OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

純粋蜂蜜」の純粋度は?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.105062
  • 閲覧数2449
  • ありがとう数13
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 67% (62/92)

「純粋蜂蜜」の純粋度は?

観光地などでよく「純粋蜂蜜」と称して 700-800 mlくらいの
ビンに入った蜂蜜を千円くらいの価格で売っていますが、こう
いう「純粋蜂蜜」には、「ほんとうの蜂蜜」は何%くらい含ま
れているのでしょうか。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 31% (161/506)

蜂蜜が国産で、生産者や採蜜場所が書かれていれば、 まず間違いなく純粋な蜂蜜です。 そうでなくても、おそらくは純粋であると思われます。 蜂蜜の混ぜ物としては水飴が有名です。 しかし最近は、水飴の入った蜂蜜は見かけません。 日本に輸入される外国の蜂蜜は、 採蜜の方法の違いにより、味の個性がありませんが、 ひじょうに安価です。 水飴を混ぜなくても十分に安いのです。 しかも、養蜂業者にとって ...続きを読む
蜂蜜が国産で、生産者や採蜜場所が書かれていれば、
まず間違いなく純粋な蜂蜜です。
そうでなくても、おそらくは純粋であると思われます。

蜂蜜の混ぜ物としては水飴が有名です。
しかし最近は、水飴の入った蜂蜜は見かけません。
日本に輸入される外国の蜂蜜は、
採蜜の方法の違いにより、味の個性がありませんが、
ひじょうに安価です。
水飴を混ぜなくても十分に安いのです。
しかも、養蜂業者にとって自家生産した蜂蜜はタダ、
水飴は(こっそり)買わなければ手に入りません。

外国産の色の濃い蜂蜜には、
水飴が混ぜて売られることはあると思います。
移動する健康食品販売所ってご存知ですか?
お年寄りに、とても高価な布団も売ってくれるアレ。
こういったところでは、ひじょうに安値な、
とても怪しげな蜂蜜が売られています。
(時として景品にもなります)
こういうものは、養蜂業者ではなく、
蜂蜜工場や蜂蜜屋の連絡先が書かれています。
このようなものには、何が入っているかわりません。

蜂蜜の比重は1.3ですから750mlが1kgです。
700-800mlというのはたぶん1kg売りのことでしょう。
私は単なる自然好きな極楽プログラマで、
ミツバチも含めて何種類ものハチを飼っています。
蜂蜜の専門家ではありません。
補足コメント
abcay

お礼率 67% (62/92)

ご回答ありがとうございます。

純粋蜂蜜100%で、1kgが1000円未満の価格というのは
安すぎるようにおもうのですが-----------。
投稿日時 - 2001-07-21 13:30:29
  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 31% (161/506)

ぜんぜん信じてないみたいなので、補足しときます。 7月末~8月初旬は最後の採蜜時期です。 リョウブ、カラスザンショウという木の蜜がとれますが、 こういった蜜はレンゲやアカシヤと違って、たいてい無名です。 今年は豊作で、巣箱一つで30-50kgくらい入っています。 春から夏にかけて、週に一度のペースで採蜜できますから、 普通の蜂蜜(百花蜜)はそんなに高く売れません。 他の時期には蜂蜜がとれませ ...続きを読む
ぜんぜん信じてないみたいなので、補足しときます。
7月末~8月初旬は最後の採蜜時期です。
リョウブ、カラスザンショウという木の蜜がとれますが、
こういった蜜はレンゲやアカシヤと違って、たいてい無名です。
今年は豊作で、巣箱一つで30-50kgくらい入っています。
春から夏にかけて、週に一度のペースで採蜜できますから、
普通の蜂蜜(百花蜜)はそんなに高く売れません。
他の時期には蜂蜜がとれませんが、
それ以外の時期は、果樹園に巣箱を貸し出して利益を得ます。
ポリネーション(受粉)は巣箱一つで2万円から。
蜂蜜は本物かどうか簡単に調べられるので、
養蜂業者がニセモノを出荷することはないと思いますよ。

参考URLはテレビでよく見かける山田養蜂場。
一番安い、普通の蜂蜜(百花蜜)の値段を見てください。
  • 回答No.3
レベル6

ベストアンサー率 20% (2/10)

「純粋蜂蜜」と表示してあれば、とりあえず、100%「ほんとうの蜂蜜」です。 混ぜものがしてあれば、当然表示しなければいけません。表示をよくご覧ください。ただ、うそを表示している業者もあるので注意が必要です。 さて蜂蜜によく混ぜられるのが「果糖ブドウ糖液糖」と「精製蜂蜜」で、水飴は混ぜません。 「果糖ブドウ糖液糖」については、下記を参照してください。http://oshiete1.goo.ne ...続きを読む
「純粋蜂蜜」と表示してあれば、とりあえず、100%「ほんとうの蜂蜜」です。
混ぜものがしてあれば、当然表示しなければいけません。表示をよくご覧ください。ただ、うそを表示している業者もあるので注意が必要です。

さて蜂蜜によく混ぜられるのが「果糖ブドウ糖液糖」と「精製蜂蜜」で、水飴は混ぜません。

「果糖ブドウ糖液糖」については、下記を参照してください。http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=39138
「体良いオリゴ糖入り」というのも表示もありますが、「果糖ブドウ糖液糖」の成分中に「オリゴ糖」も含まれているのでただ単に「果糖ブドウ糖液糖」を混ぜたものだと思います。安い蜂蜜のほとんどはこれに安い有色蜜を混ぜたものです。

「精製蜂蜜」は、激安で仕入れた濃い色の蜜を脱臭、脱色、脱タンパクなどの加工を行った透明な液体(果糖ブドウ糖が主成分の液)です。
この「精製蜂蜜」は、安い有色蜜に混ぜて販売します。蜂蜜が原料なので混ぜる人は、ちょっとだけ良心があると思います。もちろん、こちらも使用した場合、表示しなければなりませんし「純粋」表示はできません。

この「透明な液体」は、ドリンクやジュースに使われています。日本では、原料に「ハチミツ」と表示することができます。アメリカ、ヨーロッパなどでは、この表示は認められていません。

さて本題の「純粋蜂蜜」なのですが、これがかなりの「曲者」です。

ほとんど中国産が原料なのですが、中国の養蜂家は、ハチミツになる前の段階の「花蜜」という状態で蜜を取ります。この花蜜は、糖度が50%程度なのですぐに発酵します。この発酵した蜜を工場で加熱濃縮します。つまり、「花蜜を濃縮したもの」を「蜂蜜」と言っているわけです。本物の蜂蜜は、ミツバチが作るものです。

この「花蜜濃縮蜜」を花ごとに分けて「レンゲ蜜」「アカシア蜜」と言ってスーパーなどで販売しています。
花ごとに分けていない蜜は、味は関係なく、透明度(色)で分けて輸入されます。こちらは、色の薄いものほど値段が良くなります。と言っても安いのですが。

これらの蜂蜜は、全国はちみつ公正取引協議会の基準では、「純粋蜂蜜」と表示しても良いことになっています。全国はちみつ公正取引協議会加盟各社が販売されている蜂蜜は、多くは中国産なので仕方ないのかもしれません。

農産物全般に言えるのですが、生産者から直接買うのが一番。
「ほんとうの蜂蜜」はミツバチを飼育しているところから、ミツバチが作り出したハチミツを買ってください。出来れば、生産者と話が出来るところが良いでしょう。

国産と外国産の味の違いは、
加熱処理を行っていない国産蜂蜜は、酸味が強い傾向があります。それに比べて外国産は、酸味がなく甘いだけです。なお、結晶に関しては、「本物、偽者」の判定基準にはなりません。ご参考に。

私は関連業界の大手で働いていましたが、疲れたので辞めました。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
これはおいしかった!うまく作れた!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ