OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

エクダイソンとJHによる害虫駆除

  • すぐに回答を!
  • 質問No.103398
  • 閲覧数203
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 7% (2/27)

エクダイソンとJHによる害虫駆除のメカニズムについて教えてください!
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 21% (13/61)

回答になるかどうかはわかりません。
現在、農薬で脱皮阻害剤(IGR)というものが多く存在します。幼若ホルモン剤などは使われていません。
脱皮阻害剤はキチン質合成を阻害し、脱皮時に殺してしまう剤です。
アプロード(ウンカ,コナジラミ防除),ノーモルト(鱗翅目防除)、カスケード(鱗翅目、アザミウマ類防除)が代表的なものです。
新しい剤として,脱皮促進剤もあります。体が成長していないのに脱皮させて殺しててしまう剤です。その剤はロムダン(鱗翅目防除)が使われています。
-PR-
-PR-
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ