OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

SP値とLogP

  • すぐに回答を!
  • 質問No.102679
  • 閲覧数934
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 75% (3/4)

有機化合物をポリマーに溶かしたい時、その相溶性はどうやって調べたらいいのでしょうか?ポリマー側は、SP値というパラメーターがありますが、有機化合物側には、それに匹敵するのがLogPでいいのかどうか。また、その数値がそれぞれどうだったら、相溶性有りと言えるのか。。。
ご存知の方、教えてください。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 64% (150/231)

相溶性を議論する場合、SP値がちかいもの同士は相溶性がよいと一般には言われますので、有機化合物の方もSP値を調べてみるのがよいと思います。ポリマーハンドブックなどに溶剤やポリマーのSP値が載っています。ただし、高分子の場合SP値だけでは例外も多く、水素結合の大きさにも影響されます。水素結合の大きさ(強い、中、弱い)との表記もポリマーハンドブックに記載されています。 SP値としては旧単位系で1以上の差が有 ...続きを読む
相溶性を議論する場合、SP値がちかいもの同士は相溶性がよいと一般には言われますので、有機化合物の方もSP値を調べてみるのがよいと思います。ポリマーハンドブックなどに溶剤やポリマーのSP値が載っています。ただし、高分子の場合SP値だけでは例外も多く、水素結合の大きさにも影響されます。水素結合の大きさ(強い、中、弱い)との表記もポリマーハンドブックに記載されています。
SP値としては旧単位系で1以上の差が有れば、一般的には相溶性は乏しいと考えられていると思います。


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ