OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

不況ほど強いものって何でしょうか?

  • 困ってます
  • 質問No.100331
  • 閲覧数54
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数7
  • コメント数0

お礼率 0% (4/682)

不況ほど利用されて、伸びていく分野(ビジネス)とは何でしょうか?例えば吉野やみたいな低価格な飲食店。
100円ショップなど、具体的な者ではなく、マクロ的に
**分野。など
でかいほうがありがたいのですが、、
通報する
  • 回答数7
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.7
レベル7

ベストアンサー率 22% (2/9)

 あえて「不況ほど」とおっしゃるなら、リサイクル関係でしょ。各種リサイクル(中古)ショップですね。代表的なものに、古本屋、フリーマーケット、古着屋、質屋、鉄道忘れ物市、アウトレットショップ(不良品のリサイクルですね)、金券ショップ、中古車、まぁそんなもんですかね。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全6件)

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 23% (73/314)

消費者金融業界。 なんてのは、どおでしょう??
消費者金融業界。
なんてのは、どおでしょう??
  • 回答No.1

最近になって、やけに多く流れてくるCMとか 目立つCMありますよね。 それらの企業って、景気がいいのではないでしょうか?
最近になって、やけに多く流れてくるCMとか
目立つCMありますよね。

それらの企業って、景気がいいのではないでしょうか?
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 22% (1111/5039)

企業は生き残りのために、合理化・省力化等の経費削減に まず着手します。 その次に、次の好況に向けての対策を考えます。 政府は景気の底入れのために施策・投資を行います。  (公共投資の内容の見直しが議論されていますが) 個人は収入減の対策を考え、失業時の対策も考えます。 又、時間外の減少による余剰時間の対応も・・・ この結果、どの分野が注目されるかは貴方が考察してください。 無責任なようです ...続きを読む
企業は生き残りのために、合理化・省力化等の経費削減に
まず着手します。
その次に、次の好況に向けての対策を考えます。
政府は景気の底入れのために施策・投資を行います。
 (公共投資の内容の見直しが議論されていますが)
個人は収入減の対策を考え、失業時の対策も考えます。
又、時間外の減少による余剰時間の対応も・・・
この結果、どの分野が注目されるかは貴方が考察してください。
無責任なようですが、貴方が何を目的とされているのか
不明なので・・・
  • 回答No.4
レベル9

ベストアンサー率 27% (23/83)

金融業界が伸びるというより、不況に強いと昔からいわれていますよね。 あとは外食産業ではなく、食品業界も安定はしているかと思います。好景気、不況問わず、必ず生活に無くてはならないものであるから。エネルギー関係含め、生活の基盤を支えるインフラ関係は安定していると思います。 しかし、基本的には不況時に伸びていく分野といってもここの回答でわかるようであれば、すでに他の皆さんもしていると思います。そして ...続きを読む
金融業界が伸びるというより、不況に強いと昔からいわれていますよね。

あとは外食産業ではなく、食品業界も安定はしているかと思います。好景気、不況問わず、必ず生活に無くてはならないものであるから。エネルギー関係含め、生活の基盤を支えるインフラ関係は安定していると思います。

しかし、基本的には不況時に伸びていく分野といってもここの回答でわかるようであれば、すでに他の皆さんもしていると思います。そして、その時代のタイミングや産業の成熟度にもよるので、何時の時代の不況にも伸びていく産業というのは何ともいえないと思います。

冗談ですが、不況に伸びるというか強いといわれる業界で「葬儀屋と宗教」なんていうのもどうでしょう。
  • 回答No.5
レベル4

ベストアンサー率 25% (1/4)

不況だから、売れない。ならば、開き直って「売らない」。 そう、占い産業は不況で儲かります。アジアの多くの国々でも97年のアジア危機以来、占い師になる人が増え、占い師養成スクールが儲かっているようです。ただし、ニッチビジネスですけどね。 これを、一般論化すると、不況から未来への明るい展望が開けない心理要因が発生しているわけです。現在の日本ではそのニーズを「癒し系」と呼んでいるのではないかと思いま ...続きを読む
不況だから、売れない。ならば、開き直って「売らない」。

そう、占い産業は不況で儲かります。アジアの多くの国々でも97年のアジア危機以来、占い師になる人が増え、占い師養成スクールが儲かっているようです。ただし、ニッチビジネスですけどね。

これを、一般論化すると、不況から未来への明るい展望が開けない心理要因が発生しているわけです。現在の日本ではそのニーズを「癒し系」と呼んでいるのではないかと思います。

占い師より、客単価をあげるためには、カウンセラーと名乗った方がいいかもしれません。
  • 回答No.6

不況は人々が将来に不安をもち、守りに入るため、消費によって支えられている今日の経済が低迷することだと私は思っています。不況につよいものは、きっと人々の不安を解消できるビジネスではないでしょうか。 しかし、不安や悩みはひとぞれぞれ異なり、それらを全部解決できるのは不可能です。(実際解決なんてできないと思いますが)、でも、皆さんに夢を与えることは可能だと思います。夢を与えるビジネス。夢分野なんちゃって。
不況は人々が将来に不安をもち、守りに入るため、消費によって支えられている今日の経済が低迷することだと私は思っています。不況につよいものは、きっと人々の不安を解消できるビジネスではないでしょうか。
しかし、不安や悩みはひとぞれぞれ異なり、それらを全部解決できるのは不可能です。(実際解決なんてできないと思いますが)、でも、皆さんに夢を与えることは可能だと思います。夢を与えるビジネス。夢分野なんちゃって。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ