OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

アメリカの通信回線について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.102544
  • 閲覧数461
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 57% (336/588)

アメリカ国内の通信回線は、日本より大容量でスピードも速いと聞いていますが、具体的には、どうなっているのでしょうか???
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 62% (6253/9971)

どうなってるって・・・具体的には政策の違いなどから回線速度差がでたってことです。

ADSLとかxDSL、CATVインターネットという言葉はご存じですよね。接続速度がアメリカ(韓国)が高速といわれるのは、家庭にこのブロードバンド(高帯域通信)が普及しているからです。簡単に言えば家庭から電話局やCATV局までの回線強度(速さ)が違うことと、そしてISP(プロバイダ)のバックボーン(回線速度)速度もそれに併せて速くなっているだけのことです。(xDSLの普及は参考URL99年のデータです)

日本はNTTがISDNを主導し、伝送欠損率が高く、相性的にISDNとは絶縁関係であったADSLなどのxDSLをこれまで見送ってきました。だから遅い。
それが原因です。これまでは・・・・
これからは逆転することもあり得ますけどね。
もともと、NTTはDSLの普及はしないかわりに光ケーブルの早期敷設による接続を優先して考えていました。8月からNTTの光ファイバ(FTTH)が本格的にサービスを開始しますし、ADSLの普及もしていますから、あとは、プロバイダのバックボーン強度がそれに併せて強化させれれば、追い抜く可能性もありますよ。

それともう一つは、インターネットはアメリカが発祥の地であるからと言うのもありますね。世界の全てのネット回線は全てアメリカに集まるような作り(正確にはアメリカを中心に世界に繋がっている)になっていてもともとのバックボーン回線強度が高いというのもありますね。

<用語>
xDSL=ADSLをはじめVDSLなどの通信技術。現在ADSLが有名で、アナログ回線やISDNの数倍から数十倍の速度が出ます。既存のアナログ回線をそのまま流用できるのが特徴で設備投資が最低限で済む。ただし、通信距離が長くなるとデータ欠損が発生し場合によっては通信できなくなるのとISDNと相性が悪いのが弱み。
日本ではこれを理由にこれまでサービスはしていなかった。最近になって急激に普及。

あなたの期待に添える回答ではないかもしれませんので、もしこういうところをもっと補足してほしいとかあるのなら、補足要求をお願いします。
お礼コメント
orimoto

お礼率 57% (336/588)

>あなたの期待に添える回答ではないかもしれませんので、もしこういうところをもっと
補足してほしいとかあるのなら、補足要求をお願いします。

こういうお応えを希望していました。
有難うございました。
投稿日時 - 2001-07-11 11:46:18
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ご質問とはちょっと異なるかもしれませんが、 アメリカはテレビをCATVで見ている人が多く存在していて インターネットの接続環境が元々整っていたので ブロードバンドの接続が容易で急速に普及しました。 これに対して日本はテレビは地上波、電話はアナログで インフラが整っていなかったので ブロードバンドの普及はアメリカのそれに及ばないということです。
ご質問とはちょっと異なるかもしれませんが、

アメリカはテレビをCATVで見ている人が多く存在していて
インターネットの接続環境が元々整っていたので
ブロードバンドの接続が容易で急速に普及しました。

これに対して日本はテレビは地上波、電話はアナログで
インフラが整っていなかったので
ブロードバンドの普及はアメリカのそれに及ばないということです。

このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ