OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

テニスのルールで軟式と硬式では同じですか?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.102829
  • 閲覧数1876
  • ありがとう数11
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 92% (730/789)

同じですかね?
ダブルスで。
あと、軟式と硬式でどっちが簡単とかあるんですかね?
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル8

ベストアンサー率 53% (15/28)

ルール、技術、ともに違います。

まずルールですが、軟式硬式共通のものとして、1ゲームを取るのに必要なポイント数は4です。3ポイント対3ポイントになると「デュース」となり、その後は2ポイント差がつくまで続けます。

ポイントの数え方は違っていて、軟式は1,2,3と数えますが、硬式は15,30,40となります。

3、4ゲームほど取ったら勝ちになる軟式に対して(5ゲームマッチは3、7ゲームマッチは4という具合です)硬式は6ゲームを取って1セット。そのセットを2つ、または3つ取らなければ勝ちになりません。時間もかかりますし体力的にも硬式のがかなりきついです。
まあこの辺りは自分達で自由に決めればいいわけですけど。
ほかに、硬式にはタイブレイクというややこしいルールもありますが、とりあえずそれは置いておきます。

技術的には、どちらが難しいとは言えませんが、軟式のほうがショットに力が必要です。硬式はラケットの面にしっかりとボールを当てれば、弾性でボールが飛んでいきます。軟式はボール、ガット(ラケットの網のことです)ともに柔らかいので、力をこめて打たないとボールが飛んでいきません。

始めてやるのなら、やはり硬式のがいいと思います。
硬式のボールは、とりあえず当てれば飛んでいきますから。
世間一般の認知度から言っても絶対硬式のほうがメジャーですしね。
お礼コメント
haiji

お礼率 92% (730/789)

詳しくありがとうございました!!
投稿日時 - 2001-07-12 18:09:17
-PR-
-PR-

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 22% (103/453)

こんにちは。 軟式と硬式は似て異なるモノです。 (1)使う面が違う。硬式はフォアとバックは違う面で打つが軟式は同じ面を使う。 (2)ルールが違う。大きく言って硬式はセット制で軟式はゲーム制。添付のURLに分かりやすく説明があります。 (3)コートが違う。硬式はハードコートが一般的だが、軟式はクレーコート若しくはオムニコートを使う。 (4)優雅さが違う。どっちが派手かは言わずもがな。 ...続きを読む
こんにちは。

軟式と硬式は似て異なるモノです。

(1)使う面が違う。硬式はフォアとバックは違う面で打つが軟式は同じ面を使う。
(2)ルールが違う。大きく言って硬式はセット制で軟式はゲーム制。添付のURLに分かりやすく説明があります。
(3)コートが違う。硬式はハードコートが一般的だが、軟式はクレーコート若しくはオムニコートを使う。
(4)優雅さが違う。どっちが派手かは言わずもがな。

こんな感じでしょうか。
Haiji社会人ならコートの問題とかもあるので硬式の方が始めやすいかもしれませんね。ハードコートはどこでもありますから。
私は中・高・大と軟式しかしていないのでどらが簡単とかは分からないですね。
楽しさでは突き詰めると断然軟式だと私は思いますがね。

ちなみに軟式テニスは名称がソフトテニスに正式に変わっています。
お礼コメント
haiji

お礼率 92% (730/789)

早く答えてくださってありがとうございました!
来週学校のクラスマッチでやることになったんですけど
全然ルールとかわかんなくて^^;
投稿日時 - 2001-07-11 20:13:51
  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 23% (293/1250)

ルールは一緒だと思います。 「どっちが簡単か?」ということですが、 経験者が言うには、 硬式は基本的に「両手打ち」になるそうです。 だから、軟式から硬式に移ってきた人は最初戸惑うそうです。 思わず片手で打ち返そうとして、 重くて返らなくてネットにかけまくるらしいですよ。 あと、サーブのスピードが硬式のが断然速いそうです。 そういう意味では、軟式の方が簡単かもしれません。 ...続きを読む
ルールは一緒だと思います。

「どっちが簡単か?」ということですが、
経験者が言うには、
硬式は基本的に「両手打ち」になるそうです。
だから、軟式から硬式に移ってきた人は最初戸惑うそうです。
思わず片手で打ち返そうとして、
重くて返らなくてネットにかけまくるらしいですよ。
あと、サーブのスピードが硬式のが断然速いそうです。
そういう意味では、軟式の方が簡単かもしれません。
お礼コメント
haiji

お礼率 92% (730/789)

ルールは微妙に違うみたいですね^^;
硬式って重そうですもんね。
ありがとうございました!
投稿日時 - 2001-07-11 20:17:10
  • 回答No.4
レベル8

ベストアンサー率 26% (4/15)

皆さんが回答されているように、違う点が多いと思います。ルールも技術も。 ただ、硬式をずっとやってきて軟式のコーチも何年かやった経験から言って、硬式ができれば軟式ができる、軟式ができても硬式は難しい…といえます。(選手も何回か経験しました) 回答にもある、軟式経験者が硬式をやるとうまくボールをコントロールできないのは、どうしても力で打つ打ち方に慣れているからでしょう。硬式で同じ打ち方をするとひじを確実に ...続きを読む
皆さんが回答されているように、違う点が多いと思います。ルールも技術も。
ただ、硬式をずっとやってきて軟式のコーチも何年かやった経験から言って、硬式ができれば軟式ができる、軟式ができても硬式は難しい…といえます。(選手も何回か経験しました)
回答にもある、軟式経験者が硬式をやるとうまくボールをコントロールできないのは、どうしても力で打つ打ち方に慣れているからでしょう。硬式で同じ打ち方をするとひじを確実に壊します。
スピンが魅力で、軟式の打ち方を取り入れる硬式の選手も増えて、普通の人もまねするようになっています。そのためにラケットが厚くなるなどあたった瞬間にはじき返されるようになってきました。ちょっと小学生の卓球みたいです。(プロはよく見るときちんとホールディングしています)
軟式のほうが手軽にできることは確かだと思いますが、甘く考えずがんばってください。
あと、硬式で両手打ちが基本とはいえないと思いますが。
お礼コメント
haiji

お礼率 92% (730/789)

回答ありがとうございました!!
はい、がんばってきます^^
投稿日時 - 2001-07-13 23:17:41
  • 回答No.5
レベル9

ベストアンサー率 17% (18/105)

私は軟式も硬式も たいした経験もありませんが たしか サーブのルールが違ったようです 硬式はトスを上げて 途中でサーブをやめても かまいませんが 軟式ではフォルトになります でも自信ないので確認してください ...続きを読む
私は軟式も硬式も たいした経験もありませんが
たしか サーブのルールが違ったようです

硬式はトスを上げて 途中でサーブをやめても
かまいませんが
軟式ではフォルトになります

でも自信ないので確認してください
お礼コメント
haiji

お礼率 92% (730/789)

回答ありがとうございました!
投稿日時 - 2001-07-13 23:18:45
  • 回答No.6
レベル2

ベストアンサー率 0% (0/1)

ルールが少し違うように思います。ソフトテニスの場合、サービス側はサーブを打った後でないと味方のペアはコートの中に入れません。(ファールになる) また、1ゲーム中2回ごとにサーブをペアで交代する。また、ファイナルゲームだけ7ポイント先取。(ジュースあり)また、ネットの真ん中の高さも違います。 それと、どちらも奥が深く難しいスポーツだと思います。 ...続きを読む
ルールが少し違うように思います。ソフトテニスの場合、サービス側はサーブを打った後でないと味方のペアはコートの中に入れません。(ファールになる)
また、1ゲーム中2回ごとにサーブをペアで交代する。また、ファイナルゲームだけ7ポイント先取。(ジュースあり)また、ネットの真ん中の高さも違います。
それと、どちらも奥が深く難しいスポーツだと思います。
お礼コメント
haiji

お礼率 92% (730/789)

はい。そのとうりでした!
昨日したんですよ!負けちゃったんですけど^^;
回答ありがとうございました!
投稿日時 - 2001-07-18 18:04:54
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
得意なスポーツについての豆知識や経験談を教えてください!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ