンサー率 6% (1/15)

P検定のテキストはそんなに差がないのでP検定のHPで紹介されているものならどれでもいいとはおもいますが、旺文社のテキストは使いやすいです。 PC関係のバイトといってもいろいろあるのでどの類の仕事かでかなり変わります。 データ入力なら何にもいらないけどエクセル検定を持っていたのでほかの人たちにこうすると楽ですよとか、教えてあげられて重宝がられたし、どの仕事するにもビジネス検定秘書検定とかも役立ちます ...続きを読む
P検定のテキストはそんなに差がないのでP検定のHPで紹介されているものならどれでもいいとはおもいますが、旺文社のテキストは使いやすいです。

PC関係のバイトといってもいろいろあるのでどの類の仕事かでかなり変わります。
データ入力なら何にもいらないけどエクセル検定を持っていたのでほかの人たちにこうすると楽ですよとか、教えてあげられて重宝がられたし、どの仕事するにもビジネス検定秘書検定とかも役立ちます。

まぁ、その辺は置いといて、インストラクターするにしても今の仕事場はマウス検定を受けさせたがるところなのでマウス検定が必要だし、前のところはワープロ検定を受けさせるところでマウス検定はひとつも必要なかったです。

安いところで行くとワープロ検定、表計算検定、P検定、くらいかな。
マウスは10000円以上かかるので余裕があれば・・・。
お礼コメント
noname#15820

旺文社のテキストですね。今度本屋に行って見てみます!
他の検定については一応マウスを目指す形で頑張りたいと思います。
アドバイスありがとうございました!
投稿日時 - 2001-07-25 08:18:46


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ