OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

かゆみとは何か

  • 暇なときにでも
  • 質問No.107244
  • 閲覧数158
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

かゆみをやや専門的に説明するとどうなるでしょうか?
また痛みとの関係を教えてください。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

人の皮膚には痛みを感じる部分、熱を感じる部分、圧力を感じる部分があるのはご存知ですネ。
それが皮膚にランダムに配置されているのです(指先には圧点が多いので触感が敏感だというような局在はありますが)。
元々は痒みを感じるための細胞はないのです。
非常に弱い痛みが痒みとして認識されるのですネ。
そして、その痒みは外敵が皮膚に付着したという情報として理解されます。或いは、外敵の一部が皮膚から侵入してきたと受け取られるのです。
そのために痒みを感じた部分は爪を使ってこすり、外敵を排除しようとします。これが掻くという反応なのですネ。
そして、痒みというものが比較的長く続くのは、掻くことによって皮膚表面が傷つき、そのために表皮が僅かに剥がれたりして皮膚の保湿力が現象するのです。そのために皮膚表面の細胞が乾燥気味となり、それが異物として認識されるという堂々巡りをしてしまうのですネ。
痒みの刺激が強くなったものが表面の痛みです。
しかし、体内での痛みではヒスタミンなどの成分による痛み感覚がありますので、痒みとの関連付けは少し困難になってしまいますネ。
以上kawakawaでした
お礼コメント
noname#2813

たいへんありがとうございます。
いつもながらたいへんわかりやすく説明していただきとても助かります。
最近耳がかゆいと思っていたのですが、
どうも毎日綿棒で掻いているのが原因かも知れないですね。
投稿日時 - 2001-07-23 21:15:29
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 50% (1133/2260)

  「かゆみをやや専門的に説明すると」との事ですので,チョット専門的になりすぎるかも知れませんが,私が知っている先生のペ-ジをご紹介します。 参考 URL から「研究課題・業績」→「掻痒の生理・病理と鎮痒薬の薬理」と進んで下さい。研究室での成果を中心に説明があります。また,下の方には参考文献もあります。   ...続きを読む
 
「かゆみをやや専門的に説明すると」との事ですので,チョット専門的になりすぎるかも知れませんが,私が知っている先生のペ-ジをご紹介します。

参考 URL から「研究課題・業績」→「掻痒の生理・病理と鎮痒薬の薬理」と進んで下さい。研究室での成果を中心に説明があります。また,下の方には参考文献もあります。

 
お礼コメント
noname#2813

ありがとうございます。
参考にさせていただきます。
たしかにちょっと難しそうです。^-^
投稿日時 - 2001-07-23 21:19:41
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ