OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

貿易利益の見方について(プラザ合意に関係あり)

  • すぐに回答を!
  • 質問No.105532
  • 閲覧数155
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 33% (82/248)

簡単に考えるために、貿易される財は自動車だけだとします。
プラザ合意が決定するまでは、日本は安くて性能の良い車をアメリカに輸出していました。しかし、アメリカとの貿易摩擦により、アメリカに価格に関して文句を言われましたよね。この時に、日本側が主張した貿易利益の見方というのは、「良い製品が安く手に入るということは、アメリカの消費者利益になるのだから良いじゃないか」と主張したそうです。まとめると、『日本の貿易利益の見方=消費者の利益』です。では、アメリカ側は、どのような貿易利益の見方を主張することによって、プラザ合意にこぎ着けたのですか?簡単にで良いので、分かる方がいらっしゃいましたら教えてください。
あと、少し話がそれるかと思いますが、「発展途上国が貿易において、消費者利益ではなくて資本貯蓄を選ぶ」ということは、どのようなことなのかも教えてください。
どちらか片方の質問だけでもよろしいので、よろしかったら教えてください。よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 32% (130/406)

プラザ合意で円高に誘導したアメリカの論理は、円安で日本製品がアメリカ市場を侵食していたため、アメリカの産業が太刀打ちできず、激しくなった貿易摩擦を緩和して経済を成長させたり、日本の輸入に対する閉鎖性を、打破することでした。
参考:中谷巌『マクロ経済学』日本評論社

また、発展途上国が、資本貯蓄を選ぶのは、輸出によって経済を成長させたり、それによって、国土開発を進めるためでしょ。

(適当なWebsiteを捜しましたが、ありませんでした。)
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ