OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

生徒と教師

  • 暇なときにでも
  • 質問No.107896
  • 閲覧数661
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 69% (37/53)

何歳離れていても良いものなのでしょうか?
恋愛とは怖いなと思う瞬間です。

女子高と言えば教師と生徒。
私の通う学校の国語の先生はほとんどが生徒と結婚しております。
一番離れているのは30だったかな?
やれやれです。

女子高にいると周りの良い人が分からなくなるのでしょうか?
後約半年で高校生活も終わります。
皆さんの恋愛感などを教えていただければ幸いです。

私は絶対結婚しないと言い張っています。
こういっている人に限って結婚が早いのだとよく言われますが
そんなものでしょうか?

ではでは

ああ、受験生なのに・・・。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 21% (253/1156)

>何歳離れていても良いものなのでしょうか? は両方ともがよければいいとはおもいますが、自分の感覚では、離れても12歳前後ぐらいはいいとは思いますが、自分が彼女にするんだったら5歳ぐらいがベストだと思います。 >なんで女子高と言えば教師と生徒なんですか? 別に大学とかいけば年の近い人も沢山いるし、会社に入れば価値観の同じ人もいるし、先生にこだわる必要は無いとはおもいますが? 通学途中の女子高の子に一 ...続きを読む
>何歳離れていても良いものなのでしょうか?
は両方ともがよければいいとはおもいますが、自分の感覚では、離れても12歳前後ぐらいはいいとは思いますが、自分が彼女にするんだったら5歳ぐらいがベストだと思います。
>なんで女子高と言えば教師と生徒なんですか?
別に大学とかいけば年の近い人も沢山いるし、会社に入れば価値観の同じ人もいるし、先生にこだわる必要は無いとはおもいますが?
通学途中の女子高の子に一目ぼれして相手も好きになってくれて、お互いに恥ずかしく話しが出来ずに自然消滅にはなりましたが、そういう事もありますよ。
やっと後悔から立ち直って、今は同じ女子高の別の子の受験が終わるまで待ってます。
お礼コメント
k-ritu

お礼率 69% (37/53)

ありがとうございます。
こんな質問に答えていただいて・・。

女子高なのでこういう話は絶えません。
みんな話題がほしいのだなとよく思います。
離れすぎると話題が大変なんだそうですが
私自身話題が新しいものばかりだと何も話せなくなるので
年上がいいなとよく思います。

待ってるってるんですか?
ちょっと最後のお話がよく分かりませんでした。
投稿日時 - 2001-07-25 17:36:56
  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 36% (334/910)

>こういっている人に限って結婚が早いのだとよく言われますが いえいえ、全く関係ないと思います。 私も教職(高校ではありません)、もう30代も半ばになりましたが、こんな年になっても、失礼ながら、あなたたちぐらいの年代の子の「視覚的魅力」で、中学生の如く性的に喜んでしまうとは夢にも思っていませんでした。もちろんどこかのバカのように、欲望のままに行動することは絶対にありませんが。 ただ、確かに男性は ...続きを読む
>こういっている人に限って結婚が早いのだとよく言われますが
いえいえ、全く関係ないと思います。
私も教職(高校ではありません)、もう30代も半ばになりましたが、こんな年になっても、失礼ながら、あなたたちぐらいの年代の子の「視覚的魅力」で、中学生の如く性的に喜んでしまうとは夢にも思っていませんでした。もちろんどこかのバカのように、欲望のままに行動することは絶対にありませんが。

ただ、確かに男性は、若い女性に惚れられてしまったら、その誘惑に耐えることは至難の業でしょうね。ああ私は既婚者でよかった。(?)

だからこそ、厳しいですが、女性はしっかりしないと。視野は本当に、広げるべきだと思います。理想を言うと、卒業して、いろんな男性と知り合って、人生観を確立した上で、自然に伴侶が見つかる…

が、ものは考えようです。芸能人でも、漫画家でも、どれだけちやほやされようと、結局自分の職場でいつも顔を合わせている人と結婚している、という例が実に多いです。「どうしてあれだけのアイドルが、あんな普通ーーーの人と???」というパターン。
視野は広げるべきですが、普段の生活の中で、最も飾らない自分をさらけ出せる相手と、一生を共にしようと考えるのは、自然なことですよね。

高校の教師といえば、人格的には立派な人が実に多い。しかも生徒であるあなたたちは、まさにありのままの自分を、教師の前でさらけ出しているでしょう。一緒にいても、緊張せずに気楽に接することのできる男性。
そんなこんなで、くっついてしまうのではないかなあ。くり返すけど、男性は性的には非常にもろいものですし、また、高校の先生に「ハズレ」の人格者は少ない。

しかし、です。
やはり女子高では、男性に対しての視野は狭くなっているといわざるを得ません。できたらあなたは(?)、とりあえず浮いた話に心を奪われることなく、学業、進路に向かって精進してほしいところです。あなたの目の前で教鞭を振るっているのは、実に性的にもろい男性でありながらも、立派な人格者・学者である教師なのです。何らうがった目で見つめる必要はありません。
お礼コメント
k-ritu

お礼率 69% (37/53)

なるほど。
そういう考え方があったのか・・・。

とても思いました。
受験生のくせにこんなことを考えている
私にご回答くださってありがとうございます。
確かに学校の先生は親しみやすく自分がよく出てますね。

早く大学に行っていろんな人が見てみたいなととても思いました。
受験勉強頑張ります。
投稿日時 - 2001-07-25 17:41:20
  • 回答No.3
レベル6

ベストアンサー率 23% (3/13)

先日、中学・高校とも女子高、就職も女性職場の人から、男の人との付き合いかたが分からないとの相談を受けたことがあります。自分自身は全て共学でしたので、なるほどと思いました。女子高の異性といえば、教員ぐらいのものですから、異性の対象とみなすこともありうるでしょう。 しかし、私はもっと広い目で男性をみるべきと思います。また、それが今の時期非常に重要だと思います。これは女子高に通う人だけでなく、男子校に通う人に ...続きを読む
先日、中学・高校とも女子高、就職も女性職場の人から、男の人との付き合いかたが分からないとの相談を受けたことがあります。自分自身は全て共学でしたので、なるほどと思いました。女子高の異性といえば、教員ぐらいのものですから、異性の対象とみなすこともありうるでしょう。
しかし、私はもっと広い目で男性をみるべきと思います。また、それが今の時期非常に重要だと思います。これは女子高に通う人だけでなく、男子校に通う人にも言えることです。
人間の成長には年相応の精神的発育というものが重要であり、それを飛び越すと将来何らかの影響を残す可能性が高くなります。
「愛に年の差はない」というのも事実ですが、それは多くの愛を経験した先人の言葉であり、本当の意味で理解している人は少ないのではないでしょうか。本来は、年齢に関係なく、価値観や人生観などを共有できる人と愛を育むことを理想としていると思います。
最後に教員については、私自身、いい印象を持っていません。私立は経験がありませんが、公立についていうならば、尊敬できる教員は一つの高校や中学に1人いればいい方です。私はあえて、大学で教職課程を選択しなかったのも将来あのような教員にはなりたくないとの思いからです。酒の臭いを昼間からぷんぷんさせ、休講(内心嬉しかった)ばかり、あるいは、自分の価値観を押し付け、日本史を鎌倉時代までしか教えない教員、あげればきりがないですが、真面目に授業を受けようとする者にとっては、耐えがたい人がとても多いです。
長くなりましたが、できれば同年齢の男性とも付き合ってみてください。もっと世界が広がると思います。
お礼コメント
k-ritu

お礼率 69% (37/53)

同世代の男の子とは小学生いらい縁がない生活を送ってます。
だからといって男の子が苦手になったわけでもないようです。
昔から男の子女の子関係なく遊んだのが良かったのでしょうか?
いろんな先生を見て
自分の中にある相手に対する理想像はかわったかもしれませんね。

教師と生徒が結婚することを聞いて
先生を見る目が少し変わったことも確かです。
自分が少し潔癖なところがあるせいでしょう。

大学に入ればもっと視野が広がりますよね?
こんな受験生で大学にいけるか心配ですが(笑)
答えていただいてありがとうございました。
投稿日時 - 2001-07-25 17:46:21
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
辛かった!うまくいった!自分ならこうする。体験や感想を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ