OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

微積分学のことでちょっと・・・。

  • 暇なときにでも
  • 質問No.103383
  • 閲覧数52
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 0% (0/6)

解析幾何学の発見から1世紀を経て「微積分学」が確立され、
その中心的な考え方は「極限」という概念がありました。
それについて、微積分学の創立者とされる二人の数学者の名前と
おおよその年代を教えてください!それと、「極限」の意味も教えてください!
お願いします!!
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 10% (1/10)

積分はニュートンだったと思います。1700年前後ではないでしょうか。
積分はニュートンだったと思います。1700年前後ではないでしょうか。


  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 33% (131/392)

Newton と Leibniz(ランプシッツ)です。 ライプニッツの数学上における天才性については、参考サイトに記述があります。 http://www.kanazawa-it.ac.jp/dawn/168401.html ...続きを読む
Newton と Leibniz(ランプシッツ)です。

ライプニッツの数学上における天才性については、参考サイトに記述があります。
http://www.kanazawa-it.ac.jp/dawn/168401.html
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 24% (47/191)

ニュートンとライプニッツですね。微積分法の成立は17世紀末頃です。 http://www.math.h.kyoto-u.ac.jp/~takasaki/soliton-lab/chron/has-hist/chap5.html 極限というのは限りなく近づけていくという意味です。 例えば関数f(x)においてxをaに限りなく近づけていったとき、f(x)が定数Cに限りなく近づくなら lim f ...続きを読む
ニュートンとライプニッツですね。微積分法の成立は17世紀末頃です。
http://www.math.h.kyoto-u.ac.jp/~takasaki/soliton-lab/chron/has-hist/chap5.html

極限というのは限りなく近づけていくという意味です。
例えば関数f(x)においてxをaに限りなく近づけていったとき、f(x)が定数Cに限りなく近づくなら

lim f(x)=C
x→a

と表され、Cを極限値といいます。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ