OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

血栓症と黄体ホルモン(副腎皮質ホルモン)

  • すぐに回答を!
  • 質問No.100255
  • 閲覧数743
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 0% (0/10)

黄体ホルモンや副腎皮質ホルモンを過剰に投与すると血栓症を引き起こすのですが、なぜそのようなことが起こるのかが分かりません。誰か知っている方、教えて下さい。お願いします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

zissyuuseiさんがHNのとおり、医歯薬系の実習生さんであることを前提とした回答です: 黄体ホルモンや副腎皮質ホルモンを一定量以上摂取すると血栓症が発現しやすくなるため、これらのホルモン剤は副作用として血栓症が明記されていますネ。 これらのホルモンにより血液中に存在するプロトロンビン、フィブリノーゲン、血液凝固因子のうち7、8、9、10因子が増加することと同時に、トロンビン凝集を阻害するという抗 ...続きを読む
zissyuuseiさんがHNのとおり、医歯薬系の実習生さんであることを前提とした回答です:
黄体ホルモンや副腎皮質ホルモンを一定量以上摂取すると血栓症が発現しやすくなるため、これらのホルモン剤は副作用として血栓症が明記されていますネ。
これらのホルモンにより血液中に存在するプロトロンビン、フィブリノーゲン、血液凝固因子のうち7、8、9、10因子が増加することと同時に、トロンビン凝集を阻害するという抗血液凝固作用を持つアンチトロビンIIIが減少することが血栓症を引き起こす原因といえると考えられます。
何故、これらの凝固因子の濃度が増えるかまで遡っては、調べてみないと‥
とりあえず、知っていることを書いてみました。
以上kawakawaでした


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ